最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-Japan
my Classics3my Classics3
(2011/03/02)
平原綾香

商品詳細を見る


平原綾香、クラシック・カバー第三弾。すでにおなじみとなった「my Classics」シリーズだが、今作で通算三枚目の作品となった。平原綾香とクラシックの繋がりは深いが、まさかここまでシリーズが続くとは思っていなかったのが本音である。そろそろリスナーの中ではオリジナル作品を聴きたいと思う時期に入ってきているだろうが、アーティストのその時の意向を受け入れて音楽を楽しむのもリスナーとしての心構えの一つだと思う。これで平原綾香から離れるリスナーがいてもおかしくない状況になっているが、そんなリスナーの想いとは別の所で「my Classics」シリーズの存在意義も枚数を重ねるにつれて明らかになってきているかもしれない。平原綾香のやりたい事を凝縮したらシリーズが三枚目まで続いてしまったという所だろうが、個人的には平原綾香のヴォーカル・パフォーマンスの質は変わっていないので今作も受け入れやすかった。圧倒的な歌唱力によるアイデンティティの確立はこれまでのアルバムを踏まえればすでに構築し終わっている事だと思うので、一時期カバーに寄っていても個人的には問題なしだ。今作もこれまでのシリーズと同様の作りになっているが、#08のような曲もヴォーカル付きでカバーしてしまう辺り凄いの一言である。これまでクラシックに縁のないリスナーに是非とも聴いて欲しいシリーズになったような気がする。

<収録曲>
01.私と言う名の孤独
02.春 ~La Primavera!~
03.What will be will be
04.大きな木の下
05.Danny Boy
06.LOVE STORY 交響曲第9番 第3楽章
07.別れの曲
08.くまんばちの飛行
09.Someone to watch over me
10.ブラームスの恋
11.Greensleeves
12.ラヴ・ラプソディー
13.アランフェス協奏曲 ~Spain(Live Version)
14.Danny Boy (English Version)

『my Clasics3』の評価:★★★★

<関連記事>
Winter Songbook(2014)/平原綾香/CDレビュー
my Classics selection(2014)/平原綾香/CDレビュー
What I am(2013)/平原綾香/CDレビュー
10th Anniversary SINGLE COLLECTION~Dear Jupiter~(2013)/平原綾香/CDレビュー
ドキッ!(2012)/平原綾香/CDレビュー
my Classics2(2010)/平原綾香/CDレビュー
my Classics!(2009)/平原綾香/CDレビュー
Path of Independence(2008)/平原綾香/CDレビュー
Jupiter~平原綾香ベスト~(2008)/平原綾香/CDレビュー
そら(2007)/平原綾香/CDレビュー
4つのL(2006)/平原綾香/CDレビュー
From To(2005)/平原綾香/CDレビュー
The Voice(2004)/平原綾香/CDレビュー
ODYSSEY(2004)/平原綾香/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ