最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-Japan
THE 7th BLUESTHE 7th BLUES
(1994/03/02)
B’z

商品詳細を見る


タイトル通りB'z七作目のアルバムであり、初の二枚組オリジナル・アルバム。代表曲はDisc2の方に多く収録されているが、二枚組だけあってアルバム曲も多く収録されており、B'zの音楽性の振れ幅の広さが伺える一作となっている。稲葉浩志の唯一無二なヴォーカル・パフォーマンスと松本考弘のエモーショナルなギター・プレイは健在であり、二人だけでしか作る事の出来ない音楽を展開させていてB'zの楽曲のクオリティの高さを示している。今作は二枚組なのでボリュームがあるのはもちろんの事、B'zの世界観を広くする独特な歌詞も健在であり、B'zのアイデンティティをこれでもかと提示している攻めの姿勢なのがたまらない。二枚組に収録される楽曲数があまり多く感じないのも、聴きやすい曲が多いからだろう。ギター・ロックが好きなリスナーには受け入れられやすい作品になっていると思う。個人的には洋楽・J-POP問わずロックを聴いているリスナーにおすすめしたい作品である。

<収録曲>
[Disc1]
01.LOVE IS DEAD
02.お出かけしましょ
03.未成年
04.闇の雨
05.MY SAD LOVE
06.Queen of Madrid
07.ヒミツなふたり
08.Strings of My Soul
09.赤い河
10.WILD ROAD

[Disc2]
01.Don't Leave Me
02.Sweet Lil' Devil
03.THE BORDER
04.JAP THE RIPPER
05.SLAVE TO THE NIGHT
06.春
07.破れぬ夢をひきずって
08.LADY NAVIGATION
09.もうかりまっか
10.farewell song

『THE 7th BLUES』の評価:★★★★

<関連記事>
C'mon(2011)/B'z/CDレビュー
B'z The Best "Pleasure Ⅱ"(2005)/B'z/CDレビュー
The Ballads~LOVE & B'z~(2002)/B'z/CDレビュー
GREEN(2002)/B'z/CDレビュー
ELEVEN(2000)/B'z/CDレビュー
B'z the "Mixture"(2000)/B'z/CDレビュー
Brotherhood(1999)/B'z/CDレビュー
B'z The Best "Pleasure"(1998)/B'z/CDレビュー
B'z The Best "Treasure"(1998)/B'z/CDレビュー
SURVIVE(1997)/B'z/CDレビュー
LOOSE(1995)/B'z/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ