最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

2013年中にCDをリリースした洋楽アーティストが多すぎて、来年は一体誰がCDをリリースするのか全く読めない状態になっている件。一洋楽ファンとしては一アーティストでもCDリリースしてくれたら嬉しいけど。
12-30 22:09

turboFCから出演のお知らせがなかったので「日本レコード大賞」に西川さんが出るとは思ってなかったけど、CDのVTRが流れただけでも良かった。明日水樹奈々さんと一緒に出る紅白が余計楽しみになりましたね。
12-30 22:06

コードギアスシリーズの大河内さんの構成・脚本も好きだけど、ヴァルヴレイヴシリーズの大河内さんの構成・脚本も好きだ!
12-30 08:05

まあ、無印SEEDの時からネットで評判悪いアニメしか観てないので今更ですが、論理的に物語構造を汲み取るようになってからはテーマや対比構造などがキャラの好き嫌い関係なしに観るきっかけになっているので、ハマッたアニメに駄作はないですねい。
12-30 08:03

ヴァルヴレイヴの最終回、個人的には視聴者に考えを委ねている辺りが個人的には好きなのですが、ネットでは評判悪いんですか。
12-30 08:01

紅白まであと一日ですね。今日は「日本レコード大賞」があるので観て観ようと思います。
12-30 07:57

おはようございます。
12-30 07:56

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

西川さん風邪ひいてるんだ。紅白とNYP、三日連続であるけど大丈夫かなぁ。
12-29 11:00

今日は観る番組が一つもないので、アニメのDVDでも観て過ごそうかなと思ってます。
12-29 08:44

おはようございます。
12-29 08:44

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

来年の冬アニメは「マクロスF」「アクエリオンEVOL」でおなじみの河森正治監督が関わっているSFロボットアニメ「ノブナガ・ザ・フール」を観ようと思ってます。資金的にBDを買うのは無理そうですが、好みだったら編集してBDにダビングして残そうと思います。
12-28 07:45

年間ランキングを発表する程アニメを観ていない今日この頃。それにしても、「革命機ヴァルヴレイヴ」の最終回は熱かった。来年発売されるBDも何度も書いてるかもしれませんが、楽しみですね。
12-28 07:43

おはようございます。
12-28 07:42

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は「Mステ」のスーパーライブ2013ですね。個人的にはKinKi Kidsが出演するので楽しみです。他のアーティストの披露する曲も楽しみですけど。
12-27 08:32

おはようございます。
12-27 08:31

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

2013年中に、来年KinKi Kidsの堂本剛君がソロの新作をリリースする事が決まって早速予約しました。西川さんのシングル&ライブDVDと同日発売だから楽しみだなぁ。
12-26 08:27

おはようございます。
12-26 08:25

DATE: CATEGORY:Music News
shamanippon -ロイノチノイ-ふつうよし(通常盤)(CD)shamanippon -ロイノチノイ-ふつうよし(通常盤)(CD)
(2014/02/12)
堂本剛

商品詳細を見る


KinKi Kidsの堂本剛が来年の二月に約二年ぶりにソロのオリジナルアルバムをリリース決定!!前作同様ファンクの要素が入った一作になるのか。どんなサウンドになっているのか楽しみです。

shamanippon-ラカチノトヒ-(通常盤)(ふつうよし)shamanippon-ラカチノトヒ-(通常盤)(ふつうよし)
(2012/04/11)
堂本剛

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

年末年始のTV雑誌を観ていたら、来年も色々面白そうなTVドラマが始まるので楽しみです。
12-25 09:09

今日「ミス・パイロット」の最終回を観たら、今年の自分が観ている秋ドラマも全部終わりです。
12-25 09:08

おはようございます。
12-25 09:04

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日はヴァルヴレイヴ2ndSEASONの第一巻のBDが届く事になっているので楽しみです。「革命デュアリズム」のOPがもう観れる。
12-24 09:02

おはようございます。
12-24 09:01

DATE: CATEGORY:Review-Japan
L album(通常盤)L album(通常盤)
(2013/12/04)
KinKi Kids

商品詳細を見る


13thアルバム。KinKi Kidsとしては初となる二枚組アルバムとなっており、Disc1、Disc2がそれぞれLOVEとLIFEのコンセプトの元収録されているのが特徴である。今作は二人の共作曲は入っておらず、外部からの提供曲がメインで制作されているが、それぞれの楽曲のクオリティが高く、シングルカットしてもいいくらいの楽曲が多く収録されている。玉置浩二、矢野顕子、奥田民生、高見沢俊彦(THE ALFEE)などのアーティストが今作に楽曲提供しており、特に珍しかったのはDisc LIFEの#06のようなギター・ロック調の楽曲が収録されている事である。『G album -24/7-』などでもギター・ロック調の曲は収録されていたが、ソロ曲以外では初めての収録となるのではなかろうか。それによって、KinKi Kidsとしての楽曲の振れ幅がかなり広がったように思える。元の楽曲のクオリティが高いので、今作に収録されている剛と光一のヴォーカリゼーションも素晴らしいものばかりである。自分で作詞作曲ができるだけあり、全部外部に任せてしまう今作のような作品もありだなと思った。KinKi Kidsの初心者はベスト盤から入る方が聴きやすいと思うが、アルバム単位で興味のあるリスナーは今作と『Φ』をおすすめしたい。今作で圧倒的なパフォーマンスを展開しているKinKi Kidsだけに、今後の作品にも期待してしまう一作である。

<収録曲>
[Disc1]Disc LOVE
01.むくのはね
02.勇敢な君に
03.まだ涙にならない悲しみが
04.この月は沈まない
05.Cool Beauty
06.3-2-1
07.Stand By Me
08.i love you
09.恋は匂へと散りぬるを
10.Candle Night

[Disc2]Disc LIFE
01.スピード
02.命のキセキ
03.変わったかたちの石
04.Tomorrow Again
05.ウタカタ
06.Morning Glory
07.WELCOME
08.君らしく生きる君が好きだ

『L album』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日と明日で今年の秋ドラマは全部最終回ですね。「ごちそうさん」の放送はまだあるみたいなので、忘れずにチェックしておきたいなぁ。
12-23 09:16

おはようございます。
12-23 09:13

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

身体の調子が悪くなってからは2011年と今年しか参戦していない、の間違いでした。ここで訂正しておきます。学生の頃とかにprogressやSEVENTH HEAVENのツアーとかは参戦してましたよ。
12-22 09:39

そういや今日は「新堂本兄弟」もないんだった。こちらもレギュラー放送が戻って来るのは来年ですね。
12-22 09:03

NYPは参戦できませんが、来年もLIVE REVOLUTIONがあったら是非とも参戦したいなぁ。2011年と今年しか参戦してないから、一日でもいいので西川さんのライブ行きたい。
12-22 09:02

大河ドラマもTVドラマもない日曜日がやってきました。夜はアニメのDVDでも観て時間を潰そうかなぁ。
12-22 08:58

おはようございます。
12-22 08:57

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

毎週何かの食材がサブタイトルになっている「ごちそうさん」ですが、来週の食材はふぐのようです。来週の展開も楽しみだなぁ。
12-21 08:44

おはようございます。
12-21 08:40

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

時間が微妙になったので「独身貴族」の最終回は夜にでも観る事になりました。「イエノミ」も年内のオンエアは終わったという事で、次は来年ですね。
12-20 09:56

今日は「イエノミ」を観たら「独身貴族」の最終回を観たいと思います。それにしても、「イエノミ」に藍井エイルさんが出るなんて楽しみすぎだ。
12-20 08:24

おはようございます。
12-20 08:23

DATE: CATEGORY:Review-Japan
4つのL4つのL
(2006/03/21)
平原綾香

商品詳細を見る


3rdアルバム。アルバムのタイトル通り、「Love」「Life」「Luck」「Live」の四つのLをテーマにしたコンセプチュアルな作品となっている。テーマがわかりやすく楽曲が四つに分けられているので、平原綾香の届けたいメッセージがアルバム一枚で堪能できる仕組みとなっているのが特徴。平原綾香の圧倒的なヴォーカリゼーションは今作でも健在だが、今作のようなコンセプト・アルバムをリリースした事で平原綾香の音楽の世界観はさらに振れ幅を広げたと思う。これまでの作品と同様圧倒的な平原綾香のアイデンティティに四つのLというコンセプトが合わさって聴き応えあるアルバムとなっている。アルバムの曲順も絶妙で、コンセプトごとに振り分けられているからか以前のオリジナル・アルバムより聴きやすく、平原綾香のオリジナル・アルバムとしてはデビュー・アルバムを越えるアルバムになったと思う。また、インタルードで楽曲が変わるきっかけを与えていてリスナーにコンセプトが変わる事を音楽で伝えている所も素晴らしいの一言である。

<収録曲>
01.誓い
02.Theme of LIVE -interlude-
03.Circle Game
04.Reset
05.I will be with you
06.Theme of LIFE -interlude-
07.WILL
08.スタート・ライン
09.Theme of LUCK -interlude-
10.はじまりの風
11.アリエスの星
12.未来の僕らに
13.Theme of LOVE -interlude-
14.Eternally
15.Music
16.誓い -Album version-

『4つのL』の評価:★★★★

<関連記事>
Winter Songbook(2014)/平原綾香/CDレビュー
my Classics selection(2014)/平原綾香/CDレビュー
What I am(2013)/平原綾香/CDレビュー
10th Anniversary SINGLE COLLECTION~Dear Jupiter~(2013)/平原綾香/CDレビュー
ドキッ!(2012)/平原綾香/CDレビュー
my Classics3(2011)/平原綾香/CDレビュー
my Classics2(2010)/平原綾香/CDレビュー
my Classics!(2009)/平原綾香/CDレビュー
Path of Independence(2008)/平原綾香/CDレビュー
Jupiter~平原綾香ベスト~(2008)/平原綾香/CDレビュー
そら(2007)/平原綾香/CDレビュー
From To(2005)/平原綾香/CDレビュー
The Voice(2004)/平原綾香/CDレビュー
ODYSSEY(2004)/平原綾香/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

「リーガル・ハイ」の最終回も観終わって、今日は「ドクターX」と「独身貴族」の最終回ですね。来週もまだ最終回になるTVドラマがあるので、このラッシュはしばらく続きそうです。
12-19 10:13

おはようございます。
12-19 10:12

DATE: CATEGORY:Review-Japan
K albumK album
(2011/11/09)
KinKi Kids

商品詳細を見る


12thアルバム。前作辺りから原点回帰が始まっているが、ブラスの入った楽曲の多い今作もジャニーズらしいポップスに原点回帰している。しかし、剛と光一のヴォーカリゼーションのレベルが高くなっているからか、初期の頃ようなアンバランスさは感じられず、逆に安定したクオリティの楽曲を提示している。二人のソロ活動が始まって、個々のソロ曲ではなく共作曲がアルバムに入るようになったのだが、今作もその例にもれずシングル曲となった#06が収録されている。また、同じくシングル曲となった#12もデジタル色の強い異色な曲で個性が際立っている。共作曲は一曲しか収録されていないが、吉田拓郎など豪華アーティストが楽曲を提供しているのも今作の特徴であり、KinKi Kidsの音楽性の行方は基本がしっかりしているのでアイデンティティは常に保たれていると思う。KinKi Kidsのアルバム曲はあまり知名度が高くないが、その分アルバムを買っても損をしないくらいクオリティの高い楽曲が収録されている。興味のあるリスナーの入り口となりうるアルバムはすでに沢山リリースされているので、シングルでKinKi Kidsの事を気になったリスナーは是非とも一度でもいいからアルバムを聴いてくれたら嬉しい。

<収録曲>
01.願う以上のこと 祈る以上のこと
02.同窓会
03.危険な関係
04.ラジコン
05.さよならのエトランゼ
06.Family ~ ひとつになること
07.いのちの最後のひとしずく
08.ヒマラヤ・ブルー
09.もっと もっと
10.破滅的Passion
11.2nd Movement
12.Time
13.きみとぼくのなかで
14.僕が生まれた日
15.Family ~ ひとつになること [Unplugged]

『K album』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今年の紅白の曲目、大方の予想通り西川さんは水樹奈々さんとコラボ曲を披露するんですね。徳永英明さんは久々にオリジナル曲「夢を信じて」を歌う事が決まったようで、久々にカバー曲じゃなくて楽しみです。
12-18 14:59

とは言え、ヴァルヴレイヴのBDを予約しているので、BDが発売になったらまた何度も観るでしょうけど。
12-18 08:28

アニメの方は「革命機ヴァルヴレイヴ2ndSEASON」しか観ていないので、他のアニメの話はついていきません。ヴァルヴレイヴ、近年のロボットアニメとしては物語のクオリティも高いですね。あと二回で最終回かと思うと寂しいです。
12-18 08:27

今日発売になるヨーロッパのメロディアス・ハードロックバンド・LAST AUTUMN'S DREAMのベスト盤を昨日からフラゲして聴いてます。最初のベスト盤と収録曲が若干違うので新鮮ですね。
12-18 08:25

おはようございます。
12-18 08:23

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

来年も今頃から予約できるCDが色々あって楽しみですね。でもまだ12月分で発売されるCDやDVDが残っているので最優先はそっちになりますけどね。
12-17 10:14

おはようございます。
12-17 10:11

DATE: CATEGORY:Music News
mihimaniaBEST~BsideコレクションアルバムmihimaniaBEST~Bsideコレクションアルバム
(2014/02/19)
mihimaru GT

商品詳細を見る


一月にリリースされるシングルベストに引き続いて、二月にはBサイドベストが発売決定!!一般的に浸透しているシングル曲に比べてマイナーな楽曲が収録されるのでファンにはたまらないCDとなりそうです。

タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)
(2014/01/22)
mihimaru GT

商品詳細を見る


テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

西川さんが来年リリースするスプリット・シングルの「Count ZERO」とライブDVD早速予約しました。ライブDVDの方はBDで予約したので画質が良さそうだから尚更来年の二月が楽しみです。
12-16 16:46

年内最後の「新堂本兄弟」を編集してBDにダビングしました。来年の放送も楽しみですね。
12-16 07:41

おはようございます。
12-16 07:40

DATE: CATEGORY:Music News
Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~
(2014/02/12)
T.M.Revolution/SCANDAL

商品詳細を見る


T.M.R.LIVE REVOLUTION’13-UNDERIICOVER-(Blu-ray Disc)T.M.R.LIVE REVOLUTION’13-UNDERIICOVER-(Blu-ray Disc)
(2014/02/12)
T.M.Revolution

商品詳細を見る


スプリットのお相手はアーティスト名通りSCANDALという事で、戦国BASARA4 EPと銘打っている通り「戦国BASARA4」のテーマ曲をコンプリートできる。また、同日発売されるライブDVDは2013年のLIVE REVOLUTION'13からの作品という事で、コンセプチュアルな作品が期待されそうです。

革命デュアリズム Type-C(通常盤)革命デュアリズム Type-C(通常盤)
(2013/10/23)
水樹奈々×T.M.Revolution

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

ブログにも書きましたが、八重-徳富の関係性で力の使い方に問題提起を投げかけて、八重の最後の一発を空に撃つラストは凄かったです。二部構成でしたが、どちらもクオリティの高い物語で一年間楽しめました。キャスト・スタッフの皆様お疲れ様でした。
12-15 19:14

今週も大河ドラマの感想ブログに書きました。「八重の桜」も最終回という事で、メッセージ性の高い作品で素晴らしかったです。視聴者に解釈を委ねるラストは見事でしたね。
12-15 19:12

「Count ZERO」とライブDVDの発売日、二月に決まったんですね。スプリット・シングルの方は通常盤で購入するとしても、ライブDVDはBDで買いたいなぁ。
12-15 13:29

今年の大河ドラマも今日が最終回ですね。今日の「新堂本兄弟」は明日の朝観ます。
12-15 08:47

おはようございます。
12-15 08:46

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「八重の桜」最終回「いつの日も花は咲く」感想。

***

八重の最後の一発は何なのか、視聴者に考えさせるラストは見事でした。ただ、争いを起こす為に使う力ではない事が示されていて、戦争が起こって軍国主義に傾きつつある国に警鐘を鳴らしている事が伺えるラストでした。会津編・京都編と二部構成で構成されていた今年の大河でしたが、最終回は八重が会津に戻って頼母と再会して、花は何度でも咲くと未来に希望はあるという比喩でメッセージ性を出した辺りは素晴らしかったですね。八重-頼母の関係性を提示して第一話とリフレインさせる事で、八重の生き方が変わっていない事も想起させる展開は見事の一言。また、襄の目指した平和な世界を軍国主義に傾いている徳富に対して、言論の自由の基に成り立つ力をどう使うのか問題提起する場面も印象的に描かれていて良かったです。とにかく「八重の桜」、メッセージ性が最初から最後まで強い作品で個人的に好みでした。以上、最終回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

西川さんが水樹奈々さんとのコラボで主題歌やってる「革命機ヴァルヴレイヴ2ndSEASON」も最終回が近そうだし、この時期は終わっていく番組が多いですね。
12-14 17:55

今年の秋ドラマも結構数観ている方だと思いますが、来週で「ミス・パイロット」以外最終回になってしまうのですね……。一年はあっという間だなぁ。
12-14 17:54

明日の「新堂本兄弟」が0時からスタートでチェック不可能な件。月曜日の朝を楽しみに待つしかなさそうだ。
12-14 17:50

@X4youX 西川貴教さんが好きという事でフォローさせて頂きました。来年発売予定の「Count ZERO」楽しみですね。
12-14 17:40

@tmrei0906 西川貴教さんが好きという事でフォローさせて頂きました。来年発売予定の「Count ZERO」楽しみですね。
12-14 17:38

@kirara300 西川貴教さんが好きという事でフォローさせて頂きました。来年発売される予定の「Count ZERO」楽しみですね。
12-14 17:36

今年の秋ドラマも最終回ラッシュですね。2013年もあっという間に年末に入っていきそうですな。
12-14 09:56

おはようございます。
12-14 09:55

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

地味にアードライが無印ガンダムSEEDのイザークみたいで、エルエルフの反逆した真相を知って命令違反をする辺りは特に似ております。中の人はルルーシュなんですが、アードライの変化も最高です。
12-13 08:29

無印ヴァルヴレイヴも神回が多かったですが、2ndSEASONも神回が満載でBDの発売が楽しみで仕方ありません。ショーコ-リーゼロッテの対比もありつつ、基本的にはハルトとエルエルフが主人公という対比構造は、コードギアスシリーズの対比構造の美しさに匹敵するものがありますね。
12-13 08:26

ヴァルヴレイヴ22話、人間とマギウスの共存できる世界を目指してハルトとエルエルフが約束する燃え燃えなエピソードでした。戦う理由を見つけた事でエルエルフが再起する所も熱いんですが、何故マギウスにハルトがなったのかショーコも知る辺りも絶妙な展開でたまらん。
12-13 08:24

おはようございます。
12-13 08:21

DATE: CATEGORY:Review-Japan
unchangedunchanged
(2006/05/31)
黒田倫弘

商品詳細を見る


6thアルバム。音楽の方向性は前作と変わらず、デジタルな要素を加えたポップな曲が中心となっている。そのせいか『SEED』の時のようなロック色の強い曲は影を潜め、聴き心地の良いポップな楽曲がほとんどである。ただ、楽曲の振れ幅が広い所は相変わらずなので、黒田倫弘の音楽性は変わらず進化を続けている。全部で九曲と収録曲は少ないが、それでも個性の強い曲が多いので、黒田倫弘のアイデンティティは今作でも前作同様新しい形で示されていると思う。曲が少ないからか短い時間で聴けてしまうので、何度も聴くうちに黒田の魅力にハマッていく事だろう。アルバムの構成もしっかり緩急がつけてあるので、バラードである#03が出てくる曲順も絶妙である。

<収録曲>
01.idioms
02.怪傑ラブミーテンダー
03.合鍵とナイフ
04.CLOVER
05.Fly me to the wind valley
06.忘却の刻
07.ボルケーノ
08.ナルシストは眠らない
09.CELL

『unchanged』の評価:★★★★

<関連記事>
-ソロ-
Wonder Drive(2013)/黒田倫弘/CDレビュー
Grumpy Diamonds(2012)/黒田倫弘/CDレビュー
VANNILA SKY(2011)/黒田倫弘/CDレビュー
ALWAYS(2010)/黒田倫弘/CDレビュー
フロンティア(2008)/黒田倫弘/CDレビュー
in depth(2005)/黒田倫弘/CDレビュー
SEED(2004)/黒田倫弘/CDレビュー
Future In Blue(2003)/黒田倫弘/CDレビュー
遠雷 Out Of The Garden(2002)/黒田倫弘/CDレビュー
Barefoot(2001)/黒田倫弘/CDレビュー

-バンド-
QUAD(2007)/SCARECROW/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
J album【通常盤】J album【通常盤】
(2009/12/09)
KinKi Kids

商品詳細を見る


11thアルバム。今回のアルバムに二人の共作曲は一曲も収録されておらず、改めてKinKi Kidsの原点に戻ったかのような作品となっている。だが、二人のヴォーカリゼーションのコンビネーションは相変わらずクオリティが高く、楽曲提供された曲のみが収録されたアルバムでも聴き応えのある作品となっている。シングル曲#07はこのアルバムの中では一見浮いた印象が伺えるが、その他の曲も個性的なだけに上手くマッチしているのが今作の特徴。切なくメランコリックな曲が冬にリリースされたアルバムだからか多く収録されており、KinKi Kidsの楽曲の特徴がシングルからアルバムまで拡大したような楽曲・構成で制作されている。初期の頃の初々しさがなくなっている事もあり、こういった原点回帰の作品を出しても色褪せないKinKi Kidsの魅力が実感できるのは個人的に素晴らしいと思う。ジャニーズっぽいポップスから脱却した作品もそれはそれで素晴らしいが、今回のように原点回帰していても十分凄い。それもそれこれも、KinKi Kidsのパフォーマンスのレベルの高さがあったからこそ実現できたのだし、リスナーの期待には十分応えていると思う。

<収録曲>
01.スワンソング
02.宝石をちりばめて
03.足音
04.約束
05.つばさ -little wing-
06.walk on...
07.Secret Code
08.憂鬱と虹
09.I will
10.Missing
11.風のソネット
12.愛について (*extra track)
13.Untitled track 13

『J album』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi KIds/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

KinKi KidsのCDレビューもようやくベスト盤が全部終わって一区切りつきましたが、『L album』のレビューをするまでレビューを毎日続けるつもりです。
12-12 08:30

おはようございます。
12-12 08:29

DATE: CATEGORY:Review-Japan
From ToFrom To
(2005/11/02)
平原綾香

商品詳細を見る


平原綾香、初のカバー・アルバム。近年ではクラシックをヴォーカル曲にリメイクしてカバーしているだけに、今作のようなストレートなカバー・アルバムは、平原綾香には珍しいかもしれない。オリジナル・アルバムと同様圧倒的なヴォーカリゼーションで名曲をカバーしているのでクオリティは高い。カバー曲のアレンジはデジタルな要素を交えたアコースティックなものが中心になっており、あくまでも平原綾香の音楽性の延長になっているのが良い。#10のようなカバー曲の定番も選曲されている他、福山雅治やサザンオールスターズなどカバーしている楽曲の振れ幅はオリジナル・アルバム並みに広い。平原綾香の力強い歌声に合った選曲もされており、個人的にはこのセレクトも素晴らしいと思う。日本ではカバーがあまり定着していないのでネガティブに捉えられがちだが、名曲をカバーする事で歌い継いでいく事も大切な事である。故に、個人的にはカバー・アルバムもオリジナル・アルバムも評価は変わらない。

<収録曲>
01.晩夏(ひとりの季節)
02.言葉にできない
03.いとしのエリー
04.いのちの名前
05.Missing
06.秋桜
07.True Love
08.桜坂
09.なごり雪
10.翼をください
11.あなたに

『From To』の評価:★★★★

<関連記事>
Winter Songbook(2014)/平原綾香/CDレビュー
my Classics selection(2014)/平原綾香/CDレビュー
What I am(2013)/平原綾香/CDレビュー
10th Anniversary SINGLE COLLECTION~Dear Jupiter~(2013)/平原綾香/CDレビュー
ドキッ!(2012)/平原綾香/CDレビュー
my Classics3(2011)/平原綾香/CDレビュー
my Classics2(2010)/平原綾香/CDレビュー
my Classics!(2009)/平原綾香/CDレビュー
Path of Independence(2008)/平原綾香/CDレビュー
Jupiter~平原綾香ベスト~(2008)/平原綾香/CDレビュー
そら(2007)/平原綾香/CDレビュー
4つのL(2006)/平原綾香/CDレビュー
The Voice(2004)/平原綾香/CDレビュー
ODYSSEY(2004)/平原綾香/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
Φ【通常盤】Φ【通常盤】
(2007/11/14)
KinKi Kids

商品詳細を見る


10thアルバム。リード・トラックの#01からして今までのKinKi Kidsにはなかった本格的なR&Bの楽曲になっており、KinKi Kidsのアーティスティックな一面が伺える。また、アルバム曲のクオリティも全曲シングル・カットしてもいいくらい高くなっており、個人的には今作がKinKi Kidsのアルバムの中では最高傑作となっている。アルバムの展開も何度聴いても飽きないくらい絶妙な曲順になっていて、二人の共作曲#11のクオリティも今までの共作曲と同様高い。また、剛と光一のヴォーカリゼーションもアルバムが発売されるごとにレベルが上がってきていて初期の頃のアンバランスさも今作やジャニーズらしいポップスから脱却したアルバムでは聴かれなくなってきている。それだけに二人のコンビネーションが絶妙で素晴らしいの一言だ。KinKi Kidsのメロディーの特徴である切なくメランコリックな流れも継承しており、アーティストとしてのKinKi Kidsが前面に出てきている作品である。今作の特徴としてはシングル曲も違和感なくアルバムの中に溶け込んでいる事が挙げられるだろう。堂本剛と堂本光一のアイデンティティが上手く組み合わさっていて、今作はKinKi Kidsの今までのアルバムの中でも特別な作品になっていると思う。

<収録曲>
01.lOve in the φ
02.涙、ひとひら
03.snapshot
04.the EDGE of the WORD
05.ラプソディー
06.風の色
07.Lose Control
08.since 1997
09.unchanged.
10.BRAND NEW SONG
11.銀色 暗号
12.ノー・チューンド
13.永遠に

『Φ』の評価:★★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi KIds/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky(2009)/剛紫/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ