最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日はLIFE紅白SPですね。大晦日の紅白を加えると、三日連続で西川さんの出ている番組が観られるので楽しみです。
12-30 09:13

おはようございます。
12-30 07:40

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:Review-Japan
美 我 空 - ビ ガ ク ~ my beautiful sky 【完全初回限定盤】美 我 空 - ビ ガ ク ~ my beautiful sky 【完全初回限定盤】
(2009/04/10)
剛 紫

商品詳細を見る


通算六作目となるソロ・アルバムはまたしても名義が変わって、剛紫名義でのリリースとなった。堂本剛のソロ作品は全体的にファンクに傾倒している作品が多いが、今作も#11の曲タイトルからしてファンクを意識した作品となっている。堂本剛のヴォーカル・パフォーマンスが高いので、どんな楽曲でも色が出るのが素晴らしいの一言である。これまでのアルバムでも十分満足できるクオリティで制作されているが、今作もその例にもれず見事な作品になっている。ただ、前作に比べると内省的で静かな作品になっているので、しっとりと作品を楽しむ方向性のアルバムになっている。KinKi Kidsの頃と違いバンドサウンドをバックに歌う楽曲のインパクトは大きい。決して大衆受けする音楽ではないが、一人でも多く堂本剛のソロの音楽性を知ってもらえると本人共々本望だろう。個人的には、ファンクと言ってもギター・サウンドが中心になっているのでその辺りが好きである。

<収録曲>
01.美 我 空
02.TALK TO MYSELF
03.愛詩雨
04.素敵な詩 孤独な詩
05.雨の弓 ~Ameno-yumi
06.NIPPON
07.叶え Key
08.綴る
09.歴史
10.Raindrop Funky
11.FUNKAFULL FUNKAFULL
12.Purple Stage

『美 我 空 - ビ ガ ク ~my beautiful sky』の評価:★★★★

<関連記事>
-ユニット-
L album(2013)/KinKi Kids/CDレビュー
K album(2011)/KinKi Kids/CDレビュー
J album(2009)/KinKi Kids/CDレビュー
Φ(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
39(2007)/KinKi Kids/CDレビュー
I album -iD-(2006)/KinKi Kids/CDレビュー
H album -H・A・N・D-(2005)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection Ⅱ(2004)/KinKi Kids/CDレビュー
G album -24/7-(2003)/KinKi Kids/CDレビュー
F album(2002)/KinKi Kids/CDレビュー
E album(2001)/KinKi Kids/CDレビュー
D album(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
KinKi Single Selection(2000)/KinKi Kids/CDレビュー
C album(1999)/KinKi Kids/CDレビュー
B album(1998)/KinKi Kids/CDレビュー
A album(1997)/KinKi Kids/CDレビュー

-ソロ-
カバ(2013)/堂本剛/CDレビュー
I AND 愛(2008)/244ENDLI-x/CDレビュー
Neo Africa Rainbow Ax(2007)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
Coward(2006)/ENDLICHERI☆ENDLICHERI/CDレビュー
[si:](2004)/堂本剛/CDレビュー
ROSSO E AZZURRO(2002)/堂本剛/CDレビュー
Gravity(2012)/堂本光一/CDレビュー
BPM(2010)/堂本光一/CDレビュー
Mirror(2006)/堂本光一/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Review-Japan
PAST<FUTUREPAST<FUTURE
(2009/12/16)
安室奈美恵

商品詳細を見る


通算十作目となるオリジナル・アルバム。これまでと同様R&Bに傾倒しているが、今までの楽曲がシンプルになった印象が強い。また、アルバムタイトルも意味深でそのまま訳すと過去<未来というタイトルになっており、シンガー安室奈美恵のスタンスが過去よりも未来を選ぶというアグレッシブなタイトルとなっている。ヴォーカル・パフォーマンスもこれまでと変わらずレベルの高いものになっていて、安定感がある。アルバムのカラーもよりわかりやすくなっている事で難解な楽曲でない所がストレートに勝負していて良い。安室奈美恵のアルバムに外れはない。今作もこれまでの作品と同様安室奈美恵を代表する作品となるだろう。

<収録曲>
01.FAST CAR
02.COPY THAT
03.LOVE GAME
04.Bad Habit
05.Steal my Night
06.FIRST TIMER
07.WILD
08.Dr.
09.Shut Up
10.MY LOVE
11.The Meaning Of Us
12.Defend Love

『PAST<FUTURE』の評価:★★★★

<関連記事>
Ballada(2014)/安室奈美恵/CDレビュー
FEEL(2013)/安室奈美恵/CDレビュー
Uncontrolled(2012)/安室奈美恵/CDレビュー
Checkmate!(2011)/安室奈美恵/CDレビュー
BEST FICTION(2008)/安室奈美恵/CDレビュー
PLAY(2007)/安室奈美恵/CDレビュー
Queen of Hip-Pop(2005)/安室奈美恵/CDレビュー
STYLE(2003)/安室奈美恵/CDレビュー
LOVE ENHANCED single collection(2002)/安室奈美恵/CDレビュー
break the rules(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
GENIUS 2000(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
181920(1998)/安室奈美恵/CDレビュー
Concentration20(1997)/安室奈美恵/CDレビュー
ORIGINAL TRACKS VOL.1(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
SWEET 19 BLUES(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
DANCE TRACKS VOL.1(1995)/安室奈美恵/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

HEY×3のSP、関西方面でも一時間短くなってなかった。20時スタートという事で、西川さんも徳永英明さんも観れそうです。楽しみー!
12-29 08:06

今日はHEY×3に西川さんと徳永英明さんが出るので楽しみです。関西では一時間短いんですが二人とも出るのかなぁ。何はともあれ、貴重な音楽番組出演なので期待しております。
12-29 08:02

おはようございます。
12-29 08:01

DATE: CATEGORY:Review-Japan
BEST FICTIONBEST FICTION
(2008/07/30)
安室奈美恵

商品詳細を見る


通算三作目となるベスト盤。ちょうど安室奈美恵がR&Bに傾倒し始めた頃からの楽曲が収録されており、安室奈美恵の進化が伺えるベスト盤となっている。これまでのアルバムのレビューで書いてきたのと同様、難解な楽曲も見事に歌い上げるスキルの高さは見事の一言である。初期の頃と音楽性が全然違うので、新規のリスナーで最新の安室奈美恵を知りたい人はこちらのベスト盤がおすすめだろう。逆にポップス色の強い楽曲が好きなリスナーには不向きなベスト盤になっており、ある程度安室奈美恵のキャリアを知っておく必要がある。個人的には初期の頃もR&Bに傾倒している頃も好きなので問題はない。シンガー安室奈美恵の渾身の楽曲を集めたのが、今回のベスト盤だと思っている。

<収録曲>
01.Do Me More
02.Wishing On The Same Star
03.shine more
04.Put 'Em Up
05.SO CRAZY
06.ALARM
07.ALL FOR YOU
08.GIRL TALK
09.WANT ME, WANT ME
10.White Light
11.CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK
12.Baby Don't Cry
13.FUNKY TOWN
14.NEW LOOK
15.ROCK STEADY
16.WHAT A FEELING
17.Sexy Girl

『BEST FICTION』の評価:★★★★

<関連記事>
Ballada(2014)/安室奈美恵/CDレビュー
FEEL(2013)/安室奈美恵/CDレビュー
Uncontrolled(2012)/安室奈美恵/CDレビュー
Checkmate!(2011)/安室奈美恵/CDレビュー
PAST<FUTURE(2009)/安室奈美恵/CDレビュー
PLAY(2007)/安室奈美恵/CDレビュー
Queen of Hip-Pop(2005)/安室奈美恵/CDレビュー
STYLE(2003)/安室奈美恵/CDレビュー
LOVE ENHANCED single collection(2002)/安室奈美恵/CDレビュー
break the rules(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
GENIUS 2000(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
181920(1998)/安室奈美恵/CDレビュー
Concentration20(1997)/安室奈美恵/CDレビュー
ORIGINAL TRACKS VOL.1(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
SWEET 19 BLUES(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
DANCE TRACKS VOL.1(1995)/安室奈美恵/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

TVドラマが終わって夜は特番だらけで年末という感じですね。あまり観る番組がないから音楽聴くかアニメ見観る時間に使おうかな。
12-28 09:10

おはようございます。
12-28 09:09

DATE: CATEGORY:Review-Japan
PLAYPLAY
(2007/06/27)
安室奈美恵

商品詳細を見る


通算九作目となるオリジナル・アルバム。前作同様本格的なR&Bに傾倒しており、複雑なメロディーやトラックを歌いこなすヴォーカル・パフォーマンスは目を瞠るものがある。初期の頃にあった未成熟な部分が少なくなり、貫録ある成熟した歌声を披露しているのも今作の特徴と言える。音楽性を一転した事も相乗効果になっていて、現在の安室奈美恵のやりたい音楽がどれだけ難解なものなのかも作品を聴けば納得するクオリティである。日本のメインストリームのカテゴリーでなかなかこういうポジションの音楽を歌うシンガーはいないので、いかに稀有な存在であるかも再確認できる良作となっている。安室奈美恵のスキルをフル活用した現在の路線も興味深いながら、洋楽でR&Bを聴いているリスナーでJ-POPにあまり抵抗のないリスナーにぜひ一度聴いて欲しい作品である。個人的に安室奈美恵が独自の路線を走り始めたのは、日本の数多いシンガーの中でも90年代から音楽活動を行っている一人としてアイデンティティを深める作業を突き詰めているので見事の一言である。

<収録曲>
01.HIDE & SEEK
02.FULL MOON
03.CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK
04.IT'S ALL ABOUT YOU
05.FUNKY TOWN
06.STEP WITH IT
07.HELLO
08.SHOULD I LOVE HIM?
09.TOP SECRET
10.VIOLET SAUCE (SPICY)
11.BABY DON'T CRY
12.PINK KEY

『PLAY』の評価:★★★★

<関連記事>
Ballada(2014)/安室奈美恵/CDレビュー
FEEL(2013)/安室奈美恵/CDレビュー
Uncontrolled(2012)/安室奈美恵/CDレビュー
Checkmate!(2011)/安室奈美恵/CDレビュー
PAST<FUTURE(2009)/安室奈美恵/CDレビュー
BEST FICTION(2008)/安室奈美恵/CDレビュー
Queen of Hip-Pop(2005)/安室奈美恵/CDレビュー
STYLE(2003)/安室奈美恵/CDレビュー
LOVE ENHANCED single collection(2002)/安室奈美恵/CDレビュー
break the rules(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
GENIUS 2000(2000)/安室奈美恵/CDレビュー
181920(1998)/安室奈美恵/CDレビュー
Concentration20(1997)/安室奈美恵/CDレビュー
ORIGINAL TRACKS VOL.1(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
SWEET 19 BLUES(1996)/安室奈美恵/CDレビュー
DANCE TRACKS VOL.1(1995)/安室奈美恵/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

自分も病気持ちだけど、西川さんの音楽を中心に音楽を心の支えにして生きてるから、人に迷惑のかかる絡みは絶対しないよう心がけております。
12-27 07:54

今日は出かける用事があるのであまりのんびりできません。普段もつぶやき少なめですが、もっと少なくなるかも。
12-27 07:51

おはようございます。
12-27 07:48

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は今年最後のMステですね。さすがに時間が長いので今日全部は観れないけど楽しみです。
12-26 07:52

おはようございます。
12-26 07:51

DATE: CATEGORY:Review-Japan
LOUD & PEACE(通常盤)LOUD & PEACE(通常盤)
(2012/08/22)
Dragon Ash

商品詳細を見る


2007年にリリースしたベスト盤から約五年ぶりにリリースされた豪華二枚組のベスト盤。シングル曲だけではなくアルバム曲も収録されており、以前のベスト盤とは違った形でDragon Ashを知る事が出来る。以前のベスト盤二枚同時リリースも良かったが、収録時間は長いものの今作もDragon Ashの精神を理解しやすい形で楽曲をまとめていて素晴らしいの一言である。毎回書いている気がするが、KENJIのヴォーカル・パフォーマンスの柔軟性や牽引力は凄まじいものがあるので、ミクスチャー・ロックが下火になりつつある昨今でも、あまり古く感じないのがDragon Ashというバンドの凄い所だと思う。歌詞の普遍性などもありつつ、ベスト盤でのアプローチもたまらないものがありヒット曲というものに縛られていない自由奔放さがこのバンドの魅力となっているのだろう。Dragon Ash、ロックやヒップホップが好きなリスナーにぜひ一度聴いて欲しいバンドである。

<収録曲>
[Disc1]
01.The Day dragged on
02.羊を数えても夜は終わらない
03.Rainy Day And Day
04.Iceman
05.Drugs can't kill teens
06.Just I'll say
07.Deep Impact
08.Amploud
09.百合の咲く場所で
10.Snowscape
11.Fantasista
12.Posse in Noise
13.Resound
14.Develop the music
15.Dear Mosh Pit
16.CALLIN'
17.AMBITIOUS
18.ROCK BAND
19.SLASH

[Disc2]
01.Public Garden
02.Invitation
03.陽はまたのぼりくりかえす
04.Under Age's Song
05.Viva la revolution
06.静かな日々の階段を
07.Lily of da valley
08.花言葉
09.Life goes on
10.Harvest
11.朝凪Revival
12.夢で逢えたら
13.Beautiful
14.繋がりSUNSET
15.運命共同体
16.TIME OF YOUR LIFE

『LOUD & PEACE』の評価:★★★★

<関連記事>
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

盲目的に一人のアーティストを好きになる時期はとうの昔に過ぎているので、西川さんのルーツミュージック聴いたりしたりメジャーレーベルからインディーズになっても聴いてるアーティストもいるから、一々他のファンと一緒にされようがどう見られようがあまり関係ないですなぁ。
12-25 18:07

去年と違って今年は来年リリースする洋楽アーティストの予定が詰まってて今年同様来年も楽しみだなぁ。西川さんのラジオ聴いてなかったらここまで洋楽好きにならなかったと思うし、そういう意味でも西川さんはJ-POPの中でも特別な存在ですね。
12-25 17:53

今年の紅白、西川さん水樹奈々さんとコラボか。本当に去年と同じ曲目で二年連続出場をやってのけるのかなぁ。個人的にはソロじゃないのが少し残念だけど、徳永英明さんとかが出るから紅白自体はかなり楽しみ。
12-25 16:59

今日はキャプテン・アースのBDが届く事になっているので楽しみです。早くも六巻目ですが、来年に発売される残り三巻のBDでアニメのBDを集めるのも一区切りにしようと思ってます。
12-25 09:21

おはようございます。
12-25 07:59

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

まだ全部聴いてないけど今回のライブ盤も良い感じだなぁ。いつも通りiPODにはいれないけど、ライブならではのアレンジになっていてたまらん。西川さんのMCも入ってて臨場感も凄い。T.M.R.の魅力はやっぱり原曲とライブのアレンジのギャップですよね。
12-24 15:10

今日はT.M.R.のFC限定ライブアルバムが届く事になっているので楽しみです。収録曲も多めなのでかなりボリュームがありそう。
12-24 08:16

おはようございます。
12-24 08:15

DATE: CATEGORY:Music News
フル・スピードフル・スピード
(2015/03/04)
キッド・インク

商品詳細を見る


デビューアルバムが発売されたばかりなのにアメリカの新人ラッパー・キッド・インクが早くも来年の三月に2ndアルバムのリリースが決定!!前作のクオリティが高かったので、今作も期待が高まります。それにしても、これだけ短いスパンでアルバムをリリースしたラッパーは初めてです。

マイ・オウン・レーンマイ・オウン・レーン
(2014/12/24)
キッド・インク

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今年の秋ドラマも今日放送される分で全部最終回ですね。ドラマが終わると時間ができるので、その時間を使って溜まっている映画を観れたらいいなぁ。
12-23 08:36

おはようございます。
12-23 08:34

DATE: CATEGORY:Review-Japan
MIXTUREMIXTURE
(2010/12/08)
Dragon Ash

商品詳細を見る


9thアルバム。ここ最近はラテンの要素が入った楽曲が全てだったが、今作で初期の頃のようなストレートなギターの効いたミクスチャー・ロックにタイトル通り原点回帰したようだ。イントロの後に続くリード・トラックでブラスが鳴りつつもオーソドックスなミクスチャー・ロックを展開しているのは久々でありどこか懐かしくもある音となっている。ラテンの楽曲がなくなった訳ではないが、KENJIのヴォーカル・パフォーマンスのレベルが高いのは言わずもがなで、今回のストレートなロック・チューンにもやはりハマる。原点回帰しただけあり、Dragon Ashにギターの効いたミクスチャー・ロックを求めていたリスナーにはこれぞDragon Ashという作品が届けられたように思う。個人的にごった煮な音楽性が好きなので、ラテンに傾倒していた頃も好きだったが、原点回帰したサウンドもアグレッシブさを失っておらずたまらない。Dragon Ash、原点回帰してもレベルの高いロックを展開している辺り最高のバンドである。

<収録曲>
01.INTRO
02.RAMPAGE
03.SOCIABLE DESTRUCTION
04.SKY IS THE LIMIT
05.AMBITIOUS
06.TIME OF YOUR LIFE
07.ECONOMY CLASS
08.REBELS
09.BEAT SURF (ALBUM VER.)
10.FIRE SONG
11.SLASH
12.ROCK BAND

『MIXTURE』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

その代わりかどうかはわからないけど、HEY×3のSPは放送されるようで良かった。西川さんや徳永英明さんが出るから、忘れずにチェックしておかないとなぁ。
12-22 17:02

TV雑誌チェックしたら、関西テレビでは西川さんがMCの音楽番組放送しないみたいで残念です。恐らく関東ローカルの番組なんだろうけど、こういう時に地方は辛いですね。
12-22 16:57

今日は用事があるからあんまりのんびりできない。それに寒い。天気がいいから、傘とかを使わずにすむのはいいんだけど。
12-22 07:26

おはようございます。
12-22 07:26

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

今日は朝からかなり寝たのでまだ頭がぼーっとしております。CDTV年越しSP、イエノミの時にちらっと話してたけど今年も西川さん出るんですね。紅白と共に楽しみです。
12-21 08:42

おはようございます。
12-21 08:40

DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「軍師官兵衛」最終回「乱世ここに終わる」感想。

***

関ヶ原の戦いに乗じて天下を夢見た如水でしたが、たったの一日で勝負が終わり家康の天下が確実なものとなります。如水-長政の関係性で、長政が家康を支えた事で家康の天下が決まった事は如水が息子の成長を認めて終わる形になっており、黒田家としてはそれで良かったというハッピーエンドの方向性を示しております。待望の黒田家の後継ぎが誕生したり、黒田家にとっては如水が天下を取れなかった以外良い事尽くしで展開するのかと思いきや、ラストで天下の為に長政が仲違いした又兵衛を殺してしまうエンドはネガティブに描かれておりました。如水-家康間で腹を割って話した秀吉とは違う天下は、家康が死んでも続く太平の世こそ如水が本当に目指していたものであり、天下を支えてきた者達らしいやり取りで良かったです。黒田家の後継ぎの名前萬徳の徳の説明はありませんでしたが、個人的には徳川の徳だと思っております。ラストが切りのいい所で終わっているので、光が最後に如水の姿を幻視して太平の世を想う場面は素晴らしかった。今年一年間楽しませくれた生命賛歌がテーマの素晴らしい大河ドラマでした。

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

DATE: CATEGORY:Review-Japan
FREEDOMFREEDOM
(2009/03/04)
Dragon Ash、Shun 他

商品詳細を見る


8thアルバム。前作同様ラテン色が強くなったアルバムであり、ストレートなギターの効いたミクスチャー・ロックを求めているリスナーには合わない作品だろう。ラテンに方向転換してからかなり経つが、ようやくバンドのイメージと音楽性がぴったり合ったような気がして今作の音楽性はかなり洗練されている。ヴォーカリストKENJIの柔軟なヴォーカル・パフォーマンスがより楽曲のクオリティを高くしている。#04のようなレゲエに傾いた楽曲も収録されており、今作でさらにバンドの音楽性の振れ幅が広がっているのが特徴の一つと言えるだろう。前述した柔軟性のあるKENJIのヴォーカルがあればこそできる音楽性で、今作でさらにごった煮になった音楽性は個人的に好みである。Dragon Ash、常に進化し続けるバンドは侮れない。

<収録曲>
01.Intro
02.Freedom
03.Desperado
04.Ordinary
05.Big Town Rhapsody
06.Velvet Touch
07.Mixture
08.繋がりSUNSET
09.Dear Mosh Pit
10.Bonita
11.Episode 6
12.La Bamba
13.運命共同体
14.Outro

『FREEDOM』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

関西方面でUTAGE!の放送が始まって西川さんが出てた回二回とも観れて良かった。西川さんが歌ってた曲は難しい曲ばかりだったけど、あの声で歌われると全然違う曲になるのが凄い。
12-20 09:09

おはようございます。
12-20 09:07

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

朝一で今年最後のイエノミ、タイムシフトで観てます。今回もトークが面白いですね。
12-19 08:26

おはようございます。
12-19 08:25

DATE: CATEGORY:Review-Japan
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2
(2007/09/05)
Dragon Ash

商品詳細を見る


初のベスト盤二枚同時リリース第二弾。Every Little Thingのヴォーカリスト持田香織をフューチャリングした新曲#17を含む全十七曲。Vol.1は前期の楽曲を収録していたのに対して、Vol.2はラテンの要素が強くなっていた楽曲を多く収録している。初期の頃のヘヴィでアグレッシブなサウンドを求めているリスナーにはこのベスト盤も今一つかもしれない。個人的にはラテンなど様々な要素が詰め込まれたごった煮の音楽性が好きなので、ラテンの楽曲も受け入れられやすい。しかし、前作の時に書いたようにベスト盤である事は変わらないので、これを機にDragon Ashの音楽に入ってくれる新規リスナー層が開拓されるとバンドも本望だろう。KENJIの時に激しく時に静かなラップのスキルを魅力に昇華しているのもDragon Ashの魅力の一つであり、その活動の集大成が今作を合わせた二枚のベスト盤になっていると思う。常に挑戦を忘れないバンドだけに今後の進化も楽しみになるベスト盤である。

<収録曲>
01.Deep Impact
02.百合の咲く場所で
03.静かな日々の階段を [e.p. ver.]
04.Life goes on
05.Fantasista
06.Patience
07.morrow [Al Ver.]
08.Episode 4
09.Canvas
10.crush the window
11.Palmas Rock
12.夕凪UNION
13.Ivory
14.El Alma
15.few lights till night
16.夢で逢えたら
17.wipe your eyes

『The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

いつも買ってる月刊のTV雑誌にKinKi Kids載ってた!堂本兄弟新春SPの記事も少しだけ掲載されていて良かったです。
12-18 09:24

今日の用事はコンビニにTV雑誌を買いに行くくらいですね。アルバムのリリースも終わったからKinKi Kidsの記事が載っているかどうかはわかりません。
12-18 07:59

おはようございます。
12-18 07:56

DATE: CATEGORY:Review-Japan
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1
(2007/09/05)
Dragon Ash

商品詳細を見る


初のベスト・アルバム二枚同時リリース第一弾。新曲#01を含む前期の音楽活動を凝縮したベスト盤。前期の活動をまとめているだけあり、ロック色やヒップホップ色の強い楽曲が並ぶ。以前から何度も書いているが、このバンドのアイデンティティの要になっているKENJIのラップやヴォーカル・パフォーマンスが見事の一言である。ベスト盤二枚のうち一枚でこれ程ボリュームがあるのだから、今作から新規のリスナーが開拓されるとしたら豪華の一言しかない。まだDragon Ashの音楽に触れていないリスナーが、二枚目のベスト盤と共に聴いて新たなファンになってくれると、今までのファンのみならずバンドのメンバーも本望だろう。これまではアルバムでアイデンティティを進化させてきたDragon Ashだが、進化の過程が丁寧に追える構成になっており、ロックの好きなリスナーにはぜひ聴いて欲しい一枚である。新曲は今まで通りラテンの色が濃いが、それもまたバンドの現時点での最新曲であり、魅力的な楽曲となっている。個人的にはまだまだごった煮の音楽性になって欲しいバンドの一つだ。

<収録曲>
01.For divers area
02.天使ノロック
03.Ability→Normal
04.Cowboy Fuck!
05.Fever
06.Face to Face
07.Invitation [Buzz Mix]
08.Under Age's Song [Album Mix]
09.Melancholy
10.陽はまたのぼりくりかえす
11.I LOVE HIP HOP
12.Freedom of Expression
13.Drugs can't kill teens
14.Let yourself go, Let myself go
15.Dark cherries
16.Viva la revolution

『The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

海外アーティストのtwitterもフォローしてるからか、新作がリリースされる事が決まると宣伝の嵐にTLがなるという罠。英語だけど一生懸命読んで、新作聴いてさらにリスペクトして、の繰り返しがここ最近の洋楽のサイクルです。
12-17 18:48

T.M.R.来年のツアー大阪一日目一本だったけど当選した。以前のように二公演とかは行けないけど、一か所参戦します。
12-17 13:48

来年に新作を出す洋楽アーティストが一人増えたので、今日中にCDを予約できるといいなぁ。ちなみにR&Bシンガーソングライターのニーヨというアーティストです。
12-17 08:07

おはようございます。
12-17 08:06

DATE: CATEGORY:Music News
ノン・フィクションノン・フィクション
(2015/01/28)
NE-YO

商品詳細を見る


アメリカのR&Bシンガーソングライター・ニーヨの前作から約二年ぶりに通算六枚目となるオリジナル・アルバムのリリースが決定!!作品の詳細はわかりませんが、アルバムタイトルを象徴したアルバムになる模様。久々のリリースだけあって期待が高まります。

R.E.D.(初回限定盤)R.E.D.(初回限定盤)
(2012/10/31)
Ne-Yo(ニーヨ)、ファボラス 他

商品詳細を見る

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

@yo_kosan001 フォローありがとうございます。KinKi Kidsの堂本光一君が好きという事でフォロバさせて頂きました。個人的にはキンキの二人が好きなのでどっち派とかはないのですが、今後もよろしくお願いします。
12-16 09:35

今日は洋楽のCDが届く事になっているので楽しみです。ハードロック系のバンドの新作なので、ギター・プレイも楽しみですね。
12-16 07:16

おはようございます。
12-16 07:15

DATE: CATEGORY:Review-Japan
INDEPENDIENTE(初回限定盤)INDEPENDIENTE(初回限定盤)
(2007/02/21)
Dragon Ash、大蔵 他

商品詳細を見る


7thアルバム。前作同様ラテンの要素を引き継ぎつつ展開する独特な世界観が魅力的。楽曲のクオリティもKENJIのスキルが高いからか、どんなジャンルでも柔軟に対応できる柔軟性はさすがである。しばらくはこの路線でいくのかもしれないが、ストレートなギターの効いたミクスチャー・ロックを求めているリスナーには厳しい評価になる一作だろう。前作同様幅広い音楽に関心がある音楽好きのリスナーに聴いて欲しいアルバムである。アルバムの構成もヒップホップを意識したインタールードが挟まっている事もあり、クオリティが高くなっている。ギターの効いたミクスチャー・ロックをやっていた頃より、個人的には躍動感溢れる楽曲が増えているのでバンドが音楽を楽しんでいる姿が透けて見えるようで好印象である。進化し続けるバンドDragon Ash。次なる音楽性が提示されるのはまだ先かもしれないが、現段階で十分音楽を堪能できる作品を提供し続けていると思う。

<収録曲>
01.Independiente (intro)
02.Develop the music
03.stir
04.Fly
05.Ivory
06.Libertad de fiesta
07.El Alma
08.Rainy
09.Step show (interlude)
10.Samba'n'bass
11.Luz del sol
12.few lights till night
13.Beautiful
14.夢で逢えたら

『INDEPENDIENTE』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Rio de Emocion(2005)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

DATE: CATEGORY:Blog
invoke0513

徳永英明さんの「Let It Go」期待大だな。ちょうど予約していた『VOCALIST6』の初回限定盤Bに追加収録されるようなので来年聴けるのが楽しみです。http://t.co/d93PZD2suz
12-15 09:07

今度の日曜日は、大河ドラマの最終回とごめんね青春の最終回がようやくオンエアされるから楽しみです。
12-15 07:23

おはようございます。
12-15 07:21

DATE: CATEGORY:Review-Japan
Rio de Emocion (リオ・デ・エモシオン)Rio de Emocion (リオ・デ・エモシオン)
(2005/09/07)
Dragon Ash、アイニ 他

商品詳細を見る


6thアルバム。ラテンを取り入れた音楽性が提示され、新たなDragon Ashのアイデンティティが示された作品。初期の頃のギターのアグレッシブさはそれ程ないが、ラテン独特のグルーヴがKENJIのラップに絡まって楽曲のクオリティを底上げしている。アルバムの象徴的なアートワークもバンドの変化をストレートに示すものだと思うし、そんな表面的な演出以上にアルバムの中身は濃い。ラテンの要素をより多く取り込んで、ミクスチャー・ロックに解釈しなおしたのが今作だと思う。それだけに大胆なチャレンジ精神が垣間見れるので、Dragon Ashというバンドの音楽性の振れ幅がいかに広いか知らしめられる作品になっている。ラテン寄りの音楽性になると同時にヘヴィな音はなくなったが、個人的にはこんなロックがあっていいと思うので良い。ヘヴィで激しい音をバンドに求めているリスナーには肩透かしをくらってしまうアルバムである。

<収録曲>
01.Intro
02.Los Lobos
03.Resound
04.Palmas Rock
05.Scarlet Needle
06.夕凪Union
07.The Narrow Way
08.Cloverleaf
09.Illogical
10.Round Up
11.Loca Burnin'
12.Crush the window
13.朝凪Revival
14.See you in a Flash

『Rio de Emocion』の評価:★★★★

<関連記事>
LOUD & PEACE(2012)/Dragon Ash/CDレビュー
MIXTURE(2010)/Dragon Ash/CDレビュー
FREEDOM(2009)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
INDEPENDIENTE(2007)/Dragon Ash/CDレビュー
Harvest(2003)/Dragon Ash/CDレビュー
LILY OF DA VALLEY(2001)/Dragon Ash/CDレビュー
Viva La Revolution(1999)/Dragon Ash/CDレビュー
Buzz Songs(1998)/Dragon Ash/CDレビュー
Mustang!(1997)/Dragon Ash/CDレビュー

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽


copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ