最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-U.K.
マキシマム・オーヴァーロードマキシマム・オーヴァーロード
(2014/08/13)
ドラゴンフォース

商品詳細を見る


通算六枚目、ヴォーカリストが代わってから二作目となるオリジナル・アルバム。これまでと楽曲のアプローチは変わらないが、デス声のコーラスが入った事でよりメタリックな音楽性となっている。また、ヴォーカリストが代わっているにも関わらず、バンドのメロディックな音楽性は一つも損なわれていないのが良い。今回もプログレッシブなアプローチは控えめで、五、六分で収まっている楽曲構成の曲がほとんどである。今までしてきた長尺のアプローチが減った事で、プログレッシブな音楽性が好きなリスナーには今一つな音楽性かもしれないが、アルバムの構成を考えると今作のようなアプローチもありだと思う。ギターのリフやソロのアプローチは相変わらずアグレッシブなので、攻撃的なメタルが好きなリスナーには受け入れられる音楽性になっている。アルバム全体がとにかくコンパクトに纏まっているので、以前より聴きやすくなっているのは方向性としてバンドの事を知ってもらいやすいという事もあり、個人的にプラスの方に作用していると思う。

<収録曲>
01.The Game
02.Tomorrow's Kings
03.No More
04.Three Hammers
05.Symphony of the Night
06.The Sun is Dead
07.Defenders
08.Extraction Zone
09.City of Gold
10.Ring of Fire
11.Summer's End*
*日本盤ボーナス・トラック

『Maximum Overload』の評価:★★★★

<関連記事>
The Power Within(2012)/DRAGONFORCE/CDレビュー
Ultra Beatdown(2008)/DRAGONFORCE/CDレビュー
Inhuman Rampage(2005)/DRAGONFORCE/CDレビュー
Sonic Firestorm(2004)/DRAGONFORCE/CDレビュー
Vally Of The damned(2003)/DRAGONFORCE/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.K.
エデュケーション、エデュケーション、エデュケーション&ウォーエデュケーション、エデュケーション、エデュケーション&ウォー
(2014/03/26)
カイザー・チーフス

商品詳細を見る


5thアルバム。バンドならではのロックンロールに原点回帰したと言えるアルバムになっている。アグレッシブさはそのままに繊細な一面も持ち合わせるUKロック的なアプローチも健在であり、変わらない普遍的な魅力が詰まっている。ヴォーカル・パフォーマンスは以前よりエモーショナルになっていて、ギター・ロックを響かせるバンドの音と相乗効果で素晴らしいロックを展開している。メンバーチェンジがあったにも関わらず、それを感じさせないクオリティになっているのもさすがの一言である。やはりこのバンド侮れない。ロックを聴けるリスナーならこれまでの作品共々一度は聴いて欲しい作品の一つだ。

<収録曲>
01.The Factory Gates
02.Coming Home
03.Misery Company
04.Ruffians On Parade
05.Meanwhile Up In Heaven
06.One More Last Song
07.My Life
08.Bows & Arrows
09.Cannons
10.Roses
11.Song For Stephanie*
12.Nerve*
*日本盤ボーナス・トラック

『Education,Education,Eduction & War』の評価:★★★★

<関連記事>
Souvenir:The Singles 2004-2012(2012)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
The Future Is Medieval(2011)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Off With Their Heads(2008)/KAISER CHIEFS/CDレビュー
Yours Truly,Angry Mob(2007)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Employment(2005)/Kaiser Chiefs/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.K.
スーヴェニア:ザ・シングルズ 2004-2012スーヴェニア:ザ・シングルズ 2004-2012
(2012/05/30)
カイザー・チーフス

商品詳細を見る


新曲#07、12を含むKaiser Chiefs初のベスト盤。これまでリリースされたアルバムの中から選りすぐりの楽曲が収録されており、新規リスナー開拓には持って来いのベスト盤となっている。Kaiser Chiefsと言えば、やはりヴォーカル・パフォーマンスを中心とした独特なグルーヴだが、その特徴もじっくり聴く事が出来るし、バンドのこれからと今までを振り返るのはベスト盤として最適ではないだろうか。バンドとしての軸がしっかりしているので、ニュー・ウェイブ寄りになった時の楽曲も自然に聴けるのが良い。また、収録曲がリリース順になって収録されていないので、アルバムの順番を気にせずに聴けるのもこだわった構成が成せる事だと思う。それだけにベスト盤としても一つのアルバムとしての流れを作っているので好印象である。

<収録曲>
01.Oh My God
02.Ruby
03.I Predict A Riot
04.Never Miss A Beat
05.Everything Is Average Nowadays
06.The Angry Mob
07.Listen To Your Head
08.Everyday I Love You Less And Less
09.Little Shocks
10.Love's Not A Competition (But I'm Winning)
11.Good Days Bad Days
12.On The Run
13.You Can Have It All
14.Modern Way
15.Man On Mars
16.Kinda Girl You Are

『Souvenir:The Singles 2004-2012』の評価:★★★★

<関連記事>
Education,Education,Education & War(2014)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
The Future Is Medieval(2011)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Off With Their Heads(2008)/KAISER CHIEFS/CDレビュー
Yours Truly,Angry Mob(2007)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Employment(2005)/Kaiser Chiefs/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.K.
ザ・フューチャー・イズ・メディバルザ・フューチャー・イズ・メディバル
(2011/06/22)
カイザー・チーフス

商品詳細を見る


4thアルバム。デジタル色の強いリード・トラックのインストから始まる今作。そのインストが日本盤ボーナス・トラックだというから驚きだ。マニアックな音楽しかこういったアプローチはしないとばかり思っていたが、まさかUKロックバンドのアルバムでこういった日本盤独自のアプローチをしているのは凄いと思う。前作よりアグレッシブさは失われたものの、独特なグルーヴはそのままにこのバンドしかできない繊細なロックを展開している。ヴォーカリストのヴォーカル・パフォーマンスも相変わらず独特で、さすがにデビュー・アルバムからこのバンド独特の個性を発揮していただけある。初期の荒削りな部分はだいぶ減り、洗練された楽曲構成が楽しめるように進化している辺りまだまだこのバンドは化けるんじゃないかと思った。個人的には前作のニュー・ウェイヴに傾倒した音楽性が好みだが、ロックという点で考えると今作も甲乙つけがたいクオリティを誇っている。アルバムがリリースされるごとにその進化が楽しみになるバンドだ。

<収録曲>
01.Howlaround Boneshaker*
02.Little Shocks
03.Things Change
04.Long Way From Celebrating
05.Starts With Nothing
06.Out Of Focus
07.Dead Or In Serious Trouble
08.When All Is Quiet
09.Kinda Girl You Are
10.Man On Mars
11.Child Of The Jago
12.Heard It Break
13.Coming Up For Air
14.If You Will Have Me
15.I Dare You (Alternative Mix)*
*日本盤ボーナス・トラック

『The Future Is Medieval』の評価:★★★★

<関連記事>
Education,Education,Education & War(2014)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Souvenir:The Singles 2004-2012(2012)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Off With Their Heads(2008)/KAISER CHIEFS/CDレビュー
Yours Truly,Angry Mob(2007)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Employment(2005)/Kaiser Chiefs/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.K.
アングリー・モブ~怒れる群集アングリー・モブ~怒れる群集
(2007/02/26)
カイザー・チーフス

商品詳細を見る


2ndアルバム。前作と同様ヴォーカリストの独特なヴォーカル・パフォーマンスやギターを始めとするグルーヴが唯一無二な感じになっていて、クオリティの高いロックの作品になっている。このバンドと言えば、疾走感あるロック・チューンも似合うし、すでに独特なアイデンティティを二作目までの時点で作ってしまったも同然だと思う。制作期間がデビュー・:アルバムより少ない為、2ndで評価を落とすバンドが多い中、今作はバンドの良い部分のみを引き継いで新たなバンドのアイデンティティを構築している。個人的には前述した通りヴォーカルとギターを始めとするメンバーの音の絡み合いが独特なグルーヴを生んでいてたまらない。アコースティックなアプローチも取り込んできているKaiser Chiefs、UKロックのバンドで意外と侮れないバンドかもしれない。UKロックの洋楽を聴けるリスナーには一度ぜひ聴いて欲しい作品である。

<収録曲>
01.Ruby
02.The Angry Mob
03.Heat Dies Down
04.Highroyds
05.Love's Not A Competition (But I'm Winning)
06.Thank You Very Much
07.I Can Do It Without You
08.My Kind Of Guy
09.Everything Is Average Nowadays
10.Boxing Champ
11.Learnt My Lesson Well
12.Try Your Best
13.Retirement
14.Admire You*
15.I Like To Fight*
*ボーナス・トラック

『Yours Truly,Angry Mob』の評価:★★★★

<関連記事>
Education,Education,Education & War(2014)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Souvenir:The Singles 2004-2012(2012)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
The Future Is Medieval(2011)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Off With Their Heads(2008)/KAISER CHIEFS/CDレビュー
Employment(2005)/Kaiser Chiefs/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ