最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:雑記
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第二十六回「誰がために城はある」感想。

***

駿府と気賀を巡って、井伊がどういう立ち位置に立つのか決めるエピソード。龍雲丸の武家に対する不信のきっかけとなった過去が明かされ、直虎がいかにして気賀と向き合っていくのかが決まる重要なストーリーでした。真っ二つに割れた気賀を再び一つにする為直虎は対話の道を探るのですが、最後まで反発していた龍雲丸の事を受けて、井伊が気賀の城主になる事を方久が提案する引きは良かったです。答えは一つだけではないと訴え続けている今作らしいエピソードでもあり、気賀が一つにまとまる時が楽しみになりますね。また、直虎-政次の関係性も一段階上がっているので、ただ対立するだけではない二人の関係性も絶妙でした。以上、第二十六回の感想でした。
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ