最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十四回「さよならだけが人生か?」感想。

***

信長が初登場した事で、いよいよ歴史の動きも盛り上がってきそうな気配が濃厚なエピソードでした。たけの後継としてたけにそっくりなうめがやってくるオチは良かったです。相変わらず戦は起きておりませんが、各々の思惑がぶつかり合う心理戦が続いていて、今作の見所はそこですな。直虎の名が知れ渡った事で、おとわはもういないと南渓和尚がこぼす辺りは直虎の成長を物語っていて、しのとの関係性も新たに構築され井伊家の結束がより固くなって、今後の大波乱の展開に井伊家がどう巻き込まれていくのか逆に楽しみになります。龍雲丸の出番もまだ終わった訳ではないようで、家臣ではないもののどう井伊家と関わっていくのか期待しております。以上、第二十四回の感想でした。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十三回「盗賊は二度 仏を盗む」感想。

***

直虎と龍雲丸との関係性がメインだったエピソード。直虎は龍雲丸に仕官をすすめるが断られるという話でした。直虎の規格外な発想は相変わらずで、政次との関係性も上手く描かれておりました。政次の考えを聞いた上で物事を進める、という流れは政次の想いを理解している直虎ならではの決断でしたが、最後の最後で龍雲丸に仕官を断られる、というオチは自由な生き方をしている龍雲丸らしい理由と共に最高でしたね。人間関係の描写が緻密な今作らしい構成だったと思います。龍雲丸達との一件が頓挫しただけに、このエピソードがどういった役割を持つようになってくるのかは今後の展開次第でしょう。何はともあれ、今回も楽しませてもらいました。次回も期待しております。以上、第二十三回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十二回「虎と龍」感想。

***

直虎-政次の間で描かれていた信じる/信じないの物語が井伊と賊の間の関係性にスケールアップして描かれていたエピソード。最初に問題が起こって、最後に伏線を回収していくように盗賊の悪さが他愛もない勘違いだった、という事で終わっていく展開はエンタメしていて良かったです。また、今回ラスト龍雲丸達と因縁のある近藤が出てきた事で井伊側についている龍雲丸達の立場が危うくなるのは必然ですね。政次の進言が役に立たなかった事で、直虎と政次の間でもう一悶着ありそうですが、架空の登場人物である龍雲丸がどんな意味合いのテーマを残していくのかが気になります。メッセージ性の高い脚本は相変わらずなので、次回が余計楽しみになります。以上、第二十二回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十一回「ぬしの名は」感想。

***

直虎と盗賊の頭である龍雲丸の関係性が構築されたエピソード。武家も盗賊も奪い合う事で成り立っている、というメッセージが軸となっており、泥棒にはなりたくない直虎の策が披露される秀逸なエピソードだったと思います。物語的にも今回のテーマで人としてどう生きるべきかを問いかける内容となっており、奪う/奪わないはかなり重要な軸になると確信しました。龍雲丸が打ち首になるはずだった人物という事で、これから一波乱ありそうですが、直虎の新たな仲間が巻き起こす騒動も注目しなければいけないですね。直虎の決断がいつも今作のメッセージの軸となっているので、これからの展開が楽しみです。以上、第二十一回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十回「第三の女」感想。

***

直虎の娘と名乗る少女が現れ、直虎やしのの関係性に変化があったり、最後の引きで織田の名前が出てくるなど盛り沢山なエピソードでした。政次から追放するよう言われた直虎ですが、直親が笛で吹いていたメロディーを歌っていた事から少女を受け入れる事になる展開も丁寧に描かれていて良かったです。直虎-しのの関係性も大きな変化があり、今は亡くなってしまった直親にしのと一緒に文句を言い合う場面はお互いの距離が狭まって良かったです。井伊に姫が増えた事でしのとの関係性に一段落つき、織田信長がいつ登場してくるのかが楽しみですね。相変わらずエンタメ色の強い物語なので好みです。以上、第二十回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ