最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

レイン

Author:レイン
HM/HRから洋楽に入るが、最近はヒップホップ・R&B・UKロックに至るまで様々なジャンルの音楽を聴くようになった。その為、毎月CDによる出費が尋常ではなく、音楽好きゆえの音楽貧乏に陥っております。J-POPも聴くが、わりと洋楽多めのリスナー。


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:Review-U.S.
エレメンツ・オヴ・パースウェイジョンエレメンツ・オヴ・パースウェイジョン
(2005/04/21)
ジェイムス・ラブリエ

商品詳細を見る


DREAM THEATERのヴォーカリスト・ジェイムズ・ラブリエの個人名義初のソロ・アルバム。プログレ色の強かったMULLMUZZLER時代の音楽とは異なり、HM色の強いアルバムとなっている。このアルバムが発売された時期がDREAM THEATERの『TRAIN OF THOUGHT』(2003)の直後だった事もあり、ソロでもDREAM THEATERと同じ事ができるんだとジェイムズがソロ・アルバムの音楽性で主張したかった一面もあるのだろう。とにかく濃いHM/HRの音楽を聴きたいリスナーにはかなりおすすめしたい一枚である。

HM色が強くなったからと言ったって、メロディーにフックがなくなった訳ではない。むしろ前述した『TRAIN OF THOUGHT』よりもメロディーが際立っていて、HM/HRのリスナーには最適なアルバムの構成になっている。この後、同じジェイムズ・ラブリエの名義でもう一枚アルバムがリリースされているのだが、そのレビューは後日という事で勘弁してもらいたい。とにかくHM/HRファンは一度は聴いておいた方が良いアルバムである。

<収録曲>
01.Crucify
02.Alone
03.Freaks
04.Invisible
05.Lost
06.Undecided
07.Smashed
08.Pretender
09.Slightly Out Of Reach
10.Oblivious
11.In Too Deep
12.Drained
13.Understand

『ELEMENTS OF PERSUASION』の評価:★★★★

<関連記事>
IMPERMANENT RESONANCE(2013)/James LaBrie/CDレビュー
STATIC IMPULSE(2010)/James Labrie/CDレビュー
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ) all rights reserved.Powered by FC2ブログ