最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-U.S.
イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン(初回限定特別価格)イヤー・オブ・ザ・ジェントルマン(初回限定特別価格)
(2008/09/11)
Ne-Yo(ニーヨ)ジェイミー・フォックス

商品詳細を見る


3rdアルバム。前作とは違いハウスのビートを取り込む事でR&Bのボーダーラインを抜け出したアルバムとなっている。ジャンルに拘らない所がNe-Yoの持ち味で、すでに次なるオリジナル・アルバムも気になって仕方ない。また、Ne-Yoは他アーティストに提供曲を多く提供しており、シンガーソングライターとしての才能もズバ抜けたものとなっている。

全曲シングル・カットしてもいいくらいのクオリティで、一曲一曲丁寧に作られているのもポイント。ダンス・ミュージック好きなリスナーなら誰でも受け入れられるであろうクオリティも維持し続けてる音楽活動はただ驚嘆するしかない。

<収録曲>
01.CLOSER
02.NOBODY
03.SINGLE
04.MAD
05.MISS INDEPENDENT
06.WHY DOES SHE STAY
07.FADE INTO THE BACKGROUND
08.SO YOU CAN CRY
09.PART OF THE LIST
10.BACK TO WHAT YOU KNOW
11.LIE TO ME
12.STOP THIS WORLD
13.WHAT'S THE MATTER*
14.SHE GOT HER OWN featuring JAMIE FOXX & FABOLOUS*
*ボーナス・トラック

『YEAR OF GENTLEMAN』の評価:★★★★★

<関連記事>
R.E.D.(2012)/Ne-Yo/CDレビュー
LIBRA SCALE(2010)/Ne-Yo/CDレビュー
The Collection(2009)/Ne-Yo/CDレビュー
because of you(2007)/Ne-Yo/CDレビュー
In My Own Words+3(2007)/Ne-Yo/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
高相被告の判決が今日出た所で、今度は酒井法子元被告の離婚と親権が問題になっていくと思われ、まだまだこの事件の結末がどうなるのかは余談の許せない展開が続いていますね。男闘呼組のメンバーも覚せい剤所持で逮捕されてからいまだに釈放されておらず裁判が始まっていないと言う事は、2010年まで芸能界の覚せい剤汚染の余波はまだまだ続いていくのかもしれません。

***

難しい話題から入りましたが、今年は政界も荒れに荒れていて大変な一年になりそうな気がしております。鳩山首相に献金問題が浮上したりと、政権交代してからもリーマン経済破綻のショックからなかなか立ち直っていないという事は、今年の不況はまだまだ続くのかなぁ。

***

そんな中で明るい話題が多いのは今年洋楽の大物アーティストのリリースが続いているからで、12月にリリースされるALICIA KEYSさんの新作とLAST AUTUMN'S DREAMの新作はかなり期待しております。LAST AUTUMUN'S DREAMのベーシストが自殺してお亡くなりになるなどマイケル・ジャクソンさんを始め今年は大物ミュージシャンの訃報も多いですね。

エレメント・オブ・フリーダムエレメント・オブ・フリーダム
(2009/12/16)
アリシア・キーズ

商品詳細を見る


ヒップホップ・R&B界は延期が多いのでこれ以上延期にならない事を祈っております。R&Bと言えばNe-Yoさんの音楽も聴いているので近々レビューできたらいいなぁと思っております。

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
DistanceDistance
(2001/03/28)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


2ndアルバム。日本のR&B界屈指のシンガーソングライター・宇多田ヒカルの前作『FirstLove』に続く新作。相変わらず独特なヴォーカリゼーションは健在で、デビュー・アルバムよりもさらに洗練されたサウンドになってる。アルバムの構成も見事の一言であり、緩急の差がしっかりついているのも特徴の一つと言えるだろう。

シングルになっている曲のインパクトの凄さも宇多田ヒカルの音楽性の特徴としてあげられるが、それ以外にも今回はウィスパー・ボイスを駆使していたりと音楽に関して万能な才能は素晴らしいとしか言いようがない。故に、今回も傑作中の傑作としか言いようがない。レビューに関しては、前作と変わらないがそれだけ凄いアーティストである事を断言しておく。

<収録曲>
01.Wait & See ~リスク~
02.Can You Keep A Secret?
03.DISTANCE
04.サングラス
05.ドラマ
06.Eternally
07.Addicted To You [UP-IN-HEAVEN MIX]
08.For You
09.蹴っ飛ばせ!
10.Parody
11.タイム・リミット
12.言葉にならない気持ち
13.HAYATOCHI-REMIX

『Distance』の評価:★★★★★

<関連記事>
FirstLove(1999)/宇多田ヒカル/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
GeofuGeofu
(2003/06/25)
Sowelu

商品詳細を見る


正統派R&Bの歌姫Soweluのデビュー・アルバム。水晶のような透き通ったヴォーカリゼーションに、R&Bのビートが乗っかる楽曲は珠玉の輝きを放っていて1stアルバムにしてすでにSoweluの個性を確立させている一作と言える。時に低音を交わらせたりするヴォーカリゼーションは素晴らしいの一言に尽きる。

Soweluの音楽性は、一言で言うと静と動の繰り返しだ。基本その楽曲の構成は他アーティストにもあてはまる言葉になってしまうが、それでも伊藤由奈同様デビュー・アルバムですでに個性を確立させている魅力は凄いの一言に尽きる。故に、今作も傑作中の傑作だと言うしかない。ポップなR&Bが好きなリスナーにはおすすめの一枚である

<収録曲>
01.shne
02.Fortune
03.Rainbow[original mix]
04.Acorss My Heart
05.I Wanna Know
06.beautiful dreamer[album version]
07.Part of me
08.CC
09.Can't take my eyes off of you
10.call my name
11.my dear
12.breath~想いの容量~

『Geofu』の評価:★★★★★

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
クムイウタクムイウタ
(1998/05/13)
Cocco

商品詳細を見る


2ndアルバム。音楽性としては前作とあまり変化はないが、サポートギタリストである根岸考旨さんの歪んだギターが聴き所となっている。全体的にバンドとしての一体感を押し出した一枚で、打ち込みのビートも取り入れてある#03は異色な一曲と言える。また、全編英語詞の曲も健在であり、海外にもその存在を伝えられる貴重な存在だと思う。

アルバムの構成も前作同様ピカ一で、Coccoのアルバム・アーティストとしての個性は前作に引き続き確立されている。レビューとしては短いが、Coccoの歌詞の過激さは相変わらずで一つの楽曲のネーミングセンスも卓越している。

<収録曲>
01.小さな雨の日のクワァームイ
02.濡れた揺籃
03.強く儚い者たち
04.あなたへの月
05.Rose Letter
06.My Dear Pig
07.うたかた。
08.裸体
09.夢路
10.SATIE
11.Raining
12.ウナイ

『クムイウタ』の評価:★★★★

<関連記事>
ブーゲンビリア(1997) /Cocco/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
B’z The Best“Pleasure”B’z The Best“Pleasure”
(1998/05/20)
B’z

商品詳細を見る


B'z初のベスト・アルバム。これまでことごとくオリコンチャートをにぎわせていた楽曲がこれでもかと並んでいるのが特徴の一つと言えるだろう。B'zのメンバーである稲葉浩志の独特な歌詞やHM/HRへの影響が容易に垣間見れる作風などロックの精神が反映されていて素晴らしいの一言しか言う事ができない。

TM NETWORKと同様ベスト盤の多いB'zだが、一枚でまとめられているアルバムを聴きたいなら今作をおすすめする。レビューとしては短いが、B'z程不動の地位を築いたアーティストは日本の音楽シーンには存在しないので稀有な存在だと言えるだろう。

<収録曲>
01.LOVE PHANTOM
02.love me,I love you
03.Eazy Come,Easy Go!
04.ZERO
05.ALONE
06.裸足の女神
07.愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない
08.LADY NAVIGATION
09.太陽のKomachi Angel
10.BE THERE
11.Don't Leave Me
12.Bad communication E.style
13.Calling
14.さまよえる蒼い弾丸

『B'z The Best "Pleasure"』の評価:★★★★★

<関連記事>
C'mon(2011)/B'z/CDレビュー
B'z The Best "Pleasure Ⅱ"(2005)/B'z/CDレビュー
The Ballads~LOVE & B'z~(2002)/B'z/CDレビュー
GREEN(2002)/B'z/CDレビュー
ELEVEN(2000)/B'z/CDレビュー
B'z The "Mixture"(2000)/B'z/CDレビュー
Brotherhood(1999)/B'z/CDレビュー
B'z The Best "Treasure"(1998)/B'z/CDレビュー
SURVIVE(1997)/B'z/CDレビュー
LOOSE(1995)/B'z/CDレビュー
THE 7th BLUES(1994)/B'z/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
ようやくタッキーのTVドラマ「オルトロスの犬」主題歌「ヒカリひとつ」を購入する事ができました。CDレビューも徐々に続けていこうと思っているので、もうしばらくお待ち下さい。

***

50CENTさんとRakimさんの新作もようやくamazonで購入する事ができました。ヒップホップ・ラップ系のレビューは今少なくなっているので、こちらも徐々にレビューできればいいなあと思っています。

***

今夜はついにドラマ「仁-JIN-」の放送日ですね。大沢たかおさんの演技と武田鉄也先生の演技も毎回楽しみにしております。

ヒカリひとつヒカリひとつ
(2009/09/23)
滝沢秀明

商品詳細を見る
DATE: CATEGORY:Review-Japan
Loveless【通常盤】Loveless【通常盤】
(2009/11/18)
山下智久

商品詳細を見る


「抱いてセニョリータ」以来、三年半ぶりとなるNEWSの山下智久君のソロ・シングル。R&B色の強いタイトル・トラックの他に、ギターの入ったロック色の強いダンス・チューン#02など山下君の時にファルセットを駆使した歌唱力が最大限活かされているシングルとなっている。ゴスペルタッチなコーラスが入っているのも特徴で、前作「抱いてセニョリータ」同様傑作のシングルと言えよう。

<収録曲>
01.Loveless
02.Crush on You
03.Dance jam
04.After the Rain

『Loveless』の評価:★★★★★

<関連記事>
One in a million(2010)/山下智久/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
山下智久君のソロ・シングル「Loveless」をようやく購入。その他、B'zのアルバムも五枚借りてきたので、近々B'zのレビューも始めたいなぁ~と思っております。

***

福井晴敏先生の「終戦のローレライ」がなかなか読破できず。少しずつでも読み進めるといいなと思う今日この頃。

Loveless【通常盤】Loveless【通常盤】
(2009/11/18)
山下智久

商品詳細を見る


R&B色が強いシングルで、カップリングの曲もおすすめです。このシングルもレビューできたらいいなと考えています。
DATE: CATEGORY:Review-Japan
テゴマスのうた【通常盤】テゴマスのうた【通常盤】
(2009/07/15)
テゴマス

商品詳細を見る


NEWSの手越君と増田君によるユニットの1stアルバム。切なく歌謡曲っぽい音楽性のKinKi Kidsと違い優しさ溢れるデュエットを響かせている。また、味噌汁を題材にした#01など親しみやすい歌詞が特徴で、テゴマスのアイデンティティーが炸裂した一枚となっている。二人の歌唱力も抜群で、相性も合っているのでデュオとしての今後が楽しみである。音楽性としてはR&B寄りの音楽性を示しており、今後もデュオの方向性を活かした楽曲をリリースしていってほしいと切実に思う。ジャニーズの音楽に抵抗のないポップス好きなリスナーにはぜひ一度聴いて欲しいポップさ溢れる作品となっている。

<収録曲>
01.ミソスープ
02.キッス~帰り道のラブソング~
03.たったひとつだけ
04.夏への扉
05.What's going on ?
06.くしゃみ
07.サヨナラ僕の街
08.HIGHWAY
09.POWER OF EARTH
10.四季彩
11.片想いの小さな恋
12.アイアイ傘
13.雨のち晴れ
14.チキンボーヤ
15.Miso Soup

『テゴマスのうた』の評価:★★★★

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
今期のドラマも一通り目を通していますが、中でも一番注目したいのが「サムライハイスクール」と「仁-JIN-」ですね。どちらも侍や武士が関係している作品で、毎週放送されるのを楽しみにしております。

***

いよいよ来週山下智久君のソロ・シングルがリリースされるなど洋楽に限らず相変わらず色々音楽も聴いております。しばらくの間レビューが滞っていますが、また一日一枚のペースでレビューを書けたらいいなーと思っております。

以上、近況報告でした。

テーマ : ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-Japan
PROGLUTIONPROGLUTION
(2008/01/16)
UVERworld

商品詳細を見る


3rdアルバム。疾走感溢れるスピード感は凄くて、TAKUYA∞のヴォーカリゼーションは相変わらずだが、収録されている曲の難度も変わらず高い。また、UVERworldの持ち味の一つとも言えるラップもキレが良くて今作も素晴らしいアルバムとなっている。

HM/HRの影響も見受けられるギターのリフも印象的で、より進化したUVERworldの音楽性を聴く事ができる。若干曲調が一辺倒な面もあるが、TAKUYA∞の存在感に助けられている面もあるように思える。独特なタイトルのネーミングと歌詞は見事の一言しかない。

<収録曲>
01.Roots
02.brand new ancient
03.浮世CROSSING
04.病的希求日記
05.counting song H
06.シャカビーチ ~Laka Laka La~ (album ver.)
07.GROOVY GROOVY GROOVY
08.expod digital
09.-妙策号外ORCHESTRA-
10.UNKNOWN ORCHESTRA (album ver.)
11.-god's followers-
12.神集め
13.-forecast map 1955-
14.ENERGY (album ver.)
15.endscape (album ver.)
16.心が指す場所と口癖 そして君がついて来る
17.オトノハ
18.to the world(SE)

『PLOGLUTION』の評価:★★★★

<関連記事>
AwakEVE(2009)/UVERworld/CDレビュー
BUGLIGHT(2007)/UVERworld/CDレビュー
Timeless(2006)/UVERworld/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
テゴマスのうた【通常盤】テゴマスのうた【通常盤】
(2009/07/15)
テゴマス

商品詳細を見る


BON JOVIのレビューも滞っていますが、ようやく我が家に『テゴマスのうた』が到着。自宅療養中の身ですが、何とかお金をやり取りして洋楽を買ったりしています。

***

それにしても、TKのa-nine構想が気になる所。一体どれだけのアーティストをプロデュースしているのか興味津々ですね。

globeglobe
(1996/03/31)
globe

商品詳細を見る


初めて購入したTKのアルバム。一体どういう形で完全復帰するのか期待しております。

***

酒井法子被告にも執行猶予判決が出たようで、一安心しております。酒井法子被告の事件も一段落ついたところで、今度は写真家の篠山紀信さんが公然わいせつ罪で逮捕されてしまったりと2009年の芸能界は荒れに荒れまくっていますね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
BUGRIGHTBUGRIGHT
(2007/02/21)
UVERworld

商品詳細を見る


2ndアルバム。UVERworldの音楽性は変わっていないが、フックのあるメロディーは健在でもはや2ndアルバムにしてもアイデンテイィティーを確立してもいいくらいの作品となっている。TAKUYA∞のヴォーカリゼーションも相変わらず凄くて、歌う事が難しいメロディーをしっかり歌いこなしている事が前作・今作最大のポイントと言えよう。また、TAKUYA∞の透き通った歌声も良い。

UVERworldの特徴としてポップな側面もあるのも特徴の一つで、大衆向けの音楽を制作している以上ロックやポップ・ロックが好きなリスナーには受け入れられやすい一作となっている。また、ギター・ソロがなくてTAKUYA∞のラップが挿入される事でミクスチャー・ロック的な側面も持っているのもポイントの一つと言える。

<収録曲>
01.ゼロの答
02.SHAMROCK
03.Home 微熱39℃
04.~流れ・空虚・THIS WORD~
05.Colors of Heart
06.Live everyday as if it were the last day
07.シャルマンノウラ
08.一人じゃないから
09.君の好きなうた
10.50%
11.LIFEsize
12.EMPTY96
13.DISCORD
14.君の好きなうた(Acoustic Version)

『BUGLIGHT』の評価:★★★★★

<関連記事>
AwakeEVE(2009)/UVERworld/CDレビュー
PLOGLUTION(2008)/UVERworld/CDレビュー
Timeless(2006)/UVERworld/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
テゴマスのうた【通常盤】テゴマスのうた【通常盤】
(2009/07/15)
テゴマス

商品詳細を見る


NEWSの手越君と増田君によるユニット・テゴマスの1stアルバムを中古で注文しました。今月発売される山下智久君のソロ・シングルも楽しみですが、KinKi Kidsとは違うデュエットを楽しみにしております。

***

TKにも動きがあったようで、鈴木亜美さんや中田ヤスタカさんと一緒にHOUSE NATIONのサプライズゲストとして出演する事が決定したようです。globeがいつ本格再始動するのか楽しみに待っているので、こちらの動きも注目ですね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
Best of KAT-TUN (通常盤)Best of KAT-TUN (通常盤)
(2006/03/22)
KAT-TUN

商品詳細を見る


1stアルバム。ジャニーズの中では珍しくロック色の強いアルバムとなっている。HM/HRの影響も見受けられ、ロックの反骨精神が溢れるアルバムとなっている。田中聖君のラップがフューチャーされていたりと、ミクスチャー・ロックの要素も含まれていている。アルバムの構成としてもベスト盤だけあってしっかり構成の練られている作品となっている。

ジャニーズとしては異色なユニットで、ロックの他にR&Bの要素も追加されていたりとごった煮の音楽性は素晴らしいの一言しか言う事ができない。故に今作も傑作中の傑作と言うしかない。レビューとしては短いが、KAT-TUNの音楽性はロック色が強いので自分の好きな音楽の中でツボだ。

<収録曲>
01.SHE SAID...
02.NEVER AGAIN
03.I LIKE IT
04.MIRACLE
05.BLUE TODAY
06.RHODIA
07.GOLD
08.WILD OF HERAT
09.SPECIAL HAPPINESS
10.ONE ON ONE
11.BUTTERFLY
12.RUSH OF LIGHT
13.ハルカな約束
14.PRECIOUS ONE
15.REAL FACE#1

『Best of KAT-TUN』の評価:★★★★★

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
ザ・サークルザ・サークル
(2009/11/04)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る


ようやく我が家にBON JOVIの新作が到着。まだあまり聴き込めていないですが、近いうちにレビューできればいいなーと思っております。

***

KinKi Kidsのニュー・アルバムの発売日がようやく12月9日に決定。山下智久君のソロ・シングル共々ジャニーズの音楽も楽しく聴いているので楽しみです。NEWSの四枚目のアルバムがいつ出るのかも期待しております。
DATE: CATEGORY:Review-Japan
GIRL NEXT DOORGIRL NEXT DOOR
(2008/12/24)
GIRL NEXT DOOR

商品詳細を見る


1stアルバム。avex出身のアーティストだけあって、TKやDAの影響を受けた音楽性が感じられる一枚。ユニットのヴォーカル・千紗の透き通ったヴォーカリゼーションが特徴で、ハウス・トランス・テクノなどダンス・ミュージックの様々な要素が組み込まれているのが聴き所の一つである。

また、歌詞の面では常に前向きなメッセージを届けており、何か悩み事がある時などに聞くと元気になってくる音楽を追求している。2ndアルバムではどういう音楽性を提示するのか楽しみなアーティストの一つである。

<収録曲>
01.Winter Game
02.Drive away
03.Powwer of love
04.幸福の条件
05.WINTER MIRAGE
06.情熱の代償
07.Fine after rain
08.Breath
09.Day's...
10.ESCAPE(Album Edit)
11.Winter Garden
12.Climber's high
13.NEXT DOOR
14.偶然の確率(Album Edit)

『GIRL NEXT DOOR』の評価:★★★★

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
BarefootBarefoot
(2003/09/03)
黒田倫弘

商品詳細を見る


元Icemanのヴォーカル・黒田倫弘のソロ・デビュー・アルバム。メジャーのレコード会社からではなくインディーズのレーベルからリリースされており、ソロ・デビューの際メジャー・レコードからのデビューを断った黒田倫弘の音楽への拘りが感じられる渾身の一作。

デビュー・アルバムなので荒削りな面があるものの、岡村靖幸さんが提供した#03を始めバラエティーにとんだアルバム構成になっている。また、ロックの生音に拘るだけでなくデジタル・ミュージックも積極的に取り入れており、ジャジーな楽曲も収録されるなどとにかくごった煮の音楽性が素晴らしい作品である。

<収録曲>
01.DECADANCE-barefoot ver.-
02.悪い夢
03.スリルバカンス
04.サンディー
05.オレンジ
06.散歩道
07.Jump'n Dash
08.CRYING BUTTERFLY
09.NELL FLAP
10.SCAR OVER
11.良い夢
12.Save Our Soul

『Barefoot』の評価:★★★★

<関連記事>
-ソロ-
Wonder Drive(2013)/黒田倫弘/CDレビュー
Grumpy Diamonds(2012)/黒田倫弘/CDレビュー
VANNILA SKY(2011)/黒田倫弘/CDレビュー
ALWAYS(2010)/黒田倫弘/CDレビュー
フロンティア(2008)/黒田倫弘/CDレビュー
unchanged(2006)/黒田倫弘/CDレビュー
in depth(2005)/黒田倫弘/CDレビュー
SEED(2004)/黒田倫弘/CDレビュー
Future In Blue(2003)/黒田倫弘/CDレビュー
遠雷 Out Of The Garden(2002)/黒田倫弘/CDレビュー

-バンド-
QUAD(2007)/SCARECROW/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ