最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:雑記
「龍馬伝」第二十二回感想。

***

今回はわりとシンプルなエピソードだった。龍馬がお龍と初めて出会うエピソードで、男勝りなお龍のキャラクターが独特で、今後どう龍馬とお龍が恋愛をして夫婦になるのかかなーり楽しみにしています。人斬り以蔵を最後まで守ろうした龍馬の信念がしっかりと描かれたエピソードで、お龍の前で涙する場面は重厚な展開ながら泣ける場面になっていました。たった五両のお金を巡ってやり取りする龍馬とお龍の場面も微笑ましくて良かったですね。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
ようやく家にturboの会報vol.85が到着。自宅療養中でライブに行けないので、turboの会報はいつも楽しみにしております。今回も凄い密度のインタビューですでに来年はT.M.Revolutionとしての活動を考えていたりだとか、西川さんは相変わらずクリエイティブな活動をしていて今後の音楽活動が楽しみです。

今年の夏発売される予定の両A面シングル「Naked arms/SWORD SUMMIT」は全然聴いた事がないのでリリースを心待ちにしております。

以上、当ブログでは恒例となっている会報の感想でした。更新手続きの用紙も同封されていたので、しっかり継続しないといけないなぁ。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:雑記
今日は高槻へ映画を観に行って来ます。1時間30分の映画なので今回は全部観られるだろうと思っていて、今からお出かけするのを楽しみにしています。映画を観に行くのはかなり久々なので、どんな物語の映画になってるのか期待大ですね。

***

今年は連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を観始めたり、NHK関連のドラマも今まで以上に観ています。連続テレビ小説の場合、15分なのであっという間に終わってしまって続きが毎日気になっていますよ。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:Music News
ソースはこちら

TKの抱えている民事訴訟の判決が出た模様で、未払い分の4万ドル(日本円で約360万円)の支払いが請求されました。TK側が支払いを拒否した場合、最悪な事態が予想されますがTKは本当に大丈夫なのでしょうか。それに加えて、TK個人に対する訴訟も同じ原告から起こされているようで苦難の道はまだまだ続くようです。現在TKのサポートに徹しているエイベックスのMAX松浦勝人社長はこの件に関してどう思っているのでしょうか。

まだまだTKに関する裁判が続くという事で、TKの事件もいまだに全て解決になった訳じゃないらしく、今後の先行きがとても心配です。音楽の話に集中していてTKの抱えている民事訴訟の事を忘れていたのはまずかったかもしれない。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:雑記
「月の恋人」第三話感想。

***

蓮介をめぐる恋模様と会社をめぐるそれぞれの思惑と今回もかなり密度の濃い物語でした。特にシュウメイに関しては悲劇的に描かれており、心を閉ざした蓮介の心を開く事ができるのかが今後のポイントとなっていきそうです。松田翔太君演じる役の社員の企みも何かしら交差していきそうでどんどん複雑になっていきそうですが、基本的には王道的なラブ・ストーリーになっていて色々な要素をつぎ込んでいるので今後の展開が非常に楽しみです。去年の「MR.BRAIN」と違いラブ・ストーリーが中心となっているだけに、誰が蓮介の閉ざした心を開くのかが最大の焦点になりそう。

以上、第三話の感想でした。

テーマ : 月の恋人~Moon Lovers~ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
リカヴァリー~デラックス・エディションリカヴァリー~デラックス・エディション
(2010/06/23)
エミネム

商品詳細を見る


ザ・ボクサーザ・ボクサー
(2010/06/23)
ケリー

商品詳細を見る


今年の六月にリリースされるエミネムさんの新作とブロック・パーティーのヴォーカル・ケリーさんのソロ作を注文しました。どちらも音楽のジャンルは違うもののケリーさんのソロ作はブロック・パーティーの音楽性と相違ないようでかなり期待しております。

***

それにしても、ラッパーのザ・ゲームさんの引退撤回第一作がいまだに延期が続いてリリースされておりません(現段階では今年の7月あたり)。50セントさんと同じでこちらも待ち続けるしかないかもしれませんね。

The R.E.D.AlbumThe R.E.D.Album
(2010/06/30)
ザ・ゲーム

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Music News
ソースはもちろんこちらで。

TKの逮捕に伴い長い間閉鎖していたglobeのサイトが本日(正確には21日)TKのコメントと共に復旧しています。個人的にはTM NETWORKやglobeの再始動を一番楽しみにしているので、今回のニュースは言葉で言い表せられない衝撃があります。今後、TM NETWORKやglobeがどんな活動をしていくのか非常に期待しております。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:雑記
「龍馬伝」第二十一回感想。

***

岩崎弥太郎がついに商売で成功するエピソード。容堂の策で脱藩者がそれぞれ罪を受ける他、実質武市半平太の因果応報の回でしたね。半平太の夫婦関係も悲劇的に描かれており、勝麟太郎が友達を救おうとしている龍馬を説得する場面や弥太郎と半平太の関係性も描かれていて相変わらず今回も深い内容のドラマになっていたと思います。

次回、いよいよお龍が出てくるなど舞台が京都へ移った事で新撰組が登場してきたりと幕末好きにはたまらない内容になってきて次回もかなり期待しております。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
「月の恋人~Moon Lovers~」第二話感想。

***

相変わらず蓮介のヒール役が憎い所。今回は、リン・チー・リンとの絡みが多くてラブ・ストーリーという事だけあり、蓮介と三人の女性がどう絡まっていくのかが最大のポイントだと思います。見所はやっぱり「MR.BRAIN」の時とは違って恋愛面が大幅に活かされている所ですかね。今のところまだ第二話で、まだストーリーが本格始動した訳ではないですが、松田翔太君演じる役がこの人間関係にどう影響を及ぼすのかが楽しみです。SMAPの木村拓哉ファンとしては、蓮介の冷徹でクールな側面も非常に良いですね。

テーマ : 月の恋人~Moon Lovers~ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
「龍馬伝」第二十回感想。

***

龍馬と武市半平太の対比は今回も健在。今回は岩崎弥太郎もついに再登場してきてシリアスなエピソードにも関わらず、コメディっぽい一面を魅せてくれました。収二郎の切腹を聞いた時山崎一さん演じる役の言葉が全て龍馬に返っていく所が最大の見所だったと思います。武市半平太が平井収二郎に切腹を言い渡す場面はダークに衝撃的に描かれていて、龍馬に送った手紙の内容も悲劇的で今回のラストは号泣の嵐でした。

それにしても、武田鉄矢さんの勝麟太郎は存在感があってたまりません。次回の「龍馬伝」も楽しみにしております。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Music News
今日で西川さんがT.M.R.としてデビューして14周年が経ちました。今年の夏には「Resonance」以来のニュー・シングルがリリースされるようで楽しみにしています。記事としては短いですが、西川さんを応援していく気持ちは変わりません。自宅療養中で今年もライブに行けそうにないですが、今年の夏のT.M.R.の新曲を心待ちにしております。

西川さんの始めたTwitterも早速お気に入りに入れていて、TKのTwitter同様更新を楽しみにしております。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:雑記
「月の恋人」第一話感想。

***

SMAPの木村拓哉君の演じる蓮介の悪どい一面がフォーカスされた第一話。内容としてはまだ密度が濃い所まではいっていないものの、「MR.BRAIN」と違いラブ・ストーリーという事でこれから蓮介を巡る恋愛関係が気になります。感想としては短いですが、木村拓哉君のヒール役の一面が観れてかなり良かったです。第二話以降の展開も面白そうなので、今後も感想を書いて「月の恋人」のストーリーも追っていきたいと思います。共演している女優さん達も華やかで音楽の演出も重厚な感じなので大河ドラマ「龍馬伝」並みに期待しております。

テーマ : 月の恋人~Moon Lovers~ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
「龍馬伝」第十九回「攘夷決行」感想。

***

龍馬と武市半平太の関係性が大きく取り上げられた第十九回。平井収二郎が捕らえられた事で、二人の関係が大きく動いたエピソードでしたね。岩崎弥太郎は今回も出番なしですが、容堂の見事な策略で収二郎が捕らえられてしまう展開は圧巻でした。公式ホームページによると次回ついに収二郎が切腹するらしく半平太とは違う誰も殺さない攘夷を貫く龍馬がどう動くか非常に楽しみですね。

感想としては短いですが、今回は以上という事で終わらせていただきます。今回は大きな見せ場はなかったものの、龍馬と半平太の思考の対比がもの凄く効いていて良かったですね。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
SMAPの木村拓哉さん主演の月9がいよいよ明日からスタートします。当ブログでは、大河ドラマの感想と並行して「月の恋人」の感想も書いていこうと思っておりますので、ブログを更新する頻度が前より多くなると思います。山下智久君の月9も良かったですが、去年の「MR.BRAIN」に続いて期待しております。

特に共演している俳優陣が凄い。「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」でブレイクした北川景子さんや篠原涼子さんなど共演している人達の名前だけでも凄いのでとにかく期待大ですね。去年の「MR.BRAIN」はミステリーの要素が強かっただけに、今回はラブストーリーという事でかなりワクワクしています。

テーマ : 月の恋人~Moon Lovers~ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
「ブギー・ポップ」シリーズの著者である上遠野浩平先生の「ヴァルプルギスの後悔」を二巻ともe-Bookoffで注文しました。福井晴敏先生の「終戦のローレライ」は少しずつ読み進めていますが、いまだに全部読めていないのですが、ライトノベルなら読めそうなので楽しみです。

それプラスメタリカの旧作を一枚注文しました。

メタル・ジャスティスメタル・ジャスティス
(2009/03/04)
メタリカ

商品詳細を見る

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:Review-Japan
Seventh HeavenSeventh Heaven
(2009/03/04)
Kalafina

商品詳細を見る


梶浦由記さんの手がけるユニット・Kalafinaのデビュー・アルバム。梶浦由記さんの特徴である美メロは今作にも健在で、アニメのタイアップ関係なくかなりのクオリティーで作られたアルバムとなっている。また、ファンタジックな歌詞も今回も健在である。梶浦由記さんらしく管楽器の使い方が絶妙で、Kalafinaのファンタジックな世界観を倍増させている。

アップテンポな曲からミディアム・テンポの曲までKalafinaの三人の歌姫の歌声が最大限活かされた作品となっている。また、三人の歌姫のヴォーカリゼーションやコーラスも素晴らしく同氏が手がけるFictionJunctionとは違う輝きを持っていると個人的には思う次第である。2ndアルバムもすでに手元にあるので、次のアルバムのレビューも近いうちにできればいいと思っていて、今回はレビューとしてはまとまりがないが、それだけ凄い音楽という事でご勘弁頂きたい。

<収録曲>
01.overture
02.oblibious
03.love comes down
04.夏の林檎
05.fairytale
06.ARIA
07.また風が強くなった
08.傷跡
09.serenate
10.音楽
11.明日の景色
12.sprinter
13.君が光に変えていく
14.seventh heaven

『Seventh Heaven』の評価:★★★★★

<関連記事>
Consolation(2013)/Kalafina/CDレビュー
After Eden(2011)/Kalafina/CDレビュー
Red Moon(2010)/Kalafina/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
VOCALIST4(初回限定盤B)(CD13曲+ボーナストラック1曲収録)VOCALIST4(初回限定盤B)(CD13曲+ボーナストラック1曲収録)
(2010/04/20)
徳永英明

商品詳細を見る


待望のVOCALISTシリーズ完結編。これまでの「VOCALIST」シリーズ同様女性アーティストの楽曲を多くカバーしているのが今作の特徴である。またカバー・アルバムを徳永英明さんがリリースするのかという声もあるだろうが、「VOCALIST」シリーズがリリースされる事で徳永英明さんの音楽に注目が集まった事もあり、個人的には今年ようやく「VOCALIST」シリーズを完結させた意味の方が大きいと思うからだ。

徳永英明さんの優しい透き通るようなヴォーカル・パフォーマンスは今作も健在で、去年久々にオリジナル・アルバムをリリースした事でオリジナルの新たな方向性はすでに提示済みだと思う。それ故に、徳永英明さんがカバーしてきた音楽の数々は珠玉の光を放つ音楽になっていると思う。

<収録曲>
01.時の流れに身をまかせ
02.赤いスイートピー
03.First Love
04.翳りゆく部屋
05.セーラー服と機関銃
06.誰より好きなのに
07.あばよ
08.月光
09.やさしさで溢れるように
10.未来へ
11.待つわ
12.あの鐘を鳴らすのはあなた
13.未来予想図
14.ラヴ・イズ・オーヴァー(Bonus Track)

『VOCALIST4』の評価:★★★★★

<関連記事>
VOCALIST6(2015)/徳永英明/CDレビュー
STATEMENT(2013)/徳永英明/CDレビュー
VOCALIST VINTAGE(2012)/徳永英明/CDレビュー
VOCALIST&BALLADE BEST(2011)/徳永英明/CDレビュー
WE ALL(2009)/徳永英明/CDレビュー
SINGLES BEST(2008)/徳永英明/CDレビュー
SINGLES B-side BEST(2008)/徳永英明/CDレビュー
VOCALIST3(2007)/徳永英明/CDレビュー
VOCALIST2(2006)/徳永英明/CDレビュー
BEAUTIFUL BALLADE(2006)/徳永英明/CDレビュー
VOCALIST(2005)/徳永英明/CDレビュー
MY LIFE(2004)/徳永英明/CDレビュー
セルフカバーベスト~カガヤキナガラ~(2003)/徳永英明/CDレビュー
愛をください(2003)/徳永英明/CDレビュー
INTRO.Ⅲ(2001)/徳永英明/CDレビュー
remind(2000)/徳永英明/CDレビュー
honesto(1999)/徳永英明/CDレビュー
SINGLE COLLECTION 1992~1997(1998)/徳永英明/CDレビュー
SINGLE COLLECTION 1986~1991(1998)/徳永英明/CDレビュー
Ballade of Ballade(1997)/徳永英明/CDレビュー
bless(1997)/徳永英明/CDレビュー
太陽の少年(1995)/徳永英明/CDレビュー
Nostalgia(1993)/徳永英明/CDレビュー
INTRO.Ⅱ(1992)/徳永英明/CDレビュー
Revolution(1991)/徳永英明/CDレビュー
JUSTICE(1990)/徳永英明/CDレビュー
REALIZE(1989)/徳永英明/CDレビュー
DEAR(1988)/徳永英明/CDレビュー
INTRO.(1987)/徳永英明/CDレビュー
BIRDS(1987)/徳永英明/CDレビュー
radio(1986)/徳永英明/CDレビュー
Girl(1986)/徳永英明/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:雑記
「龍馬伝」第十八回感想。

***

龍馬と武市半平太の対比は今回も健在の代わりに、今回は岩崎弥太郎の出番はなし。龍馬より一歩先をゆく半平太だが、容堂の策略で平井収二郎を引っこ抜かれたりなど容堂にやられたエピソードでもありました。沢村惣之助が勝麟太郎の海軍塾に参加して日本人のアイデンティティーに目覚めるなど、攘夷-否攘夷の対比するテーマが表面化したエピソードでしたね。細かい所では徳-長次郎の恋愛描写があったり、後の亀山社中の面々が次々と仲間のように揃っていく展開は最高でした。また、龍馬が海軍塾の皆の考えに頭を悩ませ龍馬の師匠である勝麟太郎が「放っといってもいい」と自分なりに日本人のアイデンティティーに目覚めると解答を突き付ける龍馬と勝麟太郎の場面はかなり感動的でした。「上下平等」の面でも真っ向から対立している龍馬と半平太の対比は素晴らしいの一言に尽きますね。

来週はいよいよ半平太が攘夷決行するなど龍馬との直接的な対立が表面化しそうで楽しみです。いやー、毎週日曜日は楽しみで仕方ないですね。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:雑記
ウタノチカラタチ+4~u-ya asaoka Best Album~ウタノチカラタチ+4~u-ya asaoka Best Album~
(2008/09/03)
浅岡雄也

商品詳細を見る


まだ全部聴ききれていませんが、ようやく元FIELD OF VIWの浅岡雄也さんのCDが到着。FIELD OF VIEW時代の「突然」のカバーも入っていたり楽しみです。

***

今日はiTUNESカードを買いに京都のビックカメラへお出かけに行って来ます。安室奈美恵さんのCCCDの音源もようやく今日ダウンロードする事が出来そうでこちらの音源も楽しみにしております。

追伸
早速ダウンロードして聴いております。やっぱり安室奈美恵さんの歌唱力は凄いですね。海外アーティストと相違ない歌唱力は西川さんみたいに海外公演も可能なような気もする。

STYLE (CCCD)STYLE (CCCD)
(2003/12/10)
安室奈美恵ZEEBRA

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ