最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimalightmihimalight
(2011/09/07)
mihimaru GT、古坂大魔王 他

商品詳細を見る


通算六枚目のオリジナル・アルバム。今回は客演陣が参加した楽曲が少なくなって、二人でパフォーマンスしている楽曲が増えている。そのせいもあってか、mihimaru GTがデビュー時から提示していたヒップポップの音楽性がより濃いものになっている気がする。ヒップポップの基盤はヒップホップなので、今まで同様有名な楽曲をサンプリングした楽曲も収録されており、mihimaru GTの音楽性はアルバムをリリースするごとに洗練されたものになっていっていると思う。miyakeのラップの存在感も以前より増していて、HIROKOの透明感溢れるヴォーカル・パフォーマンスに相乗効果で合っているスキルフルなラップを展開しているのが良い。やはり二人の存在感は抜群で、ヒップホップをここまでポップにパフォーマンスできるmihimaru GTはユニットとして貴重である。テンポの速い曲も魅力的で、mihimaru GTの原点に回帰している所も素晴らしい。

<収録曲>
01.Theme of mihimaLIVE 4
02.エボ★レボリューション
03.Thank U 4 Today
04.Neo Generator
05.今夜もCinderella
06.Di-lemma
07.1/2のしあわせ
08.マスターピース
09.880~EiEiO!!!!!!!!
10.カッ・チャ・イナ
11.オメデトウ
12.ラジマルGT 傑作トーク集 part. 3

『mihimalight』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru Gt2(2012)/mihmaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

てっきり今年のKinKi Kidsとしてのリリースはシングルだけかと思ってたから、『M album』の発売決定は嬉しすぎる。KinKi Kidsはシングルを買わないでアルバムで揃えているから余計ですね。
10-30 21:13

KinKi Kidsの『M album』何とか今日中に予約完了した。いつも通りボーナス・トラックのある通常盤で予約。12月も楽しみだなぁ。
10-30 16:24

今日は映画を観に映画館へ出かけてきます。久々の映画なので楽しみです。
10-30 07:12

おはようございます。
10-30 07:12

DATE: CATEGORY:Music News
M album 【通常盤】M album 【通常盤】
(2014/12/10)
KinKi Kids

商品詳細を見る


KinKi Kids、今年の十二月にリリースされる待望の通算14作目のオリジナル・アルバムは、前作に引き続き豪華二枚組仕様。今回もコンセプチュアルな作品となっているので、期待が高まります。初のセルフカバーが収録されるという事で、音楽性の振れ幅がかなり広がりそうなので楽しみ。

L album(通常盤)L album(通常盤)
(2013/12/04)
KinKi Kids

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

TM NETWORKの『QUIT30』、昨日ようやく全部聴けましたが、『SPEEDWAY』とは全く違う音でたまりません。『DRESS2』も好きだけど、こっちも好きだな。再結成後のTM NETWORKの音楽性が合わない人は、昔の作品だけ聴いてたらいいんじゃないでしょうかね。
10-29 07:38

おはようございます。
10-29 07:36

DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimaballadsmihimaballads
(2010/06/16)
mihimaru GT

商品詳細を見る


mihimaru GT初のバラード・ベスト。あまりバラードのイメージのないユニットだけにバラード・ベストはかなり異色なベスト盤となっている。mihimaru GTと言えばアップテンポな楽曲にポジティブな歌詞が乗っかるどちらかと言うとアグレッシブなイメージが強いので、こうやってバラードが並ぶと意外な一面が見えてきてなかなか興味深いベスト盤だ。リアレンジされて収録されている楽曲もあり、元々これまでのアルバムを持っているリスナーにも購買意欲を湧かせるベスト盤となっている。個人的にはHIROKOのヴォーカル・パフォーマンスはバラードでも十分魅力が溢れているという事を再確認させる作品となった。その分、miyakeのラップが引っ込んでしまっている印象が強いが、バラードでのラップは難しいのでこれまで通りの音楽性の方向でユニットの魅力は十分活かせると思う。何はともあれ、HIROKOの声質がバラードともかなり合っているのは嬉しい再発見だった。mihimaru GTの意外な一面を一度聴いてみたいリスナーにはおすすめである。

<収録曲>
01.Love Letter
02.幸せになろう
03.diverge
04.恋する気持ち
05.Love is...
06.So Merry Christmas -take 06-
07.Squall
08.Disconsolate
09.ホシノスナ -take 10-
10.ALIVE
11.さよならのうた
12.YES
13.オメデトウ
14.かけがえのない詩
15.手をのばせば
16.恋する気持ち ~5 years later~

『mihimaballads』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalight(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

TM NETWORKのアルバム『QUIT30』まだ全部聴いてませんが、クオリティの高い楽曲と構成で早くも前作越えしそうです。相変わらずTKのアレンジが神ですね。
10-28 15:36

今日はおよそ七年ぶりとなるTM NETWORKのオリジナル・アルバム『QUIT30』がフラゲできる事になっているので楽しみです。豪華二枚組なので内容も充実してそう。
10-28 07:44

おはようございます。
10-28 07:43

DATE: CATEGORY:Music News
レベル・イレヴンレベル・イレヴン
(2014/12/17)
ラスト・オータムズ・ドリーム

商品詳細を見る


LAST AUTUMN'S DREAM、通算十一作目となるスタジオ・アルバムを毎年恒例となる十二月にリリース決定!!最近はポップ色が強くなってきているので、今回もそんな音楽性の延長線上になりそうな可能性が高いですが、個人的に嫌いではないので期待が高まります。

PLATFORM - 10TH ANNIVERSARY BESTPLATFORM - 10TH ANNIVERSARY BEST
(2013/12/18)
ラスト・オータムズ・ドリーム

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は午後から用事があるのであんまりのんびりできないですね。それにしても、あっという間にTM NETWORKのアルバムの発売日がやって来るなぁ。
10-27 07:35

おはようございます。
10-27 07:33

DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimalogy(初回限定)(DVD付)mihimalogy(初回限定)(DVD付)
(2010/02/24)
mihimaru GT、SOFFet 他

商品詳細を見る


5thアルバム。前作と同様客演陣を加えての楽曲が数曲収録されており、ヒップホップのスタイルに近い作品となっている。ヒップポップが自らのスタイルと提示するmihimaru GTのアルバムも今作で通算五枚目を数えるものの、軸にあるポップな音楽性は一度もブレていない。HIRKOの透明感溢れるヴォーカル・パフォーマンスが活きるキャッチーな曲もシングル曲だけでも健在で、相変わらずスキルの高いラップを披露するmiyakeとのコンビネーションは素晴らしいの一言である。個人的には、アルバムに収録された楽曲とは別に二人の素が伺える#13のようなトラックも好きだ。客演陣によって色を変える楽曲のバラエティ感が凄まじく、ごった煮の音楽性とは逆の一本の芯のようなストレートなアプローチの楽曲が多い事もmihimaru GTの特徴の一つと言えるだろう。五枚続けて同じスタイルの作品をリリースして決してマンネリしない辺りは、音楽性のコンセプトが最初から具体的に決まっているからに違いない。故に今作も貴重な作品の一つになったと思う。

<収録曲>
01.Theme of mihimaLive3
02.アンロック
03.777
04.幸せになろう
05.サヨナラは言わなかった
06.SIGNAL
07.す・か・ん・く
08.Switch
09.Love Letter
10.とろけちゃうダンディ~
11.泣き夏
12.道しるべ
13.ラジマルGT 傑作トーク集
14.ドス恋

『mihimalogy』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalight(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

一青窈さんの新作『私重奏』も独特な歌詞とごった煮の音楽性が良くてクオリティが高いんですが、久々のアルバムだけに嬉しすぎる。このアルバムも最近良く聴いてます。
10-26 07:46

TM NETWORKの七年ぶりのオリジナル・アルバム『QUIT30』の発売日が近づいてきてて、早く聴きたい気持ちが強くなってきてる。何度も書いている気がしますが、「QUIT30」の組曲も楽しみだけど、その他の曲も楽しみだなぁ。
10-26 07:31

今日は用事が何もないのでゆっくりしたいと思います。
10-26 07:24

おはようございます。
10-26 07:24

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」第四十三回「如水誕生」感想。

***

生命賛歌のテーマの下、官兵衛が如水となって秀吉に命の使い方を語る場面は印象的でした。朝鮮出兵が一段落して、長政が家康に会って、関係性を構築するなど今後の群像劇の伏線も張ってあって見応えがありましたね。秀次は切腹を申しつけられてしまうのが史実なので、今回ラストの引きで描かれた謀反の疑いがそのきっかけとなっていくのでしょう。官兵衛の助命を嘆願する書が秀吉の下に届いた時、淀の書もあった事からおねの力添えである事が発覚する場面は、これまで積み重ねてきた官兵衛-おねの絆の堅さが表に出てて素晴らしかったです。変わってしまった秀吉といつまでも変わらないおねという対比の意味もあるのでしょうが、官兵衛にとって頼れる存在である事は確かなようです。次回以降も怒涛の展開が続くようで期待が高まります。以上、短いですが第四十三回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimaniaII~コレクション アルバム~(期間限定)mihimaniaII~コレクション アルバム~(期間限定)
(2008/11/19)
mihimaru GT、古坂大魔王 他

商品詳細を見る


コレクションアルバム第二弾。前作と同様マニアックな楽曲が収録されているミニ・アルバムである。ヒップポップの音楽性の延長線上にある楽曲が収録されており、全体的にキャッチーでポップな聴きやすい曲が収録されている。個人的に好きなHIROKOとmiyakeの絡みも最高であり、オリジナル・アルバムが長いと感じるリスナーはコアだがコレクションアルバムからmihimaru GTに入るのもありだと思う。透明感溢れるHIROKOのヴォーカルも時間が経つうちに成熟してきていて、デビュー時よりも確実に進化している。J-POPの中にヒップポップという独自の路線を刻みつけたmihimaru GTは貴重なユニットだと思う。

<収録曲>
01.Future Language
02.Together
03.幸せなトキ
04.BOW WOW SYSTEM GO
05.恋の確率変動
06.Wassyoi !!
07.ビバケーション
08.So Merry Christmas ~WINTER BREEZE REMIX~

『mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/miimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalight(2011)/mijhimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

アニメ全体と言っても無印種以降も最高二、三作品しか視聴していないのだった。だったらあまりアニメ観る量も変わってないなぁ。
10-25 09:14

今季何だかんだでクロスアンジュ、Gレコとロボットアニメは観ているので、アニメ全体の観る量は減っても自分好みの作品はおさえているかなと思います。
10-25 09:10

クロスアンジュ第三話は、ヴィルキスの覚醒とアンジュの生きたい心理描写のシンクロ率が半端なくて、メカバトルも凄すぎてここまで観てきて良かった感がかなりありました。二話目で切らなくて正解だった。これを越える展開が中盤以降あると思うと、これからの展開も楽しみだ。
10-25 07:50

海外の方からフォローされたんだけど、いつも好きな音楽の羅列でレスが終わってて大丈夫かなぁと思う。
10-25 07:45

おはようございます。
10-25 07:45

@MiloMN Thanks Follow Me.My Favorite Music is AEROSMITH,BON JOVI,Motley Crue,Sixx:A.M.,GODSMACK...
10-25 07:41

DATE: CATEGORY:Review-U.K.
アングリー・モブ~怒れる群集アングリー・モブ~怒れる群集
(2007/02/26)
カイザー・チーフス

商品詳細を見る


2ndアルバム。前作と同様ヴォーカリストの独特なヴォーカル・パフォーマンスやギターを始めとするグルーヴが唯一無二な感じになっていて、クオリティの高いロックの作品になっている。このバンドと言えば、疾走感あるロック・チューンも似合うし、すでに独特なアイデンティティを二作目までの時点で作ってしまったも同然だと思う。制作期間がデビュー・:アルバムより少ない為、2ndで評価を落とすバンドが多い中、今作はバンドの良い部分のみを引き継いで新たなバンドのアイデンティティを構築している。個人的には前述した通りヴォーカルとギターを始めとするメンバーの音の絡み合いが独特なグルーヴを生んでいてたまらない。アコースティックなアプローチも取り込んできているKaiser Chiefs、UKロックのバンドで意外と侮れないバンドかもしれない。UKロックの洋楽を聴けるリスナーには一度ぜひ聴いて欲しい作品である。

<収録曲>
01.Ruby
02.The Angry Mob
03.Heat Dies Down
04.Highroyds
05.Love's Not A Competition (But I'm Winning)
06.Thank You Very Much
07.I Can Do It Without You
08.My Kind Of Guy
09.Everything Is Average Nowadays
10.Boxing Champ
11.Learnt My Lesson Well
12.Try Your Best
13.Retirement
14.Admire You*
15.I Like To Fight*
*ボーナス・トラック

『Yours Truly,Angry Mob』の評価:★★★★

<関連記事>
Education,Education,Education & War(2014)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Souvenir:The Singles 2004-2012(2012)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
The Future Is Medieval(2011)/Kaiser Chiefs/CDレビュー
Off With Their Heads(2008)/KAISER CHIEFS/CDレビュー
Employment(2005)/Kaiser Chiefs/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimarise(初回限定盤)(DVD付)mihimarise(初回限定盤)(DVD付)
(2008/05/28)
mihimaru GT、古坂大魔王 他

商品詳細を見る


4thアルバム。客演陣に九州男やスキマスイッチの常田真太郎を迎えて制作された楽曲が収録されており、今までのヒップポップよりも音楽性の振り幅が広がっているのが特徴。元々ヒップホップが基盤にあるユニットだけに客演してもらっても自然に聴けるのが良い。洋楽では普通の事なのだが、J-POPではなかなか浸透してこなかった音楽スタイルだけにこういったアーティストがもっと多く出てくると良いと思う。それはともかくとして、肝心の内容はmihimaru GTの音楽性がさらに進化していっているようで、ポップながらもキャッチーなメロディーにフックの効いた楽曲が多く収録されていてお腹一杯である。また、mihimaru GTの素が伝わるボーナストラックの#14も良い味を出している。mihimaru GT、このまま進化し続けたらポップスの中で貴重な存在になるのではないかと期待している。

<収録曲>
01.Theme of mihimaLIVE 2
02.ギリギリHERO
03.I SHOULD BE SO LUCKY
04.Bon Voyage
05.遠郷 ~tokyo~
06.Love Sick
07.BLUE TAGGING
08.愛コトバ
09.ええがな
10.俄然Yeah!
11.Birthday Song
12.diverge
13.ALIVE
14.ラジマルGT傑作トーク集 with 古坂大魔王*
*ボーナストラック

『mihimarise』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of miimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalight(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は朝一で昨日見てたイエノミの残りを観ました。アシスタントが変わって心機一転になっても、西川さんのトークが変わってなかったのが良かったです。
10-24 07:49

おはようございます。
10-24 07:47

DATE: CATEGORY:Review-Japan
THE BEST of mihimaru GTTHE BEST of mihimaru GT
(2007/05/02)
mihimaru GT

商品詳細を見る


mihimaru GT、初のベスト盤。2006年にリリースされたコレクションアルバムとは違い、シングルを中心とした構成になっているベスト盤。mihimaru GTの持ち味の一つであるヒップポップについては何度も書いているが、透明感の強いHIROKOのヴォーカル・パフォーマンスの貢献も大きい。また、miyakeのラップもきちんと存在感のあるものに仕上がっていて、二人の化学反応もこのユニットの注目点だと思う。今回はベスト盤という事でリアレンジされたのは#15一曲だけだが、それでも完成度の高い楽曲が揃っており、ポジティブで明るい気分になれる音楽性は健在である。個人的にはmihimaru GTの提示しているヒップポップというスタイルも、「気分上々↑↑」のヒットでブレイクした事からブレてない音楽性は隙間産業的ターゲットになっていて成功していると思う。このベスト盤を聴いていると次なるオリジナル・アルバムの内容も期待せずにはいられない。

<収録曲>
01.Theme of mihimaLIVE
02.Love is...
03.ユルメのレイデ
04.いつまでも響くこのmelody
05.気分上々↑↑
06.パンキッシュ☆
07.恋する気持ち
08.YES
09.さよならのうた
10.H.P.S.J. -mihimaru Ball MIX-
11.ツヨクツヨク
12.マジカルスピーカー
13.かけがえのない詩
14.願 ~negai~
15.帰ろう歌 -TAKE 07-
16.約束

『THE BEST of mihimaru GT』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalight(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimania~コレクションアルバム~(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Music News
T-Pain Presents Happy Hour: The Greatest HitsT-Pain Presents Happy Hour: The Greatest Hits
(2014/11/04)
T-Pain

商品詳細を見る


T-Pain、今年の十一月に初となるベスト・アルバムが輸入盤のみで発売決定!!新曲も収録されるようでどんなベスト盤になるのか期待が高まります。

リヴォルヴァーリヴォルヴァー
(2011/12/21)
T-PAIN、T-PAIN feat.ワン・チャンス 他

商品詳細を見る
DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

一青窈さんの新作ももっと聴き込まねば。今回のアルバムもこれまでと同様色んなジャンルが混じったごった煮の音楽性でたまりません。
10-23 07:55

今日はキャプテン・アースのBDが届く事になっているので楽しみですね。あっという間に四巻目で、年内に六巻まで発売される事になってるから毎月楽しみだなぁ。
10-23 07:54

おはようございます。
10-23 07:53

DATE: CATEGORY:Review-Japan
mihimania~コレクション アルバム~mihimania~コレクション アルバム~
(2006/11/15)
mihimaru GT

商品詳細を見る


mihimaru GT、初のコレクション・アルバム。アレンジが加えてある楽曲もあり、すでにその音源を持っているリスナーにも購買意欲を湧かせる作品となっている。収録曲数は少ないものの、mihimaru GTのポップなアイデンティティはしっかり提示されており、何度も飽きる事無く聴けるアルバムだ。ミニ・アルバムなので聴きやすいのも、今作の特徴の一つかもしれない。HIROKOの透明感溢れるヴォーカル・パフォーマンスは、ポップ色の強い音楽性との相乗効果で楽曲のクオリティを底上げしているのは明白である。そこに絡んでくるmiyakeのラップも存在感があって、普段ヒップホップを聴いている筆者としては今作もファン必携の作品になっていると思う。

<収録曲>
01.The 7 Wonders
02.Air Grow -TAKE 06-
03.プライスレス -TAKE 06-
04.Disconsolate
05.travel -TAKE 06-
06.So Merry Christmas -TAKE 06-

『mihimania~コレクションアルバム~』の評価:★★★★

<関連記事>
- ユニット -
mihimania collection(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
THE SINGLE of mihimaru GT(2014)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅣ(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaland(2013)/mihimaru GT/CDレビュー
10th Anniversary BEST 2003-2013(2013)/mihmaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT2(2012)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅢ~コレクションアルバム~(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
miihimalight(2011)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaballads(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalogy(2010)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimaniaⅡ~コレクションアルバム~(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarise(2008)/mihimaru GT/CDレビュー
THE BEST of mihimaru GT(2007)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimagic(2006)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimalife(2005)/mihimaru GT/CDレビュー
mihimarhythm(2004)/mihimaru GT/CDレビュー

- ソロ -
OPEN THE DOOR(2011)/HIROKO/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は西川さんがレギュラー出演しているラジオの日ですね。夜が楽しみです。
10-22 07:47

おはようございます。
10-22 07:47

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
華麗なる激情華麗なる激情
(2003/10/22)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



1stアルバム。2ndアルバムと同様荒削りな部分が目立つが、このバンドとしては一番メタルっぽい作品ではないだろうか。ヴィンス・ニールのヴォーカル・パフォーマンスもどこか初々しい一面が伺え、バンド全体の音もヘヴィなものの若々しい感じがする。アルバムの構成もまあまあで、メタルに傾向しているのは初期のみなのでメタル中心に聴いているリスナーには相性が良いと思われる。まだメンバーの個性が出ていない時の作品なので、衝撃的なものはあまりないがストレートなメタルをやっていたバンドがまさかスキャンダル満載のアメリカン・ロックの王道を行くバンドになるとは思いもしなかっただろう。個人的にはアルバムの評価が低くてもメタルに近い感じがする所は好きなので、たまに聴くとハマる作風でもある。ギター・ソロもこれまでのどの作品よりも尖っているので、この手の音楽が好きなリスナーにはたまらないクオリティになっている。

<収録曲>
01.Live Wire
02.Come On And Dance
03.Public Enemy #1
04.Merry-Go-Round
05.Take Me To The Top
06.Piece Of Your Action
07.Starry Eyes
08.Too Fast For Love
09.On With The Show
10.Toast Of The Town
11.Tonight
12.Too Fast For Love [Alternate Intro]
13.Stick To Your Guns
14.Merry-Go-Round [Live]

『Too Fast For Love』の評価:★★★

<関連記事>
- バンド -
THE GREATEST HITS(2011)/Motley Crue/CDレビュー
Saints Of Los Angels(2008)/Motley Crue/CDレビュー
RED,WHITE&CRUE(2005)/Motley Crue/CDレビュー
New Tattoo(2000)/Motley Crue/CDレビュー
Greatest Hits(1998)/Motley Crue/CDレビュー
Generation Swine(1997)/Motley Crue/CDレビュー
Motley Crue(1994)/Motley Crue/CDレビュー
Dr.Feelgood(1989)/Motley Crue/CDレビュー
Girls,Girls,Girls(1987)/Motley Crue/CDレビュー
Theatre Of Pain(1985)/Motley Crue/CDレビュー
Shout At The Devil(1983)/Motley Crue/CDレビュー

- ソロ -
A PUBLIC DISSERVICE ANNOUNCEMENT(2010)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tommyland: The Ride(2006)/Tommy Lee/CDレビュー
Never A Dull Moment(2002)/Tommy Lee/CDレビュー
METHODS OF MAYHEM(1999)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tatto's & Tequila(2010)/Vince Neil/CDレビュー
Carved In Stone(1995)/Vince Neil/CDレビュー
Exposed+2(1993)/Vince Neil/CDレビュー
Modern Vintage(2014)/Sixx:A.M./CDレビュー
This Is Gonna Hurt(2011)/Sixx:A.M./CDレビュー
The Heroine Diaries Soundrack(2007)/Sixx:A.M./CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は一青窈さんの久々のアルバムが届く事になっているので楽しみです。珍しくDVD付きで購入したので特典も楽しみ。
10-21 08:30

おはようございます。
10-21 08:29

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

朝一でアニマゲー観てたら、妖怪ウォッチ特集やってて面白かった。番組の進行に振り回されっぱなしの西川さんが観れたのが良かった。
10-20 07:29

おはようございます。
10-20 07:27

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

日テレ・ベストアーティスト2014にT.M.Revolution投稿してきた。出られるかどうかわからないけど、年末のTV出演が観れたらいいなぁ。日テレの音楽番組はあまり出演した事ないからハードル高そうだけど。http://t.co/N8qzO40egV
10-19 17:11

今日は台湾公演最終日ですね。初日のセットリストもわからなかったし、今日のセットリストもわからないだろうなぁ。T.M.R.の何の曲をパフォーマンスしたのか気になる。
10-19 08:10

おはようございます。
10-19 08:07

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」第四十二回「太閤の野望」感想。

***

如水誕生の引きに持っていかれた感のある第四十二回。今回もこれまでと同様作品のテーマ的な部分は描かれておりませんが、群像劇ならではの多彩な人物の心理描写が描かれていたと思います。鶴松亡き後、再び子を懐妊した淀や他国へ兵を挙げて太閤としての力を示そうとする秀吉など様々な人間模様が描かれていた中で、官兵衛を陥れる事で朝鮮出兵の責任を追及される立場から逃れた三成の思惑が一番大きな軸になっていたと思われます。三成に陥れられた官兵衛は幽閉された時のように生死の境にまたしても立たされる事となった訳ですが、次回どういう過程でこの危機から脱するのかが見所になりそうですね。九州編から生命賛歌のテーマが前半程前に出てきておりませんが、物語の締めくくりとなる終盤の展開に期待したいと思います。以上、第四十二回の感想でした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
シャウト・アット・ザ・デヴィルシャウト・アット・ザ・デヴィル
(2003/10/22)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



2ndアルバム。まだまだ荒削りな部分があるが、バンドの長所も結構出てきているのでアルバムの完成度はまあまあといった所だろう。キャッチーでフックの効いたメロディアスな特徴もあり、ストレートなメタルとは違うLAメタルならではの音楽性を提示している。ヴィンス・ニールのヴォーカル・パフォーマンスもまだ若く、ニック・マーズやニッキー・シックスなどのパフォーマンスもまだまだな感じが残っている。アルバムとしての評価は低いものの、一番キャッチーながらもメタルらしいメタルをやっているのは初期の頃だけなので貴重な作品だと思う。アルバムのアートワークからしてメタルっぽいので、バンドの狙いは達成されているに違いない。Motley Crueの初期はとにかく80年代の空気感が一番満載だと思うので、バンドに興味あるリスナーはベスト盤から入って、どんな音楽性か確認してから自由にオリジナル・アルバムを聴くのがおすすめのルートだと思う。

<収録曲>
01.In The Beginning
02.Shout At The Devil
03.Looks That Kill
04.Bastard
05.God Bless The Children Of The Beast
06.Helter Skelter
07.Red Hot
08.Too Young To Fall In Love
09.Knock 'Em Dead, Kid
10.Ten Seconds To Love
11.Danger
12.Shout At The Devil [Demo]
13.Looks That Kill [Demo]
14.Hotter Than Hell [Demo]
15.I Will Survive
16.Too Young To Fall In Love [Demo]

『Shout At The Devil』の評価:★★★

<関連記事>
- バンド -
THE GREATEST HITS(2011)/Motley Crue/CDレビュー
Saints Of Los Angels(2008)/Motley Crue/CDレビュー
RED,WHITE&CRUE(2005)/Motley Crue/CDレビュー
New Tattoo(2000)/Motley Crue/CDレビュー
Greatest Hits(1998)/Motley Crue/CDレビュー
Generation Swine(1997)/Motley Crue/CDレビュー
Motley Crue(1994)/Motley Crue/CDレビュー
Dr.Feelgood(1989)/Motley Crue/CDレビュー
Girls,Girls,Girls(1987)/Motley Crue/CDレビュー
Theatre Of Pain(1985)/Motley Crue/CDレビュー
Too Fast For Love(1981)/Motley Crue/CDレビュー

- ソロ -
A PUBLIC DISSERVICE ANNOUNCEMENT(2010)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tommyland: The Ride(2006)/Tommy Lee/CDレビュー
Never A Dull Moment(2002)/Tommy Lee/CDレビュー
METHODS OF MAYHEM(1999)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tatto's & Tequila(2010)/Vince Neil/CDレビュー
Carved In Stone(1995)/Vince Neil/CDレビュー
Exposed+2(1993)/Vince Neil/CDレビュー
Modern Vintage(2014)/Sixx:A.M./CDレビュー
This Is Gonna Hurt(2011)/Sixx:A.M./CDレビュー
The Heroine Diaries Soundrack(2007)/Sixx:A.M./CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

TM NETWORKの『QUIT30』、クレジットが公開になったようですね。木根さん作曲は一曲だけだけど、その他の曲も楽しみだ。
10-18 20:57

今日はT.M.R.の台湾ライブ一日目ですね。どんなセットリストでライブしたのかわかったらいいけどなぁ。
10-18 07:41

おはようございます。
10-18 07:40

DATE: CATEGORY:Review-U.S.
シアター・オブ・ペインシアター・オブ・ペイン
(2003/10/22)
モトリー・クルー

商品詳細を見る



3rdアルバム。相変わらずキャッチーでフックのあるメロディーが特徴的なメタルを展開していて、どの曲もクオリティが高い。4th、5thのような傑作とまではいかないが、ロック・チューンなどのクオリティが高いので個人的には良作だと思う。Motley Crueの強みであるヴォーカリスト・ヴィンス・ニールの独特なヴォーカル・パフォーマンスが楽曲のクオリティを底上げしていて、どの曲もそれなりに特徴のあるロック・チューンになった。ミック・マーズのギター・プレイも素晴らしく、特にリフに関してはカッコ良いフレーズが連発していて個人的に好みである。また、トミー・リーがピアノに挑戦した#05など後に名曲となる楽曲も収録されいて、HM/HRが好きなリスナーにはぜひ一度聴いて欲しい作品だ。まだ3rdアルバムなのにバンドの底力を見せつけられたような気がする。やはりMotley Crueも唯一無二のアイデンティティを持つバンドなのだと実感した。

<収録曲>
01.City Boy Blues
02.Smokin' In The Boys Room
03.Louder Than Hell
04.Keep Your Eye On The Money
05.Home Sweet Home
06.Tonight (We Need A Lover)
07.Use It Or Lose It
08.Save Our Souls
09.Raise Your Hands To Rock
10.Fight For Your Rights
11.Home Sweet Home (Demo)
12.Smokin' In The Boys Room (Alternate Guitar Solo - Rough Mix)
13.City Boy Blues (Demo)
14.Home Sweet Home (Instrumental Rough Mix)
15.Keep Your Eye On The Money (Demo)
16.Tommy's Drum Piece From Cherokee Studios

『Theatre Of Pain』の評価:★★★★

<関連記事>
- バンド -
THE GREATEST HITS(2011)/Motley Crue/CDレビュー
Saints Of Los Angels(2008)/Motley Crue/CDレビュー
RED,WHITE&CRUE(2005)/Motley Crue/CDレビュー
New Tattoo(2000)/Motley Crue/CDレビュー
Greatest Hits(1998)/Motley Crue/CDレビュー
Generation Swine(1997)/Motley Crue/CDレビュー
Motley Crue(1994)/Motley Crue/CDレビュー
Dr.Feelgood(1989)/Motley Crue/CDレビュー
Girls,Girls,Girls(1987)/Motley Crue/CDレビュー
Shout At The Devil(1983)/Motley Crue/CDレビュー
Too Fast For Love(1981)/Motley Crue/CDレビュー

- ソロ -
A PUBLIC DISSERVICE ANNOUNCEMENT(2010)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tommyland: The Ride(2006)/Tommy Lee/CDレビュー
Never A Dull Moment(2002)/Tommy Lee/CDレビュー
METHODS OF MAYHEM(1999)/METHODS OF MAYHEM/CDレビュー
Tatto's & Tequila(2010)/Vince Neil/CDレビュー
Carved In Stone(1995)/Vince Neil/CDレビュー
Exposed+2(1993)/Vince Neil/CDレビュー
Modern Vintage(2014)/Sixx:A.M./CDレビュー
This Is Gonna Hurt(2011)/Sixx:A.M./CDレビュー
The Heroine Diaries Soundrack(2007)/Sixx:A.M./CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

西川さんだけ見て、客観的に全体が見えない盲目ファンほど酷いものはありませんね。そんなのは妖精とは言わないんじゃないですか。もうちょっと自分の世界を広げる努力をして下さい。西川さんがどういう交流をツイッターでしようと自由なんだから、それを束縛し始めたら終わりでしょう。
10-17 16:36

ちなみに、次のイエノミのアシスタントになる増田有華さんも元AKBですよ。前回のイエノミで告知していた通りAKBとしての活動はしていませんが、派生ユニットである今年解散するDIVAとしての活動はまだしてます。
10-17 16:30

西川さん自体がAKB関連でラジオとかで仕事のつながりがあって、そのつながりを断つなという方が西川さんの気持ちを拒絶してるんじゃないですかね。AKB関連が嫌いな自分の価値観を西川さんに押しつけるのは傲慢だと思います。
10-17 16:26

古い方のiPODが急にフリーズして、再起動する時に出るアップルのマークがなかなか出なかったから焦った。二台のiPODにも大量に音楽が入れてあるので、まだ壊れてもらっては困る。
10-17 10:19

Gレコ、テーマやメッセージ的な部分は恐らくまだ出てきてないけど、個人的には結構面白いです。
10-17 07:48

おはようございます。
10-17 07:48


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ