最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は「新堂本兄弟」の収録なかったのかなー。ゲストの情報が一つも出てこない(汗)。
04-29 18:50

今日は「新堂本兄弟」の収録日ですね。今日は一体どんなゲストと収録をするのやら。楽しみです。
04-29 08:17

おはようございます。
04-29 08:16

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:Review-U.S.
リラプスリラプス
(2009/05/20)
エミネム、ドクター・ドレー 他

商品詳細を見る


前作から五年ぶりとなる白人ラッパー・エミネムのスタジオ・アルバム。コラボしているのはドクター・ドレーや50セントなど今までのアルバムでもコラボしてきたアーティスト名が掲載されている。歯に衣着せぬ過激なリリックは今作でも健在であり、ヒップホップ・アーティストでありながらロックな一面もあるというエミネムならではの二面性も素晴らしい。ロックのリスナーが求めるサウンドとはエレクトロの要素が強くて真逆になっているだろうが、エミネムのスタンスに興味のあるリスナーはぜひ一度エミネムの音楽に触れてほしい所である。久々のカムバック・アルバムと言う事でエミネムの音に飢えていたリスナーには最大級のプレゼントとなっただろう。これまでの作品に貫かれているものが無論今作も貫かれており、楽曲のどこを切り取ってもエミネムなのが見事の一言である。また、アルバムの流れもこれまでの作品を踏襲したものとなっており、エミネムのストーリーは続いているとすぐ理解できるのが良い。

<収録曲>
01.Dr. West (Skit)
02.3 A.M.
03.My Mom
04.Insane
05.Bagpipes From Baghdad
06.Hello
07.Tonya (Skit)
08.Same Song & Dance
09.We Made You
10.Medicine Ball
11.Paul (Skit)
12.Stay Wide Awake
13.Old Time's Sake
14.Must Be The Ganja
15.Mr. Mathers (Skit)
16.Deja Vu
17.Beautiful
18.Crack A Bottle
19.Steve Berman (Skit)
20.Underground

『Relapse』の評価:★★★★

<関連記事>
The Marshall Mathers LP 2(2013)/EMINEM/CDレビュー
Recovery(2010)/EMINEM/CDレビュー
Curtain Call:The Hits(2005)/EMINEM/CDレビュー
Encore(2004)/EMINEM/CDレビュー
THE EMINEM SHOW(2002)/EMINEM/CDレビュー
The Marshall Mathers LP(2000)/EMINEM/CDレビュー
The Slim Shady LP(1999)/EMINEM/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Europe,Other
ウェイ・バック・トゥ・ザ・ボーンウェイ・バック・トゥ・ザ・ボーン
(2009/11/26)
ソウル・ドクター

商品詳細を見る


FAIR WARNINGのヴォーカリスト・トミー・ハート率いるハードロック・バンドの4thアルバム。デビューした頃と変わらないストレートな正統派ロックを展開していて、ギタリストであるクリスのクオリティの高いギター・パフォーマンスが特徴的である。正統派ロックを持ち味にしているだけあり、普遍的な魅力もこのバンドにはあってロックが好きなリスナーにはぜひ一度聴いて欲しい作品である。メロディアス・ハードの曲調を求めているリスナーには今一つな作品かもしれないが、デビュー当時からの持ち味をトミーの所属するFIAR WARNINGとわかりやく差別化されているのも良い。トミーとクリスの鉄板コンビのパフォーマンスも進化し続けており、期待の高まる素晴らしい作品となっている。

<収録曲>
01.First Man On The Moon
02.Lightning And Thunder
03.Can't Stand Losing
04.Love Crashed Down (Boom Down!)
05.Times Of Yesterday
06.Here Comes The Night
07.Heartache, Heartbreak
08.Coming Home
09.Welcome To The Party
10.Take It While It's Hot
11.Revolution (Different Version)*
12.Danger (Different Version)*
*日本盤ボーナス・トラック

『Way Back To The Bone』の評価:★★★★

<関連記事>
Sundancer(2013)/FAIR WARNING/CDレビュー
Best And More(2012)/FAIR WARNING/CDレビュー
AURA(2009)/FAIR WARNING/CDレビュー
Brother's Keeper(2006)/FAIR WARNING/CDレビュー
A Decade Of Fair Warning(2001)/FAIR WARNING/CDレビュー
4(2000)/FAIR WARNING/CDレビュー
Early Warnings '92~'95(1997)/FAIR WARNING/CDレビュー
Rainmaker(1995)/FAIR WARNING/CDレビュー
FAIR WARNING(1992)/FAIR WARNING/CDレビュー
Blood Runs Cold(2007)/SOUL DOCTOR/CDレビュー
For A Fistful Of Dollars(2005)/SOUL DOCTOR/CDレビュー
Systems Go Wild!(2002)/SOUL DOCTOR/CDレビュー
SOUL DOCTOR(2001)/SOUL DOCTOR/CDレビュー
Dream And Deliver(2008)/DREAMTIDE/CDレビュー
Dreams For The Daring(2003)/DREAMTIDE/CDレビュー
Here Comes The Flood(2001)/DREAMTIDE/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

昨日の「新堂本兄弟」を早速編集してBDにダビングしました。次回はレギュラー放送に戻るという事で楽しみですね。
04-28 08:17

おはようございます。
04-28 08:16

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

去年の「八重の桜」もテーマは丁寧に描写されていたので、今年の大河ドラマも期待しております。秀吉-官兵衛の関係性は今作のキーになりそうな感じで描かれてて信長が本能寺の変で亡くなってからが「軍師官兵衛」の見所の一つになるのではと思っております。
04-27 18:57

今週も大河ドラマの感想ブログに書きました。「生命賛歌」のテーマは「機動戦士ガンダム00」ですでに通っているのですが、大河ドラマ独自の要素として人を信じる/信じないのテーマも加えられている所が憎らしいですね。
04-27 18:56

今日は「新堂本兄弟」600回記念SPですね。どんな映像が流れて、KinKi Kidsの二人や堂本メンバーがコメントするのか楽しみです。
04-27 08:58

おはようございます。
04-27 08:57

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」第十七回「捨てられた城」感想。

***

戦のない世を目指す天下布武=生命賛歌として描かれる「軍師官兵衛」の物語。信長が上月城を見捨てた事で信長の信頼が失われ、一つになっていた播磨が割れる上に、毛利勢に攻め入る隙を作ってしまうなど官兵衛のいる播磨は波乱含みの展開が続きます。現時点では人の命が散らない世の中を作る事で相互理解している秀吉-官兵衛の関係性が描かれており、この二人の関係性の行方も重要度が高そうです。また、戦で親を失った子供を積極的に引き受ける事で戦で生まれた悲劇を少しでも緩和させようと奔走する官兵衛の思想も丁寧に描写され、今後天下布武に向けて荒れていく世の中をどう官兵衛が駆け抜けていくのか期待が高まります。お紺が亡くなった事で小寺にもこれから何かしら動きがありそうで、播磨の波乱もまだまだ続きそうですね。戦国時代を描く「軍師官兵衛」の中で、おそらく官兵衛の対比として描かれている宇喜多の動向も重要度が高そうです。以上、第十七回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は時間があるから観てないTVドラマを消化しつつ、アニメのDVDでも観て過ごそう。
04-26 08:24

おはようございます。
04-26 07:51

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は「Mステ」のある金曜日ですね。相変わらず自分の聴いてるアイドルやアーティストが出てない時の方が多いですが、チェックしたいと思います。
04-25 08:02

おはようございます。
04-25 08:01

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

昔やってたサブカルの感想ブログは上手くいあったけど、音楽になるとアクセスアップする為に何か他に考えないといけないのかなぁ。
04-24 08:17

ブログでCDレビュー続けてるけど、固定読者層の獲得が上手くいってないのかアクセス数が相変わらず閑古鳥状態です。自分の中でその作品を整理する意味もあってレビューしてるんだけど、一桁から上に上がった事がないという。
04-24 08:15

おはようございます。
04-24 08:13

DATE: CATEGORY:Review-Japan
VOICEVOICE
(2008/11/26)
中島美嘉、MICA 3 CHU 他

商品詳細を見る


5thアルバム。クラブ色の強かった初期のアルバムとは違い、哀愁系のダンス・チューンを数多く収録した意欲作。楽曲の切なく儚いメロディーと中島美嘉のアイデンティティである切ないヴォーカリゼーションが合っていて、相乗効果で作品のクオリティを高めている。デビュー当時から中島美嘉はすでに中島美嘉だったので、ここで原点回帰せず進化する辺りは憎い所である。強靭なアイデンティティや圧倒的な歌唱力は無いが、今作は今作で中島美嘉の世界観を広げるのに一役買っているのが特徴である。中島美嘉、まだまだのびしろを残した貴重な女性ソロシンガーである。

<収録曲>
01.LIFE
02.SAKURA~花露~(DAISHI DANCE)
03.FOCUS
04.永遠の詩
05.ORION
06.あなたがいるから
07.MY GENTLEMAN
08.TRUST YOUR LOVE
09.IT'S TOO LATE
10.I DON'T KNOW
11.SHUT UP
12.conFusiOn
13.FLOWER OF TIME
14.声

『VOICE』の評価:★★★★

<関連記事>
ずっと好きだった~ALL MY COVERS~(2014)/中島美嘉/CDレビュー
REAL(2013)/中島美嘉/CDレビュー
STAR(2010)/中島美嘉/CDレビュー
YES(2007)/中島美嘉/CDレビュー
THE END(2006)/NANA starring MIKA NAKASHIMA/CDレビュー
BEST(2005)/中島美嘉/CDレビュー
MUSIC(2005)/中島美嘉/CDレビュー
LOVE(2003)/中島美嘉/CDレビュー
TRUE(2002)/中島美嘉/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

玉置成実ちゃんが三年ぶりにアルバムをリリースする事が決まって、ガンダムの曲をカバーするとかたまらん。予約が始まったら即予約しよう。ソースはこちら。http://t.co/EPtHbmBMAk
04-23 13:15

西川さんのリリース情報早く解禁になるといいなぁ。そう言えば今日は水曜日だからラジオの日ですね。それに加えて、今日は西川さんのTV出演もあるので楽しみです。
04-23 08:16

TM NETWORKの『DRESS2』、小室さんのソロ並みにカッコイイアレンジの曲ばっかりだ。しばらくはこれにハマりそう。
04-23 08:14

おはようございます。
04-23 08:14

DATE: CATEGORY:Review-Japan
DRESSDRESS
(2013/11/27)
TM NETWORK

商品詳細を見る


音楽業界では初の試みとなったTM NETWORKのリミックス・アルバム。TM NETWORKの代表曲を中心に収録し、楽曲のアレンジは80年代のダンス・ミュージックを反映したものとなった。宇都宮隆のヴォーカル・パフォーマンスは原曲のままだが、アレンジが変化しているのでオリジナルをよく知っている曲でも新鮮に聴く事が出来る。また、聴けば聴くほどオリジナルの方も聴き比べたくなり、音楽好きで一曲を細かく分析しているリスナーにはたまらない作品となっている。全体的にはオリジナル音源よりマスタリングの技術が上がっている事もあり、高音質で楽曲を聴く事が出来るのが素晴らしい。ユニットの中核を担っている小室哲哉の音楽性のぶれない芯を垣間見る事ができ、TM NETWORKのファンではないリスナーにも一度是非聴いてもらいたいものだ。80年代の頃のTM NETWORKは活動の全盛期だった事もあり、今作のようなチャレンジの大きい作品が多く生み出されていたのも納得がいく。現在では普通になっているデジタル・ミュージックのパイオニアだったTM NETWORKの本領ここにあり、である。

<収録曲>
01.COME ON EVERYBODY (With Nile Rodgers)
02.BE TOGETHER
03.KISS YOU (Kiss Japan)
04.DON'T LET ME CRY
05.COME ON LET'S DANCE (Dance Supreme)
06.SPANISH BLUE
07.GET WILD '89
08.RAINBOW RAINBOW
09.RESISTANCE
10.MARIA CLUB
11.CONFESSION

『DRESS』の評価:★★★★

<関連記事>
- TM NETWORK -
QUIT30(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
DRESS2(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999(2012)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 2(2009)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 1(2008)/TM NETWORK/CDレビュー
SPEEDWAY(2007)/TM NETWORK/CDレビュー
Welcome to the FANKS!(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
NETWORK~Easy Listening~(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
キヲクトキロク~Major Turn-Round~(2003)/TM NETWORK/CDレビュー
Major Turn-Round(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK/TMN BEST TRACKS ~A message to the next generation(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TIME CAPSULE(1996)/TM NETWORK/CDレビュー
EXPO(1991)/TMN/CDレビュー
RHYTHM RED(1990)/TMN/CDレビュー
CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-(1988)/TM NETWORK/CDレビュー
humansystem(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Gift for Fanks(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Self Control(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
GORILLA(1986)/TM NETWORK/CDレビュー
CHILDHOOD'S END(1985)/TM NETWORK/CDレビュー
RAINBOW RAINBOW(1984)/TM NETWORK/CDレビュー

- globe -
15YEARS -BEST HIT SELECTION-(2010)/globe/CDレビュー
new deal(2006)/globe/CDレビュー
maniac(2006)/globe/CDレビュー
globe2 Pop/Rock(2005)/globe/CDレビュー
globe decade-single history 1995-2004-(2005)/globe/CDレビュー
LEVEL4(2003)/globe/CDレビュー
Lights2(2002)/globe/CDレビュー
Lights(2002)/globe/CDレビュー
global trance(2001)/globe/CDレビュー
outernet(2001)/globe/CDレビュー
CRUISE RECORD 1995-2000(1999)/globe/CDレビュー
FIRST REPRODUCTS(1999)/globe/CDレビュー
Relation(1998)/globe/CDレビュー
Love again(1998)/globe/CDレビュー
FACES PLACES(1997)/globe/CDレビュー
globe(1996)/globe/CDレビュー

- ソロ -
TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(2014)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast3(2013)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast2(2011)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast(1989)/小室哲哉/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

そんな訳で相互理解をテーマにした「革命機ヴァルヴレイヴ」でアニメのDVDを集めるのは一段落するのかと思ってたけど、「キャプテン・アース」のBDを注文してしまったので、DVDを置く場所的にもこの作品で本当に最後の一区切りになると思う。
04-22 20:23

第22話でハルトとエルエルフの目的が同じになるのと同じように、エピローグのショーコのパイロット・スーツ姿で相互理解のテーマは描ききっていると思われるので今更ながら熱い。
04-22 20:21

「革命機ヴァルヴレイヴ2ndSEASON」の第五巻が届いて、ヴァルヴレイヴのBDも残す所あと一枚となりました。こうやってヴァルヴレイヴの物語を観直していくと、相互理解がテーマの作品だったんだなぁと感慨深い。
04-22 20:19

今日は「新堂本兄弟」の収録日ですね。どんなゲストの収録をするのか楽しみです。
04-22 09:00

おはようございます。
04-22 09:00

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

「新堂本兄弟」は朝一にチェックして編集してBDにダビングしました。ダチョウ倶楽部さんの回は問題作だったけど、来週は600回記念という事で堂本メンバーのトークが楽しみですね。
04-21 08:00

おはようございます。
04-21 07:58

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

前言撤回。タイムシフト予約も入れないと最初は言いつつだったけど、結局予約入れてSUJの放送観てる。
04-20 17:11

SUJの放送時間が夕飯とかぶっててチェックできないという件。三時間の放送をタイムシフトでイエノミみたいに観るのも大変そうだし、フォロワーさんのコメント読むくらいでいいかなぁ。
04-20 09:45

今日はSUJと「新堂本兄弟」の放送日ですね。SUJの方は時間が合わないので観ないと思いますが、「新堂本兄弟」は必ずチェックしたいと思います。
04-20 09:39

おはようございます。
04-20 09:37

@tmr_abs0506 西川さんが好きという事でフォローさせて頂きました。レコーディングの情報解禁楽しみですね。
04-20 09:32

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」第十六回「上月城の守り」感想。

***

今回のエピソードで光と左京進の別れが描かれると同時に、黒田家の人間となった光の命の重さを提示しておりました。「生命賛歌」のテーマここにありの展開ですね。播磨が分断され毛利軍が圧倒的に有利になる中、秀吉の軍師・半兵衛が病で倒れるなど秀吉関連の動きも村重から信頼を得られていない事を筆頭に丁寧に描かれていて、登場人物の多い群像劇として密度の濃いドラマを展開していて良いですね。何度も書いておりますが、「生命賛歌」・人を信じる/信じないのテーマを提示している今作。序盤は官兵衛-宇喜多の対比がメインで描かれておりますが、信長が朝廷との関係にこだわらない個人として描かれる辺りは今後の伏線となりうるのか要注目ですね。初めて信長のアイデンティティが提示された訳ですが、本能寺の変までに信長がどんな伏線を置いていくのか楽しみです。以上、第十六回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

新曲の詳細や発売日も決まってないからT.M.R.の可能性が高そうだけど、2012年に両方ともレコーディングしてたから情報解禁されてみないとわからないですね。
04-19 08:04

西川さん作詞してるのかぁ。a.b.s.の再始動フラグだったらいいなぁ。個人的にはT.M.R.のオリジナルアルバムでも良いけど。
04-19 07:59

おはようございます。
04-19 07:58

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

相変わらず西川さんはジャンル関係なく大量にアニメ観てるなぁ。基本的にSFロボット・アニメが好きな自分としては、テーマの描写が丁寧な「キャプテン・アース」と西川さんが主題歌してる「ディスクウォーズアベンジャーズ」の二本で十分だなぁ。
04-18 10:16

自分の聴いてるアーティストは出てないけど、最新のメインストリームの曲をチェックするには「Mステ」が一番なんですよね。そんな訳で夜が楽しみです。
04-18 08:53

おはようございます。
04-18 08:48

DATE: CATEGORY:Review-Japan
Digitalian is eating breakfastDigitalian is eating breakfast
(1989/12/09)
小室哲哉

商品詳細を見る


当時TM NETWORKに所属していた小室哲哉の1stソロ・アルバム。80年代のTM NETWORKのサウンドと方向性が同じだが、小室哲哉自身が歌唱している楽曲が多く、90年代の音楽プロデューサー・小室哲哉とはかなり違う作品となっている。90年代のブレイクで音楽ブロデューサーのポジションを確立させた小室哲哉だが、TM NETWORKの活動や楽曲提供が中心だった80年代にもチャレンジの精神の強いソロ・アルバムを発売していたのは、小室哲哉のキャリアの中で重要なポイントになると思う。TM NETWORK同様、打ち込み中心のデジタル・サウンドをメインに聴いているリスナーには是非とも聴いて欲しい一枚だ。

<収録曲>
01.DIGITALIAN
02.SHOUT
03.OPERA NIGHT
04.I WANT YOU BACK
05.GRAVITY OF LOVE
06.HURRAY FOR WORKING LOVERS
07.NEVER CRY FOR ME
08.WINTER DANCE
09.RUNNING TO HORIZON
10.CHRISTMAS CHORUS

『Digitalian is eating breakfast』の評価:★★★★

<関連記事>
- TM NETWORK -
QUIT30(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
DRESS2(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999(2012)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 2(2009)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 1(2008)/TM NETWORK/CDレビュー
SPEEDWAY(2007)/TM NETWORK/CDレビュー
Welcome to the FANKS!(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
NETWORK~Easy Listening~(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
キヲクトキロク~Major Turn-Round~(2003)/TM NETWORK/CDレビュー
Major Turn-Round(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK/TMN BEST TRACKS ~A message to the next generation(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TIME CAPSULE(1996)/TM NETWORK/CDレビュー
EXPO(1991)/TMN/CDレビュー
RHYTHM RED(1990)/TMN/CDレビュー
DRESS(1989)/TM NETWORK/CDレビュー
CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-(1988)/TM NETWORK/CDレビュー
humansystem(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Gift for Fanks(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Self Control(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
GORILLA(1986)/TM NETWORK/CDレビュー
CHILDHOOD'S END(1985)/TM NETWORK/CDレビュー
RAINBOW RAINBOW(1984)/TM NETWORK/CDレビュー

- globe -
15YEARS -BEST HIT SELECTION-(2010)/globe/CDレビュー
new deal(2006)/globe/CDレビュー
maniac(2006)/globe/CDレビュー
globe2 Pop/Rock(2005)/globe/CDレビュー
globe decade-single history 1995-2004-(2005)/globe/CDレビュー
LEVEL4(2003)/globe/CDレビュー
Lights2(2002)/globe/CDレビュー
Lights(2002)/globe/CDレビュー
global trance(2001)/globe/CDレビュー
outernet(2001)/globe/CDレビュー
CRUISE RECORD 1995-2000(1999)/globe/CDレビュー
FIRST REPRODUCTS(1999)/globe/CDレビュー
Relation(1998)/globe/CDレビュー
Love again(1998)/globe/CDレビュー
FACES PLACES(1997)/globe/CDレビュー
globe(1996)/globe/CDレビュー

- ソロ -
TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(2014)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast3(2013)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast2(2011)/小室哲哉/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今年もリンキン・パークとか洋楽アーティストのリリースが多そうで楽しみです。モトリー・クルーとかHM/HRのアーティストは、西川さんの影響で聴き始めたからなぁ。ヒップホップやR&B以外の洋楽アーティストはほとんど西川さんの影響です。
04-17 08:47

おはようございます。
04-17 08:45

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は「ディスクウォーズアベンジャーズ」と西川さんのラジオがある日なので楽しみです。「ディスクウォーズアベンジャーズ」意外と熱い展開が多そうなので期待しております(BDは購入しないけど)。
04-16 08:18

おはようございます。
04-16 08:08

DATE: CATEGORY:Music News
ホワイル・ユー・ワー・スリーピングホワイル・ユー・ワー・スリーピング
(2014/06/04)
ホセ・ジェームス

商品詳細を見る


ホセ・ジェイムズ約一年ぶりとなるスタジオ・アルバムは、ジャズの要素も含みつつギターを迎えて新境地を切り開くようです。去年アルバムがリリースされたばかりなのでペースが早いですが、期待が高まります。

ノー・ビギニング・ノー・エンドノー・ビギニング・ノー・エンド
(2013/01/16)
ホセ・ジェイムズ

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
FIRST REPRODUCTSFIRST REPRODUCTS
(1999/03/31)
globe

商品詳細を見る


新曲#05を含むglobe初のリプロダクト・アルバム。単なるリミックスだけではなくライブ・ヴァージョンも収録されており、振れ幅の広いアレンジを提示しているのが今作の特徴である。リミックスは基本的にオリジナルのヴォーカルを活かした形で行われているので、普段リミックスを聴かないリスナーにも聴きやすい作品となっている。また、今作のリプロダクトにはTKが参加していないので、外部のミキサーの手腕が問われるがクオリティの高い作品に仕上がっていると思う。90年代にリリースされた作品なので、2010年代のリミックスと比べると古臭いアレンジが多いかもしれないが、TKが作った楽曲のクオリティが高いので今でも十分聴き込める作品となっている。個人的にはダンス・ミュージックに興味のあるリスナーに、是非とも一度聴いて欲しい作品だ。

<収録曲>
01.Sa Yo Na Ra (Junior's global mix)
02.Perfume of love(Junior's global mix)
03.Feel Like dance(below the belt remix)
04.So far away from home (Beautiful Journey)(nomad remix)
05.MISS YOUR BODY(studio tracks)
06.FACES PLACES(live version)
07.DEPARTURES(fallen angel remix)
08.Is this love(method of madness remix)
09.Joy to the love(live version)
10.Anytime smokin' cigarette(live version)

『FIRST REPRODUCTS』の評価:★★★★

<関連記事>
- TM NETWORK -
QUIT30(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
DRESS2(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999(2012)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 2(2009)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 1(2008)/TM NETWORK/CDレビュー
SPEEDWAY(2007)/TM NETWORK/CDレビュー
Welcome to the FANKS!(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
NETWORK~Easy Listening~(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
キヲクトキロク~Major Turn-Round~(2003)/TM NETWORK/CDレビュー
Major Turn-Round(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK/TMN BEST TRACKS ~A message to the next generation(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TIME CAPSULE(1996)/TM NETWORK/CDレビュー
EXPO(1991)/TM NETWORK/CDレビュー
RHYTHM RED(1990)/TMN/CDレビュー
DRESS(1989)/TM NETWORK/CDレビュー
CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-(1988)/TM NETWORK/CDレビュー
humansystem(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Gift for Fanks(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Self Control(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
GORILLA(1986)/TM NETWORK/CDレビュー
CHILDHOOD'S END(1985)/TM NETWORK/CDレビュー
RAINBOW RAINBOW(1984)/TM NETWORK/CDレビュー

- globe -
15YEARS -BEST HIT SELECTION-(2010)/globe/CDレビュー
new deal(2006)/globe/CDレビュー
maniac(2006)/globe/CDレビュー
globe2 Pop/Rock(2005)/globe/CDレビュー
globe decade-single histry 1995-2004-(2005)/globe/CDレビュー
LEVEL4(2003)/globe/CDレビュー
Lights2(2002)/globe/CDレビュー
Lights(2002)/globe/CDレビュー
global trance(2001)/globe/CDレビュー
outernet(2001)/globe/CDレビュー
CRUISE RECORD 1995-2000(1999)/globe/CDレビュー
Relation(1998)/globe/CDレビュー
Love again(1998)/globe/CDレビュー
FACES PLACES(1997)/globe/CDレビュー
globe(1996)/globe/CDレビュー

- ソロ -
TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(2014)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast3(2013)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast2(2011)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast(1989)/小室哲哉/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

西川さんの消臭力の新CM観ました。月9の時間帯のは何パターンかオンエアされたのかなぁ。
04-15 08:06

今日は用事があるのでそんなにのんびりできないけど、いつも通りiPODを二台持っていくので時間は潰せる。
04-15 08:05

おはようございます。
04-15 08:02

DATE: CATEGORY:Music News
アニマル・アンビション・アン・アンテイムド・デザイア・トゥ・ウィンアニマル・アンビション・アン・アンテイムド・デザイア・トゥ・ウィン
(2014/06/04)
50セント

商品詳細を見る


50centの約五年ぶりとなるスタジオ・アルバムが今年の六月に発売決定!!長らくアルバムのリリースがなかったので期待が高まります。今年最初のヒップホップは50centで決まりですな。

ビフォア・アイ・セルフ・デストラクト~自我崩壊の日。(初回生産限定特別価格)ビフォア・アイ・セルフ・デストラクト~自我崩壊の日。(初回生産限定特別価格)
(2009/11/18)
50セント

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

例のごとく「新堂本兄弟」を編集してBDにダビングしました。次回はダチョウ倶楽部が出るみたいで、どんな放送になるのか楽しみです。
04-14 08:06

おはようございます。
04-14 08:04

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
システマティック・ケイオスシステマティック・ケイオス
(2012/09/12)
ドリーム・シアター

商品詳細を見る


9thアルバム。前作のようなポップ色の強い楽曲は少なくなり、メタル色の強いアルバムとなっている。また、ヴォーカリストであるジェイムズ・ラブリエのヴォーカリゼーションもどちらかと言うとメタル寄りの歌唱スタイルになり、バンドの音もかなりヘヴィでダークなメタルになっているのが今作の特徴。だが、過去作とは明らかに違う今作ならではのアイデンティティを確立しているのは素晴らしい限りである。組曲形式の楽曲がリード・トラックとラストに配置されていて、コンセンプチュアルな作風も相変わらずで、筆者がそんなにプログレを聴いている訳ではないが、プログレ・メタルのバンドの中で抜きんでている所はさすがだ。ジャケットのアートワークも前作とは打って変わって暗い印象が強く、メタルに傾いているバンドの音と合っていると思う。楽曲の間奏でこれでもかというパフォーマンスをして圧倒するテクニカルな一面も一貫して貫かれており、バンドの結束も最高である。

<収録曲>
01.In The Presence Of Enemies Pt. 1: I. Prelude / II. Resurrection
02.Forsaken
03.Constant Motion
04.The Dark Eternal Night
05.Repentance: VIII. Regret / IX. Restitution
06.Prophets Of War
07.The Ministry Of Lost Souls
08.In The Presence Of Enemies Pt. 2: III. Heretic / IV. The Slaughter of the Damned / V. The Reckoning / VI. Salvation

『Syatematic Chaos』の評価:★★★★

<関連記事>
DREAM THEATER(2013)/DREAM THEATER/CDレビュー
A Dramatic Turn Of Events(2011)/DREAM THATER/CDレビュー
Black Clouds & Silver Linings(2009)/DREAM THATER/CDレビュー
Greatest Hit (...And 21 Other Pretty Cool Songs)(2008)/DREAM THEATER/CDレビュー
Octavarium(2005)/DREAM THEATER/CDレビュー
Train Of Thought(2003)/DREAM THEATER/CDレビュー
Six Degrees Of Inner Turbulence(2002)/DREAM THEATER/CDレビュー
Metropolis PT 2: Scenes From a Memory(1999)/DREAM THEATER/CDレビュー
Falling Into Infinity(1997)/DREAM THEATER/CDレビュー
Awake(1994)/DREAM THEATER/CDレビュー
Images And Words(1992)/DREAM THEATER/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
BEST TRACKS~A message to the next generation~BEST TRACKS~A message to the next generation~
(2000/03/23)
TM NETWORK:TMN、TM NETWORK 他

商品詳細を見る


2000年に発売されたTM NETWORK・TMNのベスト盤。ベスト盤の数が多いアーティストではあるが、個人的にはこのベスト盤の選曲が気に入っている。TM NETWORKのオリジナル・アルバムを求めているリスナーには今一つな内容かもしれないが、アルバム一枚分で大体の曲はピックアップされている点が強い。故にTM NETWORK・TMNを聴き直す時にはこのベスト盤から聴き直す時が多い。また、アップテンポな曲が多くバラードが少ないのも今作の特徴の一つであり、一枚のアルバムとして聴いた場合アグレッシブな印象が強くなるという事もあると思う。TM NETWORK・TMNと言えばベスト盤が多いが、個人的におすすめなベスト盤はこの作品である。

<収録曲>
01.Love Train
02.Be Together
03.Come On Everybody
04.Kiss You
05.Rhythm Red Beat Black
06.金曜日のライオン
07.Accident
08.Human System
09.Fool On The Planet
10.Self Control
11.All-Right All-Night
12.We Love The Earth
13.Dive Into Your Body
14.Wild Heaven
15.Get Wild

『TM NETWORK/TMN BEST TRACKS ~A message to the next generation』の評価:★★★★

<関連記事>
- TM NETWORK -
QUIT30(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
DRESS2(2014)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999(2012)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 2(2009)/TM NETWORK/CDレビュー
TM NETWORK THE SINGLES 1(2008)/TM NETWORK/CDレビュー
SPEEDWAY(2007)/TM NETWORK/CDレビュー
Welcome to the FANKS!(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
NETWORK~Easy Listening~(2004)/TM NETWORK/CDレビュー
キヲクトキロク~Major Turn-Round~(2003)/TM NETWORK/CDレビュー
Major Turn-Round(2000)/TM NETWORK/CDレビュー
TIME CAPSULE(1996)/TM NETWORK/CDレビュー
EXPO(1991)/TMN/CDレビュー
RHYTHM RED(1990)/TMN/CDレビュー
DRESS(1989)/TM NETWORK/CDレビュー
CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-(1988)/TM NETWORK/CDレビュー
humansystem(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Gift for Fanks(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
Self Control(1987)/TM NETWORK/CDレビュー
GORILLA(1986)/TM NETWORK/CDレビュー
CHILDHOOD'S END(1985)/TM NETWORK/CDレビュー
RAINBOW RAINBOW(1984)/TM NETWORK/CDレビュー

- globe -
15YEARS -BEST HIT SELECTION-(2010)/globe/CDレビュー
new deal(2006)/globe/CDレビュー
maniac(2006)/globe/CDレビュー
globe2 Pop/Rock(2005)/globe/CDレビュー
globe decade-single history 1995-2004-(2005)/globe/CDレビュー
LEVEL4(2003)/globe/CDレビュー
Lights2(2002)/globe/CDレビュー
Lights(2002)/globe/CDレビュー
global trance(2001)/globe/CDレビュー
outernet(2001)/globe/CDレビュー
CRUISE RECORD 1995-2000(1999)/globe/CDレビュー
FIRST REPRODUCTS(1999)/globe/CDレビュー
Relation(1998)/globe/CDレビュー
Love again(1998)/globe/CDレビュー
FACES PLACES(1997)/globe/CDレビュー
globe(1996)/globe/CDレビュー

- ソロ -
TETSUYA KOMURO EDM TOKYO(2014)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast3(2013)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast2(2011)/小室哲哉/CDレビュー
Digitalian is eating breakfast(1989)/小室哲哉/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今週も大河ドラマの感想ブログに書きました。左京進との関係性が悪化して、播磨が一気に分断されるサブタイ通りの展開は人を信じる/信じないのテーマもありつつ圧巻でした。
04-13 18:58

「キャプテン・アース」が期待以上のクオリティで素晴らしい。四人の少年少女の群像劇が物語の特徴の一つなので、第二話以降のキャラクターの関係性も要注目だなぁ。
04-13 08:16

西川さんの新番組アニマゲ観ました。以前レギュラーをしていた「MAGネット」と似たような感じの番組でしたね。松井玲奈さんとの絡みも良かったです。
04-13 08:14

おはようございます。
04-13 08:09

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」第十五回「播磨分断」感想。

***

人を信じる/信じないをテーマに大局的な動きなどを描いたエピソード。官兵衛のせいで力の幸せを奪ったと思って官兵衛を恨む左京進との関係性で、ミクロな人を信じる/信じないのテーマを丁寧に描写しておりました。次回はさらに溝が深まって左京進と官兵衛が敵対しそうな感じですが、身内同士の戦がいったんは平定されたかと思われた播磨の地で起こるのは悲劇的に描かれております。また、本願寺との対立では信長を信じる事はできないという意見が根強く、村重の説得も空振りとなり、責任を問われた村重は秀吉の下で戦う事で挽回を狙う。村重もまた秀吉同様信長を信じていますが、積年の恨みには勝る事ができないという現実を突き付けられて、物語のテーマ的にはネガティブな面が多く描写されていたと思うので、今後の展開で人を信じる力でひっくり返すカタルシスを期待したいですね。以上、第十五回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ