最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-Japan
H album-H・A・N・D- (通常盤)H album-H・A・N・D- (通常盤)
(2005/11/16)
KinKi Kids、堂本光一 他

商品詳細を見る


8thアルバム。二人共作の#03のクオリティが高く、KinKi Kidsの新たな魅力が今作でも引き出されている。前作からジャニーズっぽいポップスから脱却していたが、今作もクオリティの高いバラエティに富んだ楽曲が多く収録されており、KinKi Kidsのアイデンティティをさらに高めている。KinKi Kidsの魅力の一つに自分で作詞・作曲できるというクリエイティブな面があると思うので、楽曲自体は少なくても二人共作の曲が収録されるのには意味があると思う。前作同様アイドルとは思えないアルバムの完成度だが、それぞれの曲が洗練されているからそう感じるのだろう。あまりアイドルらしくない所もKinKi Kidsの魅力の一つだと思うので、初期の初々しさとは違う成熟した魅力を感じる事が出来た。剛のソロ活動が始まった事もあり、それぞれのソロ曲が収録されていないがそれでもまた一つ最高な作品が仕上がったと思う。剛と光一のヴォーカリゼーションもデュオとして成熟してきており、デビュー・アルバムの時には出せなかった魅力が出てきているように感じる。

<収録曲>
01.Arabesque ~千夜一夜の夢~
02.Anniversary
03.恋涙
04.【AOZORA】
05.キミハカルマ
06.Love Me More
07.Breath
08.WATER SCREEN -theme of H-
09.ビロードの闇
10.ダイヤモンド・ストーリー
11.駅までは同じ帰り道
12.未完のラブ・ソング
13.99%LIBERTY
14.In My Heart

『H album -H・A・N・D-』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日の「Mステ」は三時間SPですね。今日中に全部観るのは無理そうですが、録画して後日観る事にします。
11-29 09:26

おはようございます。
11-29 09:25

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

前のツイートKinKi KIdsじゃなくてKinKi Kidsの間違いでした。LINKIN PARKのリミックス・アルバムを聴いているのですが、前作のリミックス・アルバムとは違う良さがあるなぁ。
11-28 10:26

KinKi KIdsの『L album』が発売されるまで一週間切りました。その間にアルバムのレビューが進むといいなぁ。
11-28 08:19

おはようございます。
11-28 08:16

DATE: CATEGORY:Review-Japan
KinKi Single Selection II (通常盤)KinKi Single Selection II (通常盤)
(2004/12/08)
KinKi Kids

商品詳細を見る


KinKi Kids、二枚目のベスト・アルバム。オリジナル・アルバムではヴァージョン違いで収録されていたシングル曲が、今作ではオリジナルのアレンジで聴く事が出来る。特に二人共作の#06や堂島孝平が楽曲提供した#07などがオリジナルのアレンジで聴けるのは嬉しい。ベスト盤なのでアルバムまで聴いているリスナーには購買意欲があまりわかないように思えるが、その分アルバム未収録のシングルも収録されているのでCDのコレクターにはたまらないアイテムになるだろう。シングルを買っているファンの事をあまり考えているベスト盤とは言い難いが、内容的にはKinKi Kidsのシングルの側面での音楽活動を総括しているという事で熱心なファンには最高のCDになるのではなかろうか。個人的にはアピールポイントがアルバム未収録のシングルしか収録されていない所しかない割には、一つ一つの楽曲のクオリティが前のベスト盤を上回っているのでオーソドックスなベスト盤もありかなと思った。何はともあれ、KinKi Kidsの音楽活動も二枚目のベスト盤が出る所まで来たかと思うと感慨深い。

<収録曲>
01.夏の王様
02.もう君以外愛せない
03.ボクの背中には羽根がある
04.情熱
05.Hey! みんな元気かい?
06.愛のかたまり
07.カナシミ ブルー
08.Solitude ~真実のサヨナラ~
09.永遠のBLOODS
10.心に夢を君には愛を
11.ギラ☆ギラ
12.薄荷キャンディー
13.ね、がんばるよ。

『KinKi Single Selection Ⅱ』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/ 剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

年内にヴァルヴレイヴ2ndSEASONの第一巻が発売される事になっているので、そちらも楽しみです。
11-27 06:59

無印ヴァルヴレイヴのBDが揃って、これから観放題になると思うと最高の時間が過ごせる事になって幸せです。アニメのDVDを観てる時間ほど幸せな時は無い。
11-27 06:58

おはようございます。
11-27 06:57

DATE: CATEGORY:Review-Japan
G album -24/7- (通常盤)G album -24/7- (通常盤)
(2003/10/22)
KinKi Kids

商品詳細を見る


本格的なR&Bチューンとなっている#01から幕を開ける7thアルバム。これまでのアルバム同様堂本剛作詞・作曲の#05、10や堂本光一作詞作曲の#06、09が収録されている。堂本剛のソロ曲はギター・ロックになっており、堂本剛のアイデンティティをさらに高めている。また、堂本光一のソロ曲は剛との対比でデジタル色の強いダンス・チューンになっており、相乗効果でKinKi Kids二人の魅力を高めているのが素晴らしいの一言。今までのアルバムの中ではジャニーズっぽさの出ていたポップ・チューンが減って、個性の強いバラエティ感豊かな楽曲が多く収録されている事から、今までで一番振れ幅の広い作品となっている。二人のクリエイティブな側面が見えてくるのもKinKi Kidsのアルバムの特徴だったが、アルバム曲で個性を打ち出してくるアプローチは新鮮で見事の一言である。基本的にはアイドルなのだが、KinKi Kidsらしい隙間産業的な音楽が展開されている今作は傑作だろう。ちょうど剛がシンガーソングライターとして音楽活動を始めた後の作品なので、KinKi Kids的にもこれまでにない新鮮さが漂っていてたまらない。

<収録曲>
01.Bonnie Butterfly
02.永遠のBLOODS (G-mix)
03.Destination
04.世界中のみんなで…。
05.黒い朝・白い夜
06.消えない悲しみ 消せない記憶
07.薄荷キャンディー
08.Another Christmas
09.Virtual Reality
10.ORANGE
11.停電の夜には-On the night of a blackout-
12.どらごん・ろ~ど
13.心に夢を君には愛を

『G album -24/7-』の評価:★★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi KIds/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は無印ヴァルヴレイヴの最終巻が届く事になっているので楽しみですね。「Preserved Roses」のOPが観れるのもこれが最後かぁ。
11-26 09:05

おはようございます。
11-26 09:04

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

それにしても、西川さんが紅白に出るのは2006年に無印アンカバがリリースされて紅白に出てから七年ぶりくらいかぁ。アンカバ2をリリースした年に出演するとは偶然とはいえ凄いなぁ。
11-25 17:13

@TMR15 紅白出場おめでとうございます。毎年大みそかは紅白歌合戦を観ているのですが、兄貴が出るなら尚更注目ですね!
11-25 16:33

今年の紅白出演者の発表で一番のサプライズだったのは、T.M.Revolutionが出演するという事ですね。徳永英明さんも出る上に、サカナクションも出るとか今年の紅白歌合戦は自分の聴いてるアーティストが多くていいなぁ。
11-25 16:30

昨日は「新堂本兄弟」を観ずに寝たので、朝チェックして即BDにダビングしました。次回の放送も楽しみですね。
11-25 08:27

おはようございます。
11-25 08:26

DATE: CATEGORY:Music News
elementalelemental
(2014/01/22)
FictionJunction

商品詳細を見る


ガンダムSEEDなどの挿入歌や主題歌を手がけていた梶浦由記さんのプロジェクト・FictionJunctionの約五年ぶりとなるオリジナル・アルバムが来年の一月に発売決定!!これまでにリリースされたシングルも収録されるようで楽しみです。

Everlasting SongsEverlasting Songs
(2009/02/25)
FictionJunction

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Music News
タイトル未定(TYPEI)(仮)初回限定盤(特典なし)タイトル未定(TYPEI)(仮)初回限定盤(特典なし)
(2014/01/22)
AKB48

商品詳細を見る


前作から約一年五か月ぶりにAKB48のアルバムが発売決定!!シングル曲は七曲収録されるようで、あとはアルバム曲になって計25曲収録される予定のようです。前作の内容もクオリティが高かっただけに今作も注目ですね。

1830m(特典ポスター無し)1830m(特典ポスター無し)
(2012/08/15)
AKB48

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Music News
タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)
(2014/01/22)
mihimaru GT

商品詳細を見る


CD二枚組+DVDの計三枚組のシングルベスト。内容的にはベスト盤なのでそんなに変わりはないのですが、mihimaru GTの10年間の音楽活動を網羅するCDとしては今年リリースされた三枚組のオール・タイム・ベストより聴きやすいかもしれません。

mihimaland(初回限定盤)(DVD付)mihimaland(初回限定盤)(DVD付)
(2013/08/28)
mihimaru GT

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今年の大河ドラマも残す所あと三回となった訳ですが、会津編・京都編と二部構成になっているので物語の問題提起と解答がわかりやすいのが良いですね。襄を失った後八重がどんな生き方をするのかは注目ですな。
11-24 18:57

今週も大河ドラマの感想ブログに書きました。ブログにも書きましたが、余命いくばくもない襄を支える決意をした八重は素晴らしいですね。会津編の解答を京都編で示す辺りの物語の構成も見事の一言。
11-24 18:54

あっという間に日曜日ですね。西川さんがレギュラー出演している「新堂本兄弟」毎週楽しみにしております。KinKi KidsもCD買うぐらい好きなので、これはたまらん。
11-24 10:00

おはようございます。
11-24 09:59

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「八重の桜」第四十七回「残された時間」感想。

***

襄と八重の夫婦の絆をメインに描いた第四十七回。心臓病を患い病に苦しむ襄を八重がどのように支えていくのかがポイントとなった今回のエピソード。最終的には同志社大学設立が襄の戦と捉えて、八重が病に苦しみながらも活動を続ける襄を支援する方向で一段落がつきますが、次回予告を観る限りでは襄と八重の別れが描かれるのもそう遠くなさそうです。尚之助の死に目には立ち会えていない八重が、尚之助との対比で襄の死と直接向き合う事でその後どのような生き方をするのかも終盤の見所の一つとなりそうな気配が濃厚かもしれません。鎌倉での静養時、露店で射的をする時の場面で八重が狙った景品を撃つ場面はユーモラスに描かれていて良かったです。襄の余命を知った八重が、襄の大学を作る種を誰かがまかなくてはならないと決意を語った所で一緒に戦う決意をする場面は印象的でした。以上、第四十七回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-Japan
F album (通常盤)F album (通常盤)
(2002/12/26)
KinKi Kids

商品詳細を見る


6thアルバム。シングル曲がヴァージョン違いで収録されているが、#02と共にメロディーのカッコ良い二人が共作した#09がアコースティック・ヴァージョンなのが残念な限り。しかし、それ以外はクオリティが高いので、アルバム曲でもシングルカットしてもいいくらいのレベルの曲が収録されている。光一が作曲した#02が収録された事で、KinKi Kidsのクリエイティブな部分がこれまでのアルバムよりかは前に出てきて良い。しかも、#09に至っては剛と光一の共作による楽曲である。KinKi Kidsの今後の方向性を決めたアルバムだけあり、その重要度は高い。剛と光一のアンバランスさは光一のソロ活動が始まっていないのでそのままだが、それも良さになっている。個々のソロ曲のクオリティの高さも保っており、ジャニーズにとって異例なアーティストである事が改めて示されたと言っても過言ではない作品である。ちなみに剛のソロ曲は#05、光一のソロ曲は#08になる。KinKi Kidsはアルバムをリリースするごとにジャニーズっぽさが薄れてくるので、アレンジは今一つなもののここから二人のクリエイティブな才能が発揮されるという事を考えると、ここが一区切りになっていると思う。

<収録曲>
01.ルーレットタウンの夏
02.solitude~真実のサヨナラ~ (New Edit)
03.ライバル
04.冬のペンギン
05.WINTER KILL
06.ハルカナウタ
07.ひらひら
08.月夜ノ物語
09.愛のかたまり (Acoustic Version)
10.Hey! みんな元気かい?
11.テノヒラ
12.カナシミ ブルー (New Mix)

『F album』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

「僕らの音楽10」のFNS歌謡祭前特集良かったです。今年はどんなコラボがあるのか楽しみですね。T.M.R.のコラボは去年と同じなのかなぁ。
11-23 08:32

おはようございます。
11-23 08:30

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は「Mステ」がお休みなので夜が暇ですね。恒例のアニメ観たりTVドラマ観たりして過ごそうかなぁ。
11-22 08:39

おはようございます。
11-22 08:38

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

ブログの不具合が直ったので、早速CDレビューを書きました。12月に『L album』が発売される頃には、KinKi Kidsのアルバムのレビューが終わるといいなぁ。
11-21 13:29

すでにCDの予約が始まっているので、今日あたり自分の使ってるネット通販サイトも予約が始まらないかなぁ。
11-21 07:37

ガンダムSEEDシリーズの挿入歌や主題歌を手がけていた梶浦由記さんのプロジェクト・FictionJunctionの新作のレコーディングが終わって、来年CDが発売される事が決まったようです。
11-21 07:36

おはようございます。
11-21 07:33

DATE: CATEGORY:Review-Japan
E albumE album
(2001/07/25)
KinKi Kids

商品詳細を見る


5thアルバム。堂本剛のソロ曲#04やSOPHIAのヴォーカリスト・松岡充が作詞に関わった堂本光一のソロ曲#10(後に光一のソロ・アルバムでリメイクされている)が収録されている。まだKinKi Kidsのクリエイティブな面が出てきているとは言いにくいアルバムで、『A album』やこれまでのアルバムと同様ジャニーズ色の強いアルバムとなっている。ただし各自のソロ曲が一曲ずつだけでも収録されている事から、KinKi Kidsの将来について思いを馳せるには最高の出来になっているのではないだろうか。2001年はまだ今では当たり前のようになっているKinKi Kidsの二人のソロ活動は始っておらず、二人の個人的なイメージはアルバムに収録されたソロ曲に集約されていたように思う。それだけにKinKi Kidsの本領発揮は二人が共作した曲が収録され始めるアルバムからだと思うので、今作はまだ準備中の段階にあたると個人的に思っている。ただシングル曲に外れはなく、毎回クオリティの高いシングルを制作している辺りは素晴らしいの一言。#08がヴァージョン違いで楽しめるのも今作の試みとして楽しみが増えて良いのではなかろうか。

<収録曲>
01.LOVESICK
02.ボクの背中には羽根がある (E Edit)
03.No Control
04.百年ノ恋
05.Father
06.手を振ってさよなら
07.Broken冷蔵庫
08.情熱
09.Love U4 Good
10.- so young blues -
11.HONEY RIDER
12.月光
13.情熱 (Acoustic Version)

『E album』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
マグナ・カルタ...ホーリー・グレイルマグナ・カルタ...ホーリー・グレイル
(2013/08/07)
ジェイ・Z、ビヨンセ 他

商品詳細を見る


前作からおよそ四年ぶりとなるJAY-Zの通算12作目のスタジオ・アルバム。ジャスティン・ティンバーレイクやビヨンセなど客演アーティストの布陣も相変わらず豪華である。ジャケットのアートワークが象徴している通り、今作はコンセプトが強い作品となっていて、JAY-Zの発信するメッセージ力は衰えてはいない。ヒップホップはメロディーがない場合がほとんどだが、個人的にその側面としてメッセージ性の高い音楽だと思っている。無論、作品の構成もその中に含まれており、今作のようなコンセプトの強い作品になればなるほど構成にはこだわっているはずである。JAY-Zのようなベテラン・アーティストになってもいまだに伝え続けるメッセージがあるというのは素晴らしい。その上、今回のアートワークのように何かしら意味を込めた作品が多いのもヒップホップの特徴の一つであり、ただエレクトロなミュージックにラップが乗っかっているだけではないのが見事の一言。肝心の今作の内容だが、客演陣が豪華なだけありJAY-Zがラップすると映える曲だらけである。R&Bの要素はあまりないので、ヒップホップも含めてエレクトロな音楽に興味があるリスナーには是非とも聴いて欲しい一作だ。いつもファンの期待を裏切らないJAY-Zのスキルの高いヒップホップは不滅である。JAY-Zのおしゃれなトラックの上に乗っかるメッセージやラップを聴いて、是非とも一人だけでもいいので一度は洗礼を受けてもらいたいものだ。ヒップホップの虜になる事は間違いないだろう。

<収録曲>
01.Holy Grail
02.Picasso Baby
03.Tom Ford
04.F*Ckwithmeyouknowigotit
05.Oceans
06.F.U.T.W.
07.Somewhereinamerica
08.Crown
09.Heaven
10.Versus
11.Part II (On The Run)
12.Beach Is Better
13.BBC
14.JAY Z Blue
15.La Familia
16.Nickels And Dimes

『Magna Carta... Holy Grail』の評価:★★★★

<関連記事>
THE BLACK ALBUM(2003)/JAY-Z/CDレビュー
The Blueprint(2001)/JAY-Z/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

ブログの不具合でなぜかamazonの商品が表示されなくてリンクできないので、しばらくブログのCDレビュー休みます。早く元に戻ってくれたらいいんだけど、これだけはどうにもならないからなぁ。
11-20 20:44

今年の秋ドラマも前にも書きましたが中盤戦ですね。視聴率関係なく観ているドラマもあるので、一日二本くらいは観てます。
11-20 09:48

おはようございます。
11-20 09:46

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

コードギアスシリーズで脚本を書いていた大河内さんが脚本をやっているので、無印同様2ndSEASONも安定していて良いですね。公式サイトに早くもヴァルヴレイヴⅠの最強形態が紹介されているので、ラストバトルは燃え燃えになりそうです。
11-19 18:48

2013秋アニメは西川さんが水樹奈々さんとコラボしてOP主題歌やってる「革命機ヴァルヴレイヴ2ndSEASON」しか観ておりません。絞りに絞って一本だけなので、BDも購入しております。来週は無印ヴァルヴレイヴの最終巻が発売されるから楽しみですね。
11-19 18:46

洋楽のCDが三枚とも届いて、エミネムさんの『The Marshall Mathers LP2』だけ全部聴きましたが、カッコ良いヒップホップ・チューンだらけでツボでした。その他のCDは後でゆっくり聴きたいと思います。
11-19 16:08

今日は洋楽のCDが三枚もフラゲできる事になっているので楽しみですね。うち一枚は二枚組のベスト盤で、エミネムさんの新作のデラックス・エディションはボーナスCD付きという事で、何だかんだで二枚組のCDが二枚も届くという。
11-19 09:20

おはようございます。
11-19 09:19

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
ザ・ベスト・オブ・バックチェリーザ・ベスト・オブ・バックチェリー
(2013/10/30)
バックチェリー

商品詳細を見る


『Buckcherry』から今年リリースされた新作『Confessions』までのアルバムの中から選曲したバックチェリー初のベスト盤。新曲が収録されていないのは残念だが、バンドのロックンロール魂炸裂するロック・チューンが一枚のアルバムで一気に聴けるようになっているのは良いと思う。パンクの要素も加わっているヴォーカリスト・ジョシュの独特なヴォーカリゼーションやギタリスト・キースのギタープレイを思う存分堪能でき、これまでのバックチェリーの歴史を総括する構成になっているのは素晴らしいの一言。『Confessions』がコンセプト・アルバムだったので、それと対比する形でストレートなロック・チューンが多く収録されているベスト盤が発売されたのは意味があるし、何といっても一時期は解散したバンドが再結成してからも活動し続けている事が一リスナーとしては嬉しい。CDの解説もバンドの将来を期待する旨の事が書かれていたので、それを考えるといったんこれまでの活動を総括してから次に進むのもいいかもしれない。何はともあれ、バックチェリーのロックンロール魂とアイデンティティはこのベスト盤が発売された事でさらに明確に確立されたと思う。

<収録曲>
01.Lit Up
02.For the Movies
03.Ridin'
04.Sorry
05.Next 2 You
06.Everything
07.Crazy B*tch
08.Rescue Me
09.Rose
10.All Night Long
11.Gluttony
12.Nothing Left But Tears

『The Best of Buckcherry』の評価:★★★★

<関連記事>
Confessions(2013)/BUCKCHERRY/CDレビュー
All Night Long(2010)/BUCKCHERRY/CDレビュー
Black Butterfly(2008)/BUCKCHERRY/CDレビュー
15(2005)/BUCKCHERRY/CDレビュー
Time Bomb(2001)/BUCKCHERRY/CDレビュー
BUCKCHERRY(1999)/BUCKCHERRY/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

昨日は「新堂本兄弟」を観ずに寝たので、今日の朝チェックしてから編集してBDにダビングしました。次回の放送も楽しみですね。
11-18 07:58

おはようございます。
11-18 07:57

DATE: CATEGORY:Review-Japan
「NEWS」(通常盤)「NEWS」(通常盤)
(2013/07/17)
NEWS

商品詳細を見る


5thアルバム。二人のメンバーが脱退して四人体制となった新生NEWSとしては初となる作品。六人体制の時とNEWSの音楽性が明らかに変わっており、四人全員が同じポジションになって楽曲を彩る事が多くなって新生NEWSならではの魅力が新たに生まれているのが特徴。山下智久のソロと同様アイドルなので歌唱力がある訳ではないが、明るい曲が多く聴くと元気が出る曲が沢山収録されている。新生NEWSとして四人でリリースしたシングルは全て収録され、新生NEWSの特徴が強く出ている#09を始め、四人だけでもクオリティの高い楽曲を作り上げている所は素晴らしいの一言。また、六人体制の時にもあったカッコ良いメロディーの乗っかるポップ・チューンも収録されており、四人でもNEWSという構図が壊れないよう六人体制の頃の路線も一部継続している辺りも憎い。

<収録曲>
01.compass
02.WORLD QUEST
03.4+FAN
04.渚のお姉サマー
05.ポコポンペコーリャ
06.恋祭り
07.Greedier
08.ベサメ・ムーチョ ~狂おしいボレロ~
09.チャンカパーナ
10.Dance in the dark
11.HIGHER GROUND
12.フルスイング
13.CRY

『NEWS』の評価:★★★★

<関連記事>
NEWS BEST(2012)/NEWS/CDレビュー
LIVE(2010)/NEWS/CDレビュー
Color(2008)/NEWS/CDレビュー
pacific(2007)/NEWS/CDレビュー
touch(2005)/NEWS/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
カーテン・コール。~ザ・ヒッツカーテン・コール。~ザ・ヒッツ
(2005/12/02)
エミネム、ドクター・ドレー 他

商品詳細を見る


ヒップホップ以外のリスナーにも圧倒的な人気を誇るエミネム初のベスト盤。『The Slim Shady LP』から『Encore』までのアルバムから知名度の高い楽曲が収録されている。また、新曲として#02が入っていたり、エミネムの知名度を一気に引き上げた映画で使用された曲も収録されており、ベスト盤らしくキラー・チューンのみが選曲されている。#17ではエルトン・ジョンとの共演がライブ・ヴァージョンで収録されていて、オリジナルとは違う魅力を引き出している。元々メッセージ性の高いヒップホップ・チューンを世に出してきたエミネムだが、今作にはその集大成と呼ぶにふさわしいクオリティの楽曲が並んでいる。エミネムの自分の信念を貫く辺りはロックっぽい側面も感じられ、これだけヒップホップの範疇以外でも幅広く聴かれているアーティストもそういない。それだけに、音楽業界の中でエミネムの存在の特別さが嫌でも伝わってくる。70年代から続くアメリカのハードロックバンドAEROSMITHの曲からサンプリングして曲を作り上げ、ギターにはそのバンドのギタリストであるジョー・ペリーを迎えた#08を筆頭に、ドラマティックな曲などを収録し聴き逃せない曲だらけの最高のベスト盤だ。このベスト盤も、エミネムにとっては一つの通過点に過ぎないだろう。ヒップホップ界の革命児の底力はこれから試されるのかもしれない。

<収録曲>
01.Intro
02.Fack
03.The Way I Am
04.My Name Is
05.Stan
06.Lose Yourself
07.Shake That
08.Sing For The Moment
09.Without Me
10.Like Toy Soldiers
11.The Real Slim Shady
12.Mockingbird
13.Guilty Conscience
14.Cleanin' Out My Closet
15.Just Lose It
16.When I'm Gone
17.Stan [Live]

『Curtain Call: The Hits』の評価:★★★★

<関連記事>
The Marshall Mathers LP 2(2013)/EMINEM/CDレビュー
Recovery(2010)/EMINEM/CDレビュー
Relapse(2009)/EMINEM/CDレビュー
Encore(2004)/EMINEM/CDレビュー
THE EMINEM SHOW(2002)/EMINEM/CDレビュー
The Marshall Mathers LP(2000)/EMINEM/CDレビュー
The Slim Shady LP(1999)/EMINEM/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今回は会津藩で親しくしていたユキとの再会して交わす会話が良かったですね。八重-ユキの関係性が何年経っても壊れないまま続いているのが素晴らしい。
11-17 18:54

今週も大河ドラマの感想ブログに書きました。いよいよ「八重の桜」も最終回へ向けてラストスパートで、襄との別れがどう描かれるのか気になります。
11-17 18:53

今日もいつも通り大河ドラマの感想をブログに書くつもりです。残り十話を切って、今年の大河ドラマももうすぐ終わりですね。
11-17 08:08

おはようございます。
11-17 08:07

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「八重の桜」第四十六回「駆け落ち」感想。

***

今回も引きにやられた第四十六回。久栄の気持ちを思って母親代わりになろうとする八重に答えを与えたのは、会津藩で親しくしていたユキでした。薩摩藩の夫と息子を持つユキが八重の対比として描かれ、若さゆえに暴走する健次郎と久栄の恋を盛り上げます。ユキに八重らしく考えて動けばいいと助言をもらった八重は、最後は結局二人の結婚を認めるのですが、東京で小説家になりたかった健次郎の想いが強すぎて久栄を残して一人で東京へ行ってしまいます。今回ラスト、家族として残された久栄の心の痛みを自分の痛みのように感じる八重の描写が良かったですね。いよいよ「八重の桜」も最終回へラストスパートですが、今後どんな展開になるのか楽しみです。以上、第四十六回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-Japan
A NUDE(通常盤)(ポスターなし)A NUDE(通常盤)(ポスターなし)
(2013/09/11)
山下智久

商品詳細を見る


3rdアルバム。久保田利伸、AI、SEKAI NO OWARI、MIYAVIなどそうそうたる豪華アーティストが楽曲提供などを行っているとてもクオリティの高い作品となった。中でもKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔をフューチャーした#08のようなラップを絡めたミクスチャー・ロックチューンが個人的には特にカッコ良く、今作がリリースされた事で山下智久の音楽性がさらに進化して魅力が増していると思う。以前までは山下智久の声が一番好みだったが、今作でさらに楽曲の振れ幅が広がった事からようやくソロの音楽性もカッコ良くなってハマッてきている自分がいる。シングル曲は一曲しか収録されておらず、アルバム曲で勝負するスタンスになっているのも良い。前作も未収録なシングル曲があったが、それがなくても十分に満足できるクオリティーを保っている。ジャニーズの中でソロで活動している人数は数える程しかいないのだが、山下智久のソロ作品も三枚目のアルバムでようやくアイデンティティが固まってきた印象が強い。前作は前作でクオリティが高かったが、今作はそれがさらに洗練されていると感じた。普段アイドルの音楽を聴かないリスナーにも一度は聴いて欲しい作品である。

<収録曲>
01.SING FOR YOU
02.怪・セラ・セラ
03.あの虹の向こうまで
04.君の風になって
05.パレード
06.EVERYBODY UP
07.原始的じゃナイト ~アナログ ラブ~
08.NEXTACTION
09.PAri-PArA
10.MAGIC
11.Stand Alone
12.蜃気楼
13.夏のオリオン

『A NUDE』の評価:★★★★

<関連記事>
遊(2014)/山下智久/CDレビュー
エロ(2012)/山下智久/CDレビュー
SUPERGOOD,SUPERBAD(2011)/山下智久/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
NEWS BEST(通常盤)NEWS BEST(通常盤)
(2012/06/13)
NEWS

商品詳細を見る


2011年に山下智久、錦戸亮の二人がメンバーを脱退し四人体制になってから初めてのリリースはベスト盤。初回盤にはそれぞれのソロ曲が収録されているのだが、通常盤にはファンが選んだNEWSの曲がDisc2に収録されている。今までの集大成という事もあり、Disc1はアルバム未収録の#15が収録されている事もあり六人体制のNEWSをあます所なく聴く事が出来る。初回限定盤のソロ曲のみで四人で再録された曲が一曲もないのは非常に残念だが、四人体制になった新生NEWSが始動するにあたっての布石には十分なったベスト盤だと思う。これをきっかけにNEWSの音楽を聴き始めたリスナーには六人体制の時の曲もこれから発売されるであろう四人体制の曲も好きになってもらいたいものである。ストレートなベスト盤なので特筆すべき点は見当たらないが、NEWSのファン以外のリスナーにも入門編として一度は聴いて欲しい作品である。

<収録曲>
[Disc1]
01.NEWSニッポン
02.希望~Yell~
03.紅く燃ゆる太陽
04.チェリッシュ
05.TEPPEN
06.サヤエンドウ
07.裸足のシンデレラボーイ
08.星をめざして
09.weeeek
10.太陽のナミダ
11.SUMMER TIME
12.Happy Birthday
13.恋のABO
14.さくらガール
15.Fighting Man

[Disc2]
01.エンドレス・サマー
02.Share
03.I・ZA・NA・I・ZU・KI
04.SNOW EXPRESS
05.DREAMS
06.FLY AGAIN
07.Smile Maker
08.Forever
09.バンビーナ
10.きらめきの彼方へ
11.夢の数だけ愛が生まれる
12.2人/130000000の奇跡
13.真冬のナガレボシ
14.チェリッシュ <Ryoji(from ケツメイシ)Remix>
15.永遠色の恋

『NEWS BEST』の評価:★★★

<関連記事>
NEWS(2013)/NEWS/CDレビュー
LIVE(2010)/NEWS/CDレビュー
Color(2008)/NEWS/CDレビュー
pacific(2007)/NEWS/CDレビュー
touch(2005)/NEWS/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

該当記事じゃなくて該当投稿でしたね。訂正しておきます。
11-16 08:21

徳永英明さんのレビューに拍手は入っていなかったので該当記事を削除しました。すいません。早とちりでした。
11-16 07:58

それでもって今年のFNS歌謡祭にKinKi Kidsと山Pの出演が決定!自分が聴いてるジャニーズからはNEWS以外のアーティストは出るという事でますます12月4日が楽しみになりましたね。
11-16 07:54

西川さんと水樹奈々さんの「僕らの音楽」、トーク・パフォーマンスを含めて最高でした。「僕らの音楽」は毎週クオリティの高いコラボや音楽を提供していて素晴らしいですね。
11-16 07:51

おはようございます。
11-16 07:49


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ